FC2ブログ

Arena Condition

AM 9:50 Temperature 20℃ Humidity 30% 晴れ March 13, '13(Wednesday)

 今朝は、暖かですが朝から強い風が吹いています。

 強い風といっても、この間の土日に比べれば、差ほどではありません。

 馬場は、乾燥していますが、ベスト状態です。




 「乗馬の上達のための基本」

 先日、あなたは、馬にこんな1歩をさせることができるかと色々な1歩を例に挙げて、このアリーナコンディションに掲載したり、我がクラブで調査したりしてみた。

 調査は、12例を難度順に列挙してアンケート形式で聞いてみたところ、全然できなくてと○を付けられなかった人もいたが、3~4つ○を付けた人が断然多かった。

 馬をコントロールすることは、馬のステップをコントロールすることであり、色々なパフォーマンスは、それらに結びつくための1歩があるが、総合運動として行ってはいるものの、それらを形成する1歩を意識的にコントロールしようとしている人は少なく、中級レベルになればこの1歩の重要性に辿りつく筈だと思っていたが、決してそうではなくて、先を急ぐ人が大方で、誰も1歩に着眼点を置く人はいない。

 そこで、乗馬を始めて1ヶ月位の駈歩でサークルを描けるくらいのレベルになったら、この1歩に挑戦することが上達の近道なのではないだろうかと考えたのである。

 実は、馬のステップの1歩に着目して、上達すると考えたと同時に、今月のホースマンズコラムで書いた馬の姿勢(Posture)を作ることを基本として練習することも、上達の近道になるのではないかと思っていたのである。

 馬にさせる1歩は、ライダーに強制力がないから馬とのコミュニケーションが必要で、馬の抵抗や反抗に合えば初心者レベルのライダーにとっては、これを越えての1歩をコントロールすることは、難しく感じてしまうのも知れないのである。

 ところが、馬の姿勢を作ることは、ライダーに強制力があるから理解しやすいということではないだろうかと思うのである。

 内方姿勢・外方姿勢・屈撓・収縮・首を左右に曲げる・後駆を左右に曲げるなど、これらの馬の姿勢を作ることは、これまで上級者になってからのこととされてきたが、本当は乗馬の入り口でマスターすべきことなのではないか。

 順序として、馬の姿勢作りをマスターして、その姿勢から繰り出す1歩に挑戦するのが、理想なのではないだろうか。

 初心者の時に、一つ一つを意識的にテーマを以て練習する。

 やっている内に上手になるのではなくて、自分でレールを敷きつつそのレールの上を走る。

 馬の姿勢を、支点力点を意図的に馬体のパーツにおいて、二つ~三つの方向の違う力をそれらのポイントに加えて作り、そこから繰り出す1歩を、これまた意図的にイメージして、馬の運動をコントロールする。

 そして、1歩1歩を重ねて一つのパフォーマンスを、編み出すという感覚を持てるように上達の道を辿る。

 初心者が上達する上で、一番の間違いは、何ができないのか、何がどうして上手くいかないのかを、ロジックにクリアリーになっていない状態で過ごすことで、一番重要なことは、何時でも課題を持ち、テーマを持ち、それをロジックにして、挑戦しクリアーしていくような過程で、上達を期すことである。
スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード