FC2ブログ

Arena Condition

AM 9:40 Temperature 8度Humidity 20% 快晴 January 11, '13 (Friday)

 昨夜は、とっても冷え込みました。バケツに氷が張りました。

 快晴で雲一つなく晴れまして、とっても空気が冷たいです。馬場の日陰の部分に霜が残っていました。


 馬場は、ベストコンディションです。



 「パワーのベクトル」

 馬に乗って脚やシートで推進したときに、その推進のパワーが何処に向かっているのかが必然的に気になって、気になるというよりプレッシャーとそのパワーの向き(方向性 ベクトル)は一体的なもので、思うようにいったりいかなかったりと思うのは、推進のパワーが思うところへ向かっているかいないかによって決まる。

 推進のパワーが思うところへ向いていないとき、プレッシャーの場所や向きを変えるか、そのパワーの向いているところへ馬の頭をレイン操作で持って行くことによって一旦左右のレインの間で受けて、受けたパワーを思うところへもって行こうとする。

 多くの場合は、馬の頭をパワーの向くところへ持っていったとしても、問題が解決するということはない。
何故なら、推進のパワーが思うところへ頭の向きを変えたからといって変わるわけではないからで、つまり、推進のパワーが思うところへ向かうということは、馬のステップによって成されない限り解決しないからだ。

 そこで、推進のパワーの向かうべきところとは、そのときのライダーの思惑だから多様で特定し難いと思われがちだが、推進の向きは必ず決まっていて、実際は思うとこへ推進のパワーを持っていきたいものだから、プレッシャーを掛ける前に予め馬の頭をコントロールして思うところへ向くようにしようとするのである。

 しかし、馬の頭をコントロールしたとしても、推進のパワーが思うところへ向くという必然性はないので、馬の頭をコントロールすることによって、つまり馬の頭を支点(支え棒)にして、パワーの向かうところを思惑と一致させようとするのである。

 そしてライダーが思う推進のベクトルとは、進行方向に対してインサイドと決まっていて、インサイドとは、プレッシャーのベクトルと一致することで、アウトサイドとはプレッシャーのベクトルと反対側ということだ。
(インサイドとは、プレッシャーを加える点とレイン操作での支点とを結ぶ線の、進行方向側で、アウトサイドとはその反対側をいう。)

 このとき、ライダーが支点にしている頭の位置に対して、よりインサイドに推進のパワーが向かえば、思惑と一致して、そこ以外のところへパワーが向かえば思惑通りではないということになる。

 思惑通りに推進のパワーが向くかどうかは、プレッシャーのベクトルと支点である馬の頭のコントロール如何に掛かっているわけで、プレッシャーのベクトルに多様性はなくて粗強弱しか加減のしようがない。しかし、支点である馬の頭のコントロールには多様性があって、ライダーの思惑通りにベクトルを一致させるには、プレッシャーと支点とのパワーベクトルが交差する角度によって作られる反発角で決まるわけだから、プレッシャーのパワーが思惑通りに推進として繋がるようにするには、支点の作り方に委ねられる割合が大きいということになるのである。

 つまりレイン操作が的確にできなければ、推進のパワーのベクトルをコントロールできないのである。

 レイン操作を的確にとは、左右のレインの同じ長さだったり、ビットのマウスピースの向きをコントロールするようにレイン操作ができたり、そして推進のパワーと相対するように、ビットのマウスピースをコントロールできるということがなければ、推進のプレッシャーを思惑通りに、そのパワーをコントロールすることはできないのである。
スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード