FC2ブログ

Arena Condition

AM 9:50 Temperature 11℃ Humidity 31% 晴れ January 25, '13(Friday)

 今朝は、生暖かい風が吹いて、久々に寒が緩んだ感じです。

 馬場は、まだ水が浮いていて、中々回復してませんが、今日一日で大分回復するのではと期待しています。

 今回は、約2週間も開店休業です。




 「愉しい循環」

 愉しいことの繰り返しは、それほどの努力や忍耐が必要なわけではない。只、意識改革や新しい発見に対して、愉しいという感覚を持てるかどうかに掛かっている。

 今までの自分と違った考え方をしたり、ものの見方をしたりすることが愉しいと思えるかどうかである。

 今の自分の満足しているわけでもないのに、考え方を変えたりもものの見方を変えたりすることに抵抗するのは何故なのだろう。特にそれを他人に言われると頑なに抵抗する。

 頭が硬いのである。

 私は、子供の頃から、融通が利かないとか、頑固だといわれ続けてきたが、柔軟で頑固だということはないと思ってきたし、今でもそれは変わらない。何故なら、納得さえすれば、考え方を変えるし、興味の湧くことは良く観察しようと思うし、新しいものの見方に出会えることは、とても刺激的に感じるからだからである。

 考え方やものの見方をリニューアル(更新)しないことの方が、フラストレーションが溜まるのである。しかし、第三者の印象は、頑固だというのである。

 多分納得しなければ、簡単に考え方を変えたり見方を変えたりすることはないからかも知れない。しかし、私にとって納得感があるかないかはとても重要で、何故ならそれまで良いと思っていたことを、修正するのに納得感がなくて変えたりはできないからだ。

 しかし、納得感を大事にすることは、自分を変えることができにくくなるので、新しいことや自分と違ったものに対して、興味深く観察することを怠らないようにしているのである。

 納得することは大事だが、違ったものや新しいものを見たときに否定的に見ないで、納得するまで良く観察することを怠れば、只の頑固者になってしまうからだし、そんな自分になってしまうことに対して、恐怖感を持っているのである。

 根拠なく否定的にものを見ることが嫌いだし、人に対しても根拠なく嫌いになることもないのである。

 勿論私にも、否定的な印象を持つことはあるし、第一印象が悪い人もいる。それでも、第一印象が良いと受け止められないものに対して、その根拠を求めるようにしている。
 根拠とは、こんな顔つきを見ると、私は嫌いな印象を持ったり良い印象受けなかったりするパターンを持っているからだとか、こんな言い回しをするものに対して、嫌悪感を持つ傾向にあるからだとかいうように、良い印象を持たなかった根拠をはっきりとしておくようにしている。

 根拠を求めておけば、嫌いな印象を持ったものの中にも良いものがあったり正しいものがあったりするから、自分の嫌悪の傾向を知っていれば、嫌な印象を持ったとしても、そのものをその第一印象のまま判断してしまうことを避けることができるのである。

 何が嫌いだといえば、良いものは良いという立ち位置にいない自分が許せないのである。

 良いと分かっていながら、それを受け入れないという人のことが嫌いなのである。良いと分かっていないものを受け入れないのは当然で、良いと思っていないのだから受け入れてはいけないのである。
 しかし、良いと分かっていながら受け入れられない人ほど、良いと納得していないものを受け入れてしまうことが多いのはどうしたことだろうか。

 目に見える損は誰もが拒否するが、嫌悪によって損得が大きいということに対しては鈍感なのである。

 何に興味を持って、どんなことに嫌悪感を持つのかによって、その人の人生の大方は決まってしまうものなのである。

 嫌いな映画は観ないし、嫌いな家具を部屋に置くことはないし、嫌いなものを手に入れたいとは思わないし、嫌いな人のいうことは聞かないし、嫌いなものは食べないのである。
 好きな映画は観たいと思うし、好きな家具を部屋に置きたいと思うし、好きなものは、手に入れたいと思うし、好きな人の言うことは、信用するし、好きな食べ物は食べたいのである。

 年を重ねると、嫌いなものも好きなものも、自分ではよく知っているという自覚を持つものだ。しかし、食べ物や映画などのジャンルについては、よく知っているかも知れないが、こんな顔つきには否定的にとか好意的印象を持つ傾向にあるとか、どんな口調に対して嫌悪感や肯定的かが決まってしまうとかいったことのパターンについては、よく知らない人が多いのではないだろうか。

 自分の傾向を知っているかどうかは、知っているに超したことではないが、大した問題ではなくて、新しいことやものを見ることに愉しさを感じるかどうかが大問題なのである。

 自ら進んでものを良く見て、愉しさが見えてくるまで何も考えずに横から縦から表から裏から見て、ものは良く見るとどんなものでも面白いものなのである。

 あぁ愉しい。
スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード