FC2ブログ

Arena Condition

AM 9:50 Temperature 3℃ Humidity 43% 晴れ January 17, '13(Thursday)

 毎日冷蔵庫のような日が続きます。犬の水ようなバケツを、毎朝2つ洗って水を入れておくのが日課になっているのですが、少し水に触れているだけでも手先が痛くなってきます。

 今朝は良く晴れて日差しが強いので、雪が可成りなくなるのではにでしょうか。

 今のところ馬場半分ぐらいは雪覆われていて、雪のなくなったところも凍結していて、中々馬場が回復方向へ向かうことができません。

 



 「馬を出す」

 レイニングをやっている人にとっては、馬を出すということは永遠のテーマで、これで良いということはなくて、もっと出せればレイニングのパフォーマンスの精度が上がるのではないかと思っているのではないだろうか。

 馬を出すとは、一体どういうことだろうか。

 推進するということだが、馬が推進されると二つのことをして馬は反応しようとする。
その二つとは、ストライドをエクステンド(伸長)することと、回転を上げることで、ライダーとしては、ストライドのエクステンドを優先したいと思っているのだが、馬は、推進のプレッシャーを強くすると回転を上げてしまって、ストライドのエクステンドに繋がらないもので、ここがライダーの苦心するところで、ストライドを伸ばすということがライダーにとって永遠のテーマになる所以なのではないだろうか。

 馬の後肢はより速く走るために、グランドを引っ張ることとキックすることの二つをやっていて、馬が停止状態では後肢がヒップから垂直にグランドに向かっており(多少個体差がある)、この後肢が振り子の運動して、この垂直に下ろした線から馬体の下の向かっている領域がグランドを引っ張っていて、その垂直線から後方の領域がキックバックしているのである。
 そして、グランドを引っ張っている領域をより大きくすることが、ストライドをエクステンドすることであり、キックバックする領域が大きくなると回転速度が速くなって、却ってストライドはエクステンドされないのである。

 更に、只単にプレッシャーを強くして推進するだけでは、多くの馬はキックバックする方を優先してしまって、回転が速くなるだけでストライドがエクステンドしないのである。

 それでは、どうしたらストライドがエクステンドするようになるのでしょう。

 後肢のストライドをエクステンドするためには、後肢の着地位置と馬の重心との関係を考えなくてはならない。

 重心とはこの場合、ライダーが騎乗した状態における重心なので、第12肋骨にある馬の重心ではなくて、更にライダーを包括した質量の中間点の重心で、ライダーの姿勢によってより後肢の近くに重心を持っていくことができるのである。
 実際には、ライダーがスティラップに負重する度合いを小さくして、上体を起こして(後傾しない)極力シートに体重を負重するようにポジショニングする。

 そして、このポジショニングで作ったシートで馬を推進し、脚でのプレッシャーは、シートの推進の補助として用いるようにする。
 更に、後肢の踏み込みは、(A)頭頂・(B)肩・(C)後駆の3つのパーツを、(B)肩を支点としたシーソーをイメージして、(A)頭頂は作用点、(C)後駆は力点と考えて梃子の要領で、(A)頭頂を持ち上げて、(C)後駆を押し下げる。
 つまり、(B)肩を支点として、レインをピックアップして(A)頭頂を持ち上げるようにし、その対極作用として、(C)後駆を押し下げるようにシートに上体を起こして体重を負重するとともに、推進するようにシートでプッシュする。

 このとき脚は、シートプレッシャーの補助として馬が推進されないときに使うようにして、脚を主軸として推進しようとしないことが重要である。
 何故なら、脚を主軸に推進しようとすれば、自ずとスティラップに負重するようになって、シートプレッシャーを強くすることができなくなってしまうからである。

 恐らく多くのライダーは、レインコンタクトするときに、馬の頭を下げようとしていると思うが、そうではなくてむしろ起揚するようにと考えるべきで、サドルのフォークの少し前のところで、レインをピックアップするようにして、(A)頭頂だけを持ち上げようとするのではなくて、(A)頭頂から(B)肩までを持ち上げようとすることが肝心である。

 これらの行為は、収縮をさせて馬を推進するということであって、先ず、収縮させることができるようになるのである。

 レインをピックアップして(A)頭頂を起揚させるようにすると同時に(C)後駆を押し下げるように推進することによって、(A)頭頂と(C)後駆の位置を近づけることになり、結果的に後肢の着地位置を深くして重心より前にすることができて、収縮を形成することができるのである。

 但し、重要なことを忘れてはない。

 馬の学習は、緊張と緩和によって行うのであり、プレッシャーに対して馬がライダーの意図する反応をしたときに、そのプレッシャーをリリーすることを怠ってはならない。

 この方法は、馬に対して極めて強制力を発揮することなので、リリースを怠れば馬のフラストレーションは今までの比ではなく、直ぐに反抗や抵抗に繋がる。しかし、リリースを怠らなければ、このコンタクトは馬にとって極めて分かり易いから、ライダーの意図する方向に沿って学習するようになるのである。
スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード