FC2ブログ

Arena Condition

AM 9:40 Temperature 13℃ Humidity 18% 快晴 March 26, '13(Tuesday)

 快晴です。

 昨日は、結構雨が降ったのですが、馬場は、ベストコンディションです。

 徐々に気温も上がってくるようなので、今は少し冷たさを感じますが、暖かくなるようです。



 「圧倒的多数を占める宇宙人」

 どうもこの地球の住人の大多数は宇宙人で、純粋な地球人はとても少ないように思う。

 例えば、不安に対峙したとき、安全性を配慮して、できるだけ要求を少なくして単純な運動から始めて、相手の反応を見ながら徐々に自分のやりたいことを試みる。

 誰でもが辿る道筋である。

 安全性を配慮するとは、自分が安全性を確保できる状態かどうかと云うことで、私の場合は、常歩で運動を始めてレインや脚で内方姿勢を求め、そのときにレインや脚のプレッシャーの対する反応とガイドの精度を見て、自分の技量で安全性を確保できる程度かどうかを確かめるのである。

 最低限の安全性を確かめた後は、速歩をスタートさせてサークル運動をする。
 このときも、速歩の一定のリズムや挙動の安定性を確かめつつ運動を続け、様子が良ければ左サークルをしていたのであれば、右サークルへと移行して同じように速歩のリズムや挙動の安定性などを確かめる。

 ところが宇宙人は、常歩でいきなりエクササイズを始めたのだ。小さいサークルで常歩をしながら内方姿勢を求めて、その後にリバースして逆のサークルを描いたのである。
 勿論、馬のステップは原則が守られていなくて、リバースして逆のサークルへ移行したときのステップは、新たなサークルのステップになってしまっていて、外方姿勢でそのサークルをしただけに過ぎないのだが、当然本人は気付いてはいない。
 勿論、ケアフルにそれを確かめようという配慮もない。

 本人に聞いてみれば、安全性を確かめるために、どれ位できるかリバースを求めて見たところいい反応だったと云うのである。

 確かに本人は安全性を確かめたに違いないが、リバースエクササイズの出来具合によって安全性を感じたのではなくて、何となくそんな運動を繰り返す中で感じたのだ。そして安全だと感じたから知っていることをやってみたくて、リバースをやってみたということだ。

 当然、このように云うと本人は、飽くまでリバースの反応の程度を確認して安全性を感じたと云うに決まっているし、本人もこのように思い込んでいるに違いない。

 その後に駈歩へ移行して取った行動も推して知るべしで、宇宙人ならではのものであった。

 私は、下乗りをしていたので、安全性は確保できている自信はあったものの想定外の行動だったのである。
しかしながら、これらの行動が希ではなくて、圧倒的多数の人が同じような行動を取るのだから、何とも不思議な話なのだ。

 然らば、このような人が圧倒的に多いのであれば、この範疇の人が地球人で、範疇外の人が宇宙人だと云わなくてはならないのに、何故私は、彼らを宇宙人と呼ぶのだろうか。

 何故なら、彼らの云うことにリアリティが欠けるからである。

 確かに地球人も往々にして、思い込んでいることと現実に解離性が見られないことはないが、その解離性を解消しようという行動が見られるが、この人達にはその行動が見られないのが特徴なのである。

 人の感覚は、とても錯覚しやすい機能だが、訓練によって現実と感覚の間に1mm程の隙間もない程に精密になるものだ。

 しかし、この宇宙人は、成人になるにつれてドンドン感覚と現実との解離性は広がる一方なのである。

 感覚と現実とに解離性があることを知らなくて、自分の感じていることを疑いもなく信用してしまうのである。

 客観性がないのである。しかし、本人は至って客観的だと思い込んでいるのである。

 果たして、この宇宙人を地球人に帰化させることができるのだろうか。

1. 自分の姿を俯瞰できない。
2. 自分の感覚を疑わない。
3. 見えているものを疑わない。
4. 映像をイメージできない。
5. スポーツが得意ではない。
6. 視野が狭い。
7. 応用が利かない。
8. 関連思考が得意ではない。
9. 幼児や動物や外国人とのコミュニケーションが得意ではない。
10.第三者とイメージを共有できない。
11.その他。

 しかし、以上の要因は、本人には自覚がないので、指摘を受けても反発したり拒否反応を示したりするだけで納得はしないから、何らかの特殊なアプローチが必要なのかも知れない。

 本人が、能動的に自分かも知れないと思ってさえくれれば、直ぐに解決できるのだが、中々そうは行かないのが現実なのである。

 地球人も、これらに自分は該当するという認識を持てば、更なる感覚統合ができるようになり発想も豊かになるし、見える世界もより詳細に本質を見抜き、分析したり理解したりするのが容易になり、自分の可能性を大いに高めることができるようになるから、宇宙人に限ったことではないのである。

 つまり、自分自身が地球人であるか宇宙人であるかという議論をするのではなく、絶えず上記の項目に関心を持って、ものごとに望むようにすれば、誰でも容易に地球人たり得るのである。
スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード