FC2ブログ

Arena Condition

AM 9:45 Temperature 20℃ Humidity 52% 曇り May 13, '13(Monday)

 今朝は、少し曇り気味ですが、気温も高く湿度が高いです。

 馬場は、今日で完全回復します。

 昨日は母の日で、世界中の人がそれぞれに思い思いを亡くなったお母さん写真を引っ張り出したり、過去の功績を披露したり、盛んに、Happy Mother's dayといってお祝いをしてました。

 

  「自意識」

 自分は、どんなときに自意識を、実感しているか。

 こうしてパソコンのキーボードに向かって文章を書いているとき、書いているテーマについて考えながら、思いついたことを、キーボードを指で押している自分を見ている自分がいる。

 自分の姿を見ている自分がいるときが、自意識を持っているときだ。自分の姿を見ているということは、椅子に座ってキーボードを打っている映像を見ているということではない。
瞬間瞬間において思いついたことなどの文章の顛末やキーボードにタッチしている指の触感や、頭をかきむしりたくなっている感情などを、実況中継している自分がいるということである。

 つまり、作業に没頭して夢中になっているのは、自意識がなくなっていることだ。
 どんなに作業に夢中になっているときでも、それを自分自身に対して実況中継している自分がいるときだけ、自意識があるということで、作業に没頭していても、指先や爪先なのどの体で感じている接触感やバランス感覚や、また不安や安心や満足やフラストレーションなどを感じているメンタルの動きや、事態の変化に応じて方法や対策などを考えていることや思いついたことなど、それらについて専念している自分とその専念している自分を見ている自分が同居するということなのである。

 意図的にやっている過程において、その意図を自覚していることは当然で、その意図にお基づいて手足を動かそうとすることも、また自覚していることも当然だが、そのときにどんなこと思いついたり考えたり、手足で感じたり、喜んだり嫌気が差したり恐怖感を感じたり満足したりと、自分の中に起きていることを自分に対して実況中継するかにように、詳細にリアルタイムに漏らすことなく自分に言って聞かせる自分がいるかどうかだ。

 そのときに自分の中に起きていること全てというと、しんどい話のように聞こえるかも知れないが、実際はそれほど大変なことではない。何故なら、人はそれほど多くを、同時に脳で処理しているわけではないからである。

 人を良く観察してみると、意図的行動をしているときに、その意図や行動やその目的に専念することが、重要だと思い込んでいるから、そのときにどんなことが自分の中に起きているかを認識することができない。

 況して、無意識に行動している反射的動作やバランシングやスピーディーな動作となると、そのときに自分の中に起きていることを実況中継などできるはずがない。

 しかし、良く観察してみると、意識的行動のときより無意識的行動をしているときの方が、実況中継しやすいようだ。

 マクロとして、自分がどんなことを注意して、どんなことを、理想としてどんなことを、二つのことを重要だと思うことぐらいにして、行動そのものに集中したり没頭したりしないようにして、極力何も意識しないで行動することによって、そのときに自分が何を考え、どんな感情がこみ上げてきて、どんな感触を感じているのかを自分に聞かせるように中継する。

 人間は、二つの目で一つのものを見ることによって、遠近感や質感やそのものが遮ってそのものの後ろにあるものが見えていないことまでも、認識しているのである。

 以上のことと同様に、ものごとを行うときに、その作業をするために頭脳やフィジカルを動かすと同時に、それらを作業としているときに起きている全てを見ているということの二つをする能力を、人間は元々持っているのである。

 そして、この二つを同時にする場合に、二つのことを両方同時にしようと思えば、両方を満足させることはできない。そこで一つをやることによって、必然的にもう一つを満足させることができる方法を考えるべきである。

 それは、自意識を持つ方に専念すべきだということだ。

 自意識というと、一般的に良いことのように捉えられていないようだが、自分の現状を把握するには、自意識を持つ以外にないし、自意識は訓練せずには維持することもできなければ、持つことさえできない。

 ものごとは両目で見る必要があるように、ものごとを成すには、絶えず複眼で捉えなくてはならない。その複眼とは、ものごとを成そうという意識(意図)と、それを行動しているときの状況を俯瞰する意識(自意識)である。

 ものごとを成そうとする意識が意図で、俯瞰する意識が、自意識なのである。

 そして、自意識を持つことによって、もう一つの意識である意図は包含できる。しかし、意図を意識することや強く持つことは、自意識を却って薄くしたりなくしてしまう危険性がある。

 つまり、複眼とは、自意識と意図のことである。

 人間の行動は、意識的行動であろうと無意識的行動であろうが、意図と自意識によって監視されていることなのである。

 そして、意図という目によって見えるものに意識が奪われれば、自意識という目は塞がれて見えなくなってしまい、自意識という目で見るものに集中すれば、意図という、目に見えるものを、より鮮明に見ることができるのである。

 人間には、目が二つあり肺臓が二つあるように、また心臓や脳が一つであるように、それは本部が一つで、実働部隊は最低でも二つあるということを現し、指先と思想信条と自分という三角関係があるように、自分と意図と自意識との三角関係なのである。
スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード