FC2ブログ

Arena Condition

AM 9:50 Temperature 1℃ Humidity 48% 曇り January 16, '13(Wednesday)

 今朝は、とても冷たいです。気温が1度しかありません。

 昨夜曇っていたので、バケツの水は凍結してませんでした。

 馬場は、まだ雪が2/3ぐらいは残っています。中々溶けてくれません。

 こんな時は、のんびり過ごすしかありません。



 「梃子の応用」

 梃子は、(A)作用点・(B)支点・(C)力点の三点間における連動性によって作用が起きる。
(A)の荷物を持ち上げようとするとき、(B)を支点として、(C)の力点を押し下げようとすることによって、(A)を持ち上げることができる。その逆もまた同様で、子供の遊び道具のシーソーは、この梃子の原理の繰り返しを行っているのである。

 このとき、(A)と(C)の運動のベクトルは、全く反対となる。つまり(A)は、上に向かい、(C)は、下方へ向かうのである。

乗馬における内方姿勢は、馬体の頭頂(A)を作用点とし、肩(B)を支点として、後駆(C)を力点として、この三点の連動性においてその位置関係を形成する。

(A)頭頂は、内方へ、(B)肩は、外方へ、(C)後駆は、内方へ力を加えることによって、A・B・Cは内方へ曲線を示す。これが内方姿勢で、(C)後駆が内方へ中々向かわない場合、後駆に対して外方からプレッシャーを加えるだけでなくて、(A)頭頂を外方へ引きつけるような力を加えて、つまり内方姿勢を作る方向とは逆向きの力を加えることによって、(C)後駆の内方への運動を助ける。すると容易に、後駆は内方へ誘導することができるのである。

 (B)肩を絶えず支点として、(A)頭頂と(C)の後駆をコントロールすると考えれば、(A)頭頂や、(C)後駆のそれぞれ単独にプレッシャーを加えて、インサイドやアウトサイドのステップをさせようとするだけでなく、(B)肩を支点と考えて、(A)頭頂を動かしたいときは、(C)後駆を連動させてと考え、(C)後駆を動かしたいときは、(A)頭頂を連動させと考えて、それぞれ単独で動かそうとしないで、梃子の応用と考えて動かすことで、レインハンドと脚とで連携して操作することでより効果的に、それぞれのパーツをコントロールできるのである。

 3点支持の組み合わせよって、馬の態勢を作って、結果として馬の運動を作り出す。このときに、後駆の踏み込みや前駆のサイドワークなどを更にディープにしようとしたときに、支点を軸としてどのようなベクトルのパワーを作用点と力点にかけるかを工夫すれば、ライダーの意図とするフレームを作り出すことができる。

 平面的に馬のパーツの位置関係を作ることが、内方姿勢や外方姿勢や後駆のステップインなどであるが、このことを馬のフレームを形成するというのである。
 つまり馬のフレームを形成するとき、より効果的に行うには、梃子の原理を応用して、(A)頭頂・(B)肩・(C)後駆の3点支持の組み合わせと考えることが重要なのである。

 また立面的にフレームを形成するということは、収縮や屈撓ということであるが、これもまた同様に(A)・(B)・(C)の3点支持の組み合わせとして考えるのが最も効果的である。

 例えば収縮においては、(B)肩を支点として、(A)頭頂を引き上げるようにレインをピックアップしながら、同時に後駆にライダーの体重を負重しつつ後肢を前方へ押し込むようにすることによって、形成することができるのである。まるでシーソーのようである。

 これを脚の推進力のみで行おうとすれば、馬は運動速度を速めるという反応を示しかねないので、頭頂と後駆の位置関係を縮めることができなくなるリスクが起きるのであるが、頭頂を引き上げながら後駆の踏み込みを同時に求めることによって、梃子の原理が働いて収縮を容易に形成することができるのである。
勿論、屈撓もまた同様のことである。

 平面的にも立面的にも馬のフレームを形成する場合に、馬の(A)頭頂・(B)肩・(C)後駆の3つのパーツを便宜上区分して、これらの3点を組み合わせて梃子の原理を応用することが重要なことなのである。

 馬にどんなフレームを求めて運動をしようとするのかを、意図していることがライダーには必要不可欠であり、馬のフレームを形成する場合において、A・B・Cの各パーツを単独に働かせるのではなくて、3つのパーツの組み合わせを工夫して、その連動によって形成すると考えることが必要なのである。
スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード