FC2ブログ

Arena Condition

AM 9:45 Temperature 10℃Humidity 63% 曇り March 22, '13(Friday)

 未明に結構雨が降ったようです。全然気付きませんでした。馬場は、埃が立たなくなって、絶好のコンディションです。

 風もなく曇っていて、少し冷たい肌寒いです。

 我が家の梅の木も、すっかり葉っぱだけになってしまいました。本当は、我が家の隣の梅の木です。


 今年は、梅の花が咲くのに気付かず、気付いたと思ったら桜の花が咲き始め、桜も今年は、1週間ぐらい開花が早いようです。

 

 「できない」

 思ったようにものごとができないと、困ったり悩んだりする。

 しかし、できないということは、やろうとしているができないのか、やろうとしていないからできないのかの二通りあるのではないだろうか。

 できない本人にとっては、やろうとしてできないと思い込んでいるのだろうけれど、やっているのにできないと思っていても、やっていないからできない場合と、やっているけどできない場合の二通りがある。

 そして、できない場合の大半は、やっていないからできないケースなのである。

 つまり、やっていれば必ずできるのであって、方法が全く違っていてできないケースは極めて少ないのである。

 ところが、上手くできない人ほどやることに一生懸命だから、周りのことに目が行き届かないし、状況判断が冷静にできなくなってしまっていて、実際は目的を叶えるようにやっていないことが多いのである。

 そうであるならば、自分は本当にやれているのかと問い掛けながらやれば、できる可能性が増えるのではないだろうか。

 馬が出せないと、悩んでいる人がいる。

 そこで聞いてみた。どんなことをやって、馬を出そうとしているか。そうすると、脚を使って馬を出そうとしているという。
 更にそのとき、本当に脚を使っているのに馬が出ないのか、脚が使えていないから馬が出ないのか、どちらなのでしょうか。と尋ねてみると、そんな質問が来るとは予想もしてなかったように、返事に詰まってしまったのである。

 何故、返事に詰まってしまったのか。それは、馬を出そうと必死になっているとき、自分の脚がどうなっているのか良く覚えていないからなのである。
 良く覚えていないということは、脚を動かして馬を出そうと思ってはいるが、どのような動きを自分の脚がしているかと思って、注意をしようなどとは思いもよらないから良く覚えていないのである。

 自分のことを運動神経が鈍いと思っている人は特にそうだが、そうでない人も、目的を意識するあまり、やっている最中にどうなっているのか、特に自分のやるべき運動が、果たしてどのように動いているのかを観察しようと思わないのが常なのである。

 希に何でもできてしまう人は、やることに一生懸命にならず、思ったように自分の体が動いているのか、または状況がどのような変化をしているかといったように、自分以外の外部環境を以て自分の体がどのように動いているかを察知しようとするのである。

 上手くできないとき、やっているのにできないと思いがちだが、やっていないからできないのだと思うことが大切で、やっていないからできないと思えれば、では自分の手足は実際にどのように動いているのか、どのように動かなくなっているのかと考え、動かそうと思っているものがどのような動きをしているのかを見ることによって、自分の動きを推し量るようにしてみるように心がければ、絶えず外部環境を通して、対象物も自分の手足も、どのようになっているかを知るようにすれば、圧倒的に成果が違ってくるし、感覚が鋭敏に自分の手足の動きを把握できるようになるのである。

 できる人にとって、何故できるかを説明するのが一番難しく感じるのは、何をやっているのかを説明できるが、何故それができるのかを説明しろというと難しくなってしまうのである。
 何故なら、やろうとする前にそれができるような環境を整えているから、やろうとすることがやりやすいし、やりやすいからできる可能性も抜群に上がるのである。

 例えば、馬の後肢を踏み込ませるために、なるべくライダーは後駆へシートするように努める。すると、後肢が深く踏み込むようになると、後駆へ座りやすくなって、只脚を入れるだけで後肢が踏み込まなくてはならないように、シートすることができるようになってしまうように、上手なライダーはサドルへ座っただけで、後肢へ影響を与えるような座り方ができて、そして脚を入れるからより効果的に馬を推進できるのである。

 従って、上手くできないときほど、どうなっているのか、自分は本当にやれているかを良く見るようにすれば、やろうとするがやりづらかったり、手足が思うように動かなかったりしていることに気付くことができる。

 そうすると、やろうとしても思うように手足を動かせなくなっている原因を掴むことができ、これを改善して手足を思うように動かすことができるようになり、馬を出せるようになるのである。

 上手な人は容易くやってのけ、不器用な人は上手くできない、その理由は、実際に手足を動かす前に、効果的に手足が動くような環境を整えているのである。
 その環境とは、体の体勢や姿勢などや、ポジションなど、それに馬の精神状態、例えば、従順性や集中心などのことである。

 これらの結果を効果的にするには、色々な要因が影響しているが、それらの糸を解きほぐすには、自分がやろうとしていることを実際にやっているのか、どのようになっているのかを観察するようにすることによって、全ての扉が徐々に開いてくるのである。
スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード