FC2ブログ

Arena Condition

AM 9:40 Temperature 8℃ Humidity 20% 晴れ December 20, '12(Thursday)

 今朝は風もな良く晴れましたが、久々にバケツに氷が張りました。

 今年の寒さは、一ヶ月早いような気がします。ここ2ないし3年は、暖冬だったので、バケツに氷が毎日張るようになったのは、年開けてからだったように思います。しかし、今年は、寒いです。水道のホースの水が凍ったり、水道の水抜きをしないと凍ってしまいます。

 馬場は、良いコンディションです。


 「情動のコントロール EQ  emotional quotient」

 昨日、EQの話を記事にしたが、感情をコントロールするというと、平常心の時ではなくて、異常事態の時で、喜怒哀楽が激しいときやハイテンションになった時や恐怖や不安に苛まれたり、落胆したり挫折したり傷ついたり、とても喜ばしいときがあったりしたときを想定しまいがちだが、このような異常時は長続きするわけではないし、ハイテンションになっているときは気付かなくても、その時が過ぎるとある程度は自覚するものだから、その自覚によって後々修正することが可能になる。
 できればこんなハイテンションでも、感情をコントロールした方が良いに決まっているが、そんなに大きな問題だということではない。

 問題は、平常心の時の感情のコントロールなのだ。

 平常心の時に感情をコントロールできているという自覚なのに、感情に左右されてものごとの判断や選択をしていれば、自覚なく感情のまま行動をしていて理性を失っているから、修正することが難しいのである。

 何故、自分はそれを選択したのか。何故、それを選択しなかったのか。何故、そのような判断をしたのか。何故、そのような判断をしなかったのか。何故、気付かなかったのか。何故、気付いたのか。

 何故、今それをしているのか。何故、それを止めてしまったのか。

 誰でもが、自分の人生において、どんな完結を迎えたいかというより、迎えたくない完結を知っている。
しかし、ある特定したこととなると、迎えたい完結を認識していることが多くなる。

 例えば、やっているスポーツや趣味や娯楽などは、どんな将来が訪れるようにしたいのかを認識していることが多くて、それを目的にしているのである。

 ところが、その特定したことにおいてマクロとしての目標を認識しているものの、その時々つまりミクロの局面においては、その目標を見失ってしまうことがあり、時に長い時間が経過すると益々見失ってしまうのである。

 その見失っているときにも事態は刻々と過ぎていき、そんなときでも某かを判断して選択をしているのであり、その選択や判断が、感情に左右されているかどうかが問題なのである。

 勝負事に流れが向いているとか、逆風になっているとかいわれることがあるが、その流れとは、感情なのである。

 つまり、局面における選択や判断の時に、マクロとしての目標を見失って、感情に左右されるようになると、必ず消極的選択や判断をするようになり、事態はそれらの選択や判断によって益々悪化して、悪化するから益々消極的選択や判断をするようになるから、ブラックホールのスパイラルになってしまうのである。

 今の日本の原発問題と同じなのである。

 福島の原発事故で、多大な被害が進行していて、国民が総ヒステリック状態に陥っている。そんなとき、国家百年の計を判断するなどという愚策を弄しようとしているのである。
そのヒステリック状態を民意だと判断して、これに迎合して維新の会も第三局とかいう政治団体も民主党も、感情に流されて政治を語っているのである。

 つまり、感情が悪玉として活躍しているということなのである。感性が乏しいということなのである。

 平静時において、理性と感情が一致しないのは、未熟なのであり、つまり、子供なのである。そして、自分が子供だという自覚のない子供なのだ。

 長い時間が経過して怠惰な気分になっているときや、新鮮味のなくなった状態にあるときでも、感性が働けば、感情と理性が一致して、マクロとしての目標に近付くことができるようになったり、少なくても遠ざかってしまったりすることはなくなるのである。逆風の風が吹くことはなくなるのである。

 ミクロの判断や選択をするときに、その時の精神状態に左右されることなく、マクロの目標に照らして判断や選択ができるように、感情のベクトルを理とする目標へ向かうようにするには、金メダルを取った後のことをイメージしたり、金メダルを取れるような理想的モーションをイメージしたりして、動態視力というものがあるように、動態精神力を鍛える必要があるのである。

 ものごとは随時動いている状態にあるから、その動いているときはあらゆることが感情を揺さぶられるともいえる。
 激しく揺さぶられているときは兎も角、平静時において感情を揺さぶられているという実感がないときに、理性と感情が一致していることが重要で、このときに一致できていなければ、やがて激しく感情が揺さぶられて、更に誤った選択や判断をするから、ブラックホールのスパイラルに陥るのである。
 
スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード