FC2ブログ

Arena Condition

AM 9:45 Temperature 35℃ Humidity 33% 晴れ July 10, '13(Wednesday)

 各地で猛暑のニュースが飛び交っていて、内陸の地方で39.1度の記録をしたとのことで、熱中症で死人まで出ているようです。

 皆様、炎天下の騎乗で無理しないで下さい。

 そのときは何でもなくても、数分後に気持ち悪くなったりめまいがしたりするそうです。

 充分水分を補給することと、無理しないことだそうです。

 朝から35度とこちらも猛暑です。馬場は、ベストコンディションで、朝9時から騎乗を始めているお客さんがいます。


 

 「ストレスとフラストレーション」

 stress /str s/    
 n
1a 圧迫, 強制; 【理】 圧力; 【機】 応力; (圧力による)ひずみ.
・under (the) stress of weather [poverty] 天候険悪のため[貧に迫られて].
b 緊張, ストレス; 緊急.
・in times of stress 非常時に; 《商況の》繁忙期に.
・stress disease ストレス病.
・stress management ストレス管理.
2 力説, 強調, 力, 重み, 力点, 重点; 【音】 強勢, 強め, 語勢, アクセント; 【韻】 強勢, 強勢のある音節; 【楽】 アクセント(記号), ビート.
3 努力, 奮闘.


 frus・tra・tion /fr str ( )n/
 n 挫折[失敗]させること; 頓挫, 挫折, 失敗; 【心】 欲求不満[挫折], フラストレーション; 欲求不満のたね, 人を挫折させるもの; 【法】 契約の達成不能.


 我々の一般的認識は、ストレスは悪玉でイコール悪いものというものであり、フラストレーションもまた良くないもので、ストレスよりもより悪く欲求を満足させることができない場合に起きる精神的抑圧の要因というものだ。

 しかし、私は、ストレスは、地球上の万物が受けている引力みたいなもので、自らの質量に耐えて寝起きしているから、そのための筋力が備わって生活できるわけで、引力のない宇宙空間で生活すれば、忽ち筋力を失い地球上では生活できなくなってしまうように、寝たきりになってしまった人が筋力を失ってしまうのと同じで、ストレスは必要欠くべからざるものなのだ。

 そして、フラストレーションは、メンタルにはあるベクトル(方向性)を持っていて、そのベクトルに沿ったものが起きれば満足し、反すれば欲求不満になるというもので、積み重なればメンタルもフィジカルも病気になってしまうことさえある代物だ。

 さて、ストレスがフラストレーションに繋がるのか、それとも満足するのかに分岐点があるのではないだろうか。


 sat・is・fac・tion /s t sf k ( )n/    
 n
1 満足させる[する]こと; 満足, 本望, 本懐; 満足をもたらすもの〈to〉; 納得.
・give (sb) satisfaction (人を)満足させる (cf. 2).
・express one's satisfaction at [with]… …に満足の意を表する.
・find satisfaction in doing… …することに[で]満足する.
・His election was a great satisfaction to all concerned. 彼が当選して関係者はみな大いに満足した.
・to sb's (entire) satisfaction 人が(全く)満足したことには.
・to the satisfaction of… …の満足[納得]のいくように.
2 【法】 弁済義務の履行, 賠償〈for〉, (借金の)返済; 謝罪; 《名誉回復の》決闘; 懺悔の苦行; 【神学】 罪の償い, 償罪, 贖罪(シヨクザイ).

 ストレスが源で、フラストレーションを生んだり、サティスファクションを生んだりすると考えることができ、フラストレーションは元よりサティスファクションもまた、ストレスなくして生まれることがない。

 つまり、我々の筋肉力は重力なしに備わることがないように、サティスファクションもまた、ストレスなしに生み出されることはないのである。

 筋肉は、筋肉細胞を断裂することが必要で、断裂した筋肉細胞が再生するときに増強するから筋肉力が増強される。再生が不可能になるまで断裂すれば、再生しないので筋肉が増強することはないのである。

 メンタルもまた、再生可能な程度のダメージを与えることによって、再生するときに増強し、再生不可能になるまでダメージを与えれば、再生できないので躁鬱病などの病気になってしまうのである。

 ストレスが筋肉でもメンタルでも、再生可能な程度であることが必要で、筋肉であれば、筋肉トレーニングのように、徐々に負荷を増やして増強の速度に合わせてストレスを増やしていくのであり、増強の速度とは筋肉細胞の再生速度ということだ。

 メンタルの場合は、解決できる可能性を予測やイメージができる程度の課題を持つということである。
しかし、課題が趣味の中で設定されるのであれば、その程度を予め計画することができるが、仕事や人生の中で降りかかる出来事や課題となれば、ストレスの大きさを加減することはできないので、メンタルの再生可能な程度にすることはできない。
 然らば、課題の軽重を予め問うことができないということは、メンタルにかかるストレスを調整することができないから、元々持つ忍耐力に任せるしかないということになってしまう。

 このときの方法は、目の当たりにする課題をできるだけ小さく分解することである。そして容易に感じるところから手を付けて解決する。

 ものごとが単純なことの組み合わせで、複雑な形体をしているように見えるだけのものだから分解できないものはなく、困難にいきなり立ち向かうのではなく、容易なところから手を付けてストレスをクリアすることにより、筋肉の増強と同じシステムを遂げることができるのである。

 もし自分がリーダーであったり指示命令する立場であったりする場合、つまりストレスを自分以外ものへ与える場合は、与えられる側にとって再生可能な程度のストレスを与えて、その再生速度に合わせて徐々に負荷を重くするようにすることが、与えたストレスがサティスファクションに繋がり、フラストレーションに繋がらないようにする方法なのである。

 このことは自分に与える試練であっても同様で、できることの精度上げるようにして、難題をいきなり解決しようと思わず、簡単なことがより簡単により正確にできるようになることが、難題が簡単に見えるようになるまでその精度を高めるということが、再生可能な程度に筋肉の断裂をさせて筋肉強化を図ることと同じになり、ストレスとフラストレーションに繋げるのではなくて、サティスファクションに繋げて大いなる喜びに変えることができる方法なのである。

 このことは、自分に対しても第三者に対しても、動物に対しても同じなのである。

 このことの逆の作用があることも、筋肉の増強やメンタルの強化を図るシステムを知ると同時に知る必要がある。その逆の作用とは、徐々に負荷を大きくしなければ、筋力も精神力も萎えるということである。

 つまり、無重力の中で生活したり寝たきりになれば、忽ち筋肉が衰えてしまうように、メンタルでもフィジカルでも、負荷は徐々に増やして行かなくては、衰えてしまうということである。

 強化するためには、負荷を徐々に増やすことが必要であると同時に、衰えさせないためにも必要だということである。

 つまり、衰えさせないことと強化するということは、同じだということである。

 
スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード