FC2ブログ

Arena Condition

Arena View Gate

雪景色 ゲート付近

Arena View

 雪景色 全景

Arena View Pan & Cool

 雪景色 Pan & Cool


AM 10:35 Temeperature 1℃ Humidity 70% 曇り January 28, '13(Monday)

 昨夜半から雪が降りました。現在は止みましたが、気温がとても低いです。

 昨日2週間ぶりにお客さんの顔を拝見して、今週は、馬場が回復して馬に乗れると期待しながら帰って行ったのですが、また雪が降ってしまいました。

 しかし週後半より春めいた陽気になるようですから、馬場が回復して皆さんのライディングの姿を見ることができるでしょう。


 「驚き」

 私は長年、ライダーは、馬に乗って馬の運動をコントロールするスポーツだが、その運動そのものをライダーが直接駆動しているわけではなくて、馬のメンタルを誘導して、間接的に馬の運動をコントロールしているものだといってきた。
 つまり、ライダーは馬とのコミュニケーションによってイニシアティブをとって、馬の運動をコントロールしているのである。

 ライダーが馬の運動に、直接的に影響を与えているのはライダーの体重であり、物理的に馬はライダーの体を背負っているわけだから、直接的に運動をさせていることになるのである。
従って、ライダーがどのようなバランスやポジショニングを取ったりするかは、馬の運動に直接的に働きかけを行っているのである。

 ライダーが馬の運動に対して、強制力を持っているかそうでないかは、ライダーが馬の運動をコントロールする上で最も重要なファクターなのである。

 馬の運動に対してライダーはどのような強制力を発揮できるのかという話題で、週末数人のお客さんと話し合ってみたが、その反応に驚きを感じたのである。

 私は、長年というよりも馬をコントロールしようと意識したときから今日まで、最も大きな関心事は、ライダーが馬の背中で行使できることとは何かということであり、その行使できることが強制力とコミュニケーションとに区分することができ、そのどちらもがどんなものであるかその本質と実態を知るということであった。

 ところがお客さん達にとっては、大きな課題ではなかったということであり、ライダーは、馬の背中で強制力を発揮することはできないということをそのまま信じてしまっていて、このことに何ら疑問を持っていなかったから、当然このことのなので、大きな関心を抱くことはなかったということだったのである。

 「師は、災い也。」

 自分にとって最高の師たるものは、自分であると常日頃から思っていて、これに勝るものはない。しかし、その師が、最高の位にあるのではなくて、己は己のための最高の師ではあるが、最高の位ではないのである。

 己が己にとって最高の位の師となるためには、自分以外の師を求めなくてはならず、自分以外の師の教えは、必ず盲信してはならない。客観的に信ずるにたるものを吸収して、己を己の師として最高位に位置する存在にしなくてはならないのである。

 己が己にとって最高の師であるということは、位が低い存在であっても最高の影響力を持っているという意味で最高の師なのであり、どんな教えであっても、その教えを取り入れるかどうかを決めるのは自分であるから、その自分が誤った選択をすれば道を誤り、選択が正しければ正道につくことができるのである。

 しかし、自分の選択が丁半博打では、50%の確立でしかなく、その取捨選択をする自分は、自分に対して最高の影響力を持っているが、50%程度の確立しか持っていない師でしかないのである。

 限りなく100%の師として自分を最高位に位するように育成するには、自分が信用する師や位の高い師の教えであっても、その逆に信用にたる人という認識が持てない人や評価の低い人のいうことであっても、客観的にそのことに軽重なく自分なりの選択をするようにしなくては、自分を最高位の師にまで育て上げることはできないのである。

 重要なことは、信用している人や評価の高い人の教えを盲信しないで、客観的に議論しなければならないということである。
 元々信用しない人や評価の低い人のいうことは、初めから信用しないので、信用することによるリスクを負う心配がないのである。

 しかし、ブランド力に左右されて信用すれば、まともに信用するリスクを被るということになるのである。

 師は、災いを成す元であり、己は己にとって最高の師であり、しかし、最高の位の師ではないのである。
スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード