FC2ブログ

Arena Condition

AM 9:40 Temperature 5℃ Humidity 41% 曇り February 14, '13(Thursday)

 今朝はどんより曇っていますが、馬場は、昨日で回復しましたので、やや重状態です。

 風がありませんので、穏やかです。

 私は、今日の午後の便で福岡出張です。従って、週末は、九州で過ごしますので留守をします。

 鬼がいない間に何とやらでしょうか。



 「幻想」

 乗馬は、日本人にとって幻想的スポーツのようだ。

 何ごとも、技術を身につけようと思ったり、何かを作りたかったりしたときに、材料や道具を揃えて、そして自分が何をできればいいのかを、具体的にして取り組むものだ。

 果たして、皆さんにとって、乗馬をそのように取り組んでいるのだろうか。

 最近、我がクラブでも他のクラブでも、聞き取り調査をしてみたのである。

 それは以下の通りなので、皆さんもこれに応えてみてはどうだろうか。

1. 理想やイメージしているライディング
2. 1の理由や根拠
3. 1のためのプログラム
4. 3のプログラムの正当性や根拠

 以上の4項目の質疑事項である。

 1は、ライディングの目標ということで、自分が日頃こんな風に乗りたいとか、イメージに浮かべるスタイルとはどのようなライディングなのかという質問である。

 2は、その理想やイメージ(目標)しているのには、どんな理由がありますかという質問で、好きだとか格好いいとか、また馬術的根拠とかがあれば、その理由と根拠を示せばいいわけだ。
好きとか格好良いという理由であれば、何故好きなのか、格好いいと思えるのか、そのポイントは、そして、それらをできるだけ詳しく掘り下げてみる必要がある。

 3は、1を実現する為にどんな方法で、どんな手順でやるかという問い掛けである。

 4は、そのプログラムで、何故、理想やイメージに近づけるのか、また、目標を達成できるのかという問い掛けである。

 料理にしても椅子やテーブルを作るにしても、一輪車に乗れるように練習するにしても、テニスやゴルフにしても、この4つの項目をできるだけ具体的にして、ものごとに望めば、目標に合理的に近付くことができるのである。

 例え、イメージやプログラムを、間違った設定をしていたとしても、最初にこれらのことを具体的にする作業をすることによって、訓練の過程でこの間違いに必然的に気付くので修正できるのである。
しかし、最初にこれらのことを具体的に設定することを怠ったり、練習の過程でも、理想をイメージしたり方法の根拠について思案したりしなければ、間違いを起こしたり、間違った指導者に出会ったりしたら、修正できる可能性がないのである。

 それは兎も角として、これらの4項目について考えもしないで、乗馬をしているとすれば、幻想的スポーツといわざるを得ないのである。

 馬をどんな馬にしたいのか、自分がどんな乗り方をしたいのか、そしてそれは何故なのか。更にその方法はどんなもので、何故その方法だと上手くできるようになるのかというように、考えるのが当たり前ではないだろうか。

 しかし、明確にこれに答えを以てライディングをしている人が、全く見当たらないのである。

 まるで昔の徒弟制度に見られるように、師匠がやっていることを真似るだけで、これを客観視したり、質問したり、未熟な自分が工夫をしようものなら勘当もので、師匠のもとにいられなくなってしまうのである。
 只黙々と先輩や指導者のいうことや周りを見渡して、何となく乗馬を続けていくだけで、上手くなったり自分の馬が良くなったりするとでも思っているのだろうか。

 真っ暗闇じゃぁございませんか。何て唄の文句がありましたねぇ。

 たった4つの項目を、できる限りワンフレーズで表現できるまでシンプル化して、乗馬に望む必要があるのではないだろうか。
プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード