FC2ブログ

Arena Condition

AM 10:00 Temperature 20℃ Humidity 69% 霧雨 May 20, '13(Monday)

 昨夜は、結構な雨が降りまして、今も霧雨が降っています。今日は降ったり止んだりといったはっきりしない天気のようです。

 しかし、今現在の馬場は、ベスト状態をキープしています。一寸驚きです。

 夜中結構降ったので、この分だともう水溜まりかなと思って寝たのに、朝見たら水が浮くどころかきれいな状態でびっくりしました。



 「システムチェンジ」

 ダイエットや禁煙や筋トレなどは、継続が難しい。

 日常の生活は、誰でもがあるパターン化したシステムがあって、ダイエットや禁煙や筋トレなどの今までしてなかったものを入れ込むことで、パターンが崩れて、リズムや習慣までもが狂わせられるために、どうしても続かないのである。

 つまり、習慣になっている喫煙や食生活や行動などを変えるには、その前後や関連性のある別の行動や習慣と関連づけて、その関連性のある習慣や行動から見直して、禁煙やダイエットや筋トレを始める計画をしなければ、強力なモチベーションに頼らなくては、この計画を成し遂げることはできない。

 つまり、システムチェンジするためには、関連性をもっている他のアプリケーションとの連携から見直さなければできないということなのである。

 左右のレインを均等の長さにしようとするとき、先ず均等の長さになっているかどうかを確認する。そのために目で見たり余っている部分の長さを合わせたりして調整する場合と、レインを引っ張ってみて指先に感じる当たりで長さをチェックして、左右均等の当たりになるまで長さを調整して均等にする場合とがある。

 この場合、目で見て確認する人は、大脳が主体的に行動を左右していて、指先に感じる当たりで確認する人は、感覚が主体的に行動を左右しているということだ。

 大脳が主体的に行動を左右するシステムで生活している人は、行動そのものが主体性を持ち、感覚が主体性を以て行動する人は、現状を確認することが初動になる。

 意図的や意識的行動を大脳が認識しないということはないが、これらの行動全てを感覚が何処かで追跡して把握しているとは限らない。

 感覚はセンサーだから、センサーが機能しないということはないが、センサーが察知した情報を脳が無視するということがあり、大脳が主体的に行動を左右する人は、行動そのものしか頭にないから、結果的に感覚情報を無視する。

 つまり、行動原理が変わらなければ、感覚情報を活かすことはできないのである。

 大脳が主体性を以て長年生活してきた人は、大脳が主体性を持っていてはいけないとか、感覚が主体性を持つようにならなければならないと思えば、今までを否定するストレスが発生したり、向上心を持ち続けるモチベーションが必要になったりするから、結局は少数の人だけしかこれを成し得ないのである。

 しかし、大脳が主体的であってもいい、感覚が主体性を持つ必要はないと、これまでの自分のシステムを否定しないで、つまりシステムチェンジをしようとしないで、結果的にチェンジしてしまう方法が必要なのだ。

 つまり、禁煙と同じで、煙草がいけない体に毒だ、健康の為に止めなくては、強いては家族のためとかのような義務的要因を頭に浮かべて、禁煙をしようと思えば、強い意志が必要で、実際は禁煙の辛さに負けるのではなくて、強い意志を持ち続けることに絶えられなくて、結局煙草が止められないという現象が起きるのである。

 禁煙するには、強い意志を必要としないように計画する必要があり、そのためには、煙草を止めるのではなくて、吸いたいときだけ吸うというように肯定形を考える必要があり、そして吸いたいと思っていないのに煙草を吸ってしまうとき、他にやらなければならない用事を作るようにすることによって、習慣性の喫煙だけを止めると考えれば、強い意志を必要としないのである。
 人の行動原理を変えるには、今のシステムを変えようとする否定形で計画するのではなくて、肯定形で考える必要があるのであり、そして肯定形で計画するとは、大脳が主体であっても、行動をするために先ず状況を把握すると思うことから始める。

 大脳が主体的であろうがなかろうが、現状を自覚するには、感覚情報を多用せずにはできないのである。従って、何かを意図したり意識したりして行動しようとするとき、必ず自分はどんな気持ちを持っているか、どんなことを欲しているか、今どんなことを感じているかと、現況を把握するようにしてから、行動するように心がける。

 現況を把握するということは、何が心に浮かんでいるかを把握するということであり、何をしなければならないとか、あるべき姿やあるべき態度といった義務的なことではなくて、自然に心に湧いてくることに思いを馳せることであり、自分の感情も指先で感じる感覚も含まれる。

 現状を把握するとは、自分の心に何があるかに耳を傾けるということである。

 そうすることによって、大脳は現状を無視して行動を優先することはなくなる。

 禁煙やダイエットを強い意志の力で達成しようとすれば、禁煙やダイエットの辛さではなくて、強い意志を持ち続けるためにガス欠になって、ダイエットも禁煙も中断することになる。

 大脳は主体的に人間の行動を支配するが、支配するために状況を把握することから始めなくてはならない。

 指先の感覚や五感で得る感覚に心を傾け、現況を把握するのであるが、今までそうしてこなかったのに、直ぐさまできるようにはならない。従って、指先やその他の五感の感覚に心を配るよりも、自分の心が何を感じていて何を思っていて、どんな不安や心地良さを、そして言葉にできないような感情でも、ただ心に思い浮かんでいることを認識しようとすることが、現状を把握する始まりなのである。

 これが自然にできるようになれば、やがて五感で受ける情報に心を砕き、行動にこれを反映させるようになる。
スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード