FC2ブログ

Arena Condition

AM 9:50 Temperature 8℃ Hunmidity 30% 晴れ December 14, '12(Friday)

 今朝は、気温が10℃を切ってしまいましたが、風もなく湿度もやや高いせいか、寒くはありません。

 馬場は、ベスト状態ですが、東側半分ぐらいは今の時間日陰になっていて、うっすらと白く霜が残っています。

 ついに、今年生まれのメダカの食欲が全くなくなりました。

 Weanling  人間なら乳幼児。 馬は、0歳児 つまり、今年生まれの子馬の場合に、このように呼ばれます。

 Yearling  人間なら1歳児。  馬は、1歳児、 つまり、2011年生まれの子馬の場合に、このように呼ばれます。

 その後は、2Years Old 3Yeas Old とカウントしていきます。

 また牝馬の子馬は、Filly, 雄馬の子馬は、Colt と呼びます。成馬になると Mare(牝馬)、Stallion(雄馬)と呼びます。

 繁殖牝馬になると、Brood Mareとなります。


 因みに、Stallionというと日本では単純に種馬と訳されてしまいますが、本来は雄馬の呼称であって、種馬という意味も含まれると思った方が良いでしょう。

 また、セン馬(去勢馬)は、Geldingです。


 「体系 構造 組み立て Structure」

 馬のトレーニングには、体系というものが必要で、一般的にはプログラムという言い方をするが、プログラムではなく体系という言い方をするのは、川の流れにように何か一本の脈略としたプログラム全体に共通する原理原則があって、その原理原則を一貫して徹底することによって、馬が精神を安定させて一つ一つを学習できるように、手順や一定の時間的継続によって成し遂げようとする考えが必要なのである。

 どのような方法で、どのような手順で、実行するかということだけでなく、馬によって理解できる速度が違うから、どれ位の時間を掛けて同じことを継続したり繰り返したりするかをその馬に会わせたり、プレッシャーの強さもまた受け入れられる許容範囲が馬によって違うし、リリースもまた馬によって影響力が違うから、小刻みにリリ-スを入れてメンタルのリラックスをほどよく入れないと耐えられなかったり、プレッシャーに強かったりと個体差に調和させる(ハーモニー)必要がある。

 何れにしても、プログラムを実行するために、建築物の設計図があればそれで家が建つわけではなく施工図があるように、部材の収まり や手順を考えたり、手の入る隙間のないところに釘を打ったりすることのないように、馬のトレーニングにもまた、施工図といえるものが必要なのである。

 ステップをティーチングしたり、バランスバックをしたりする方法だけでなく、どれ位の時間を繰り返したり続けたりすることによって、馬が学習できるのかとか、どれ位のプレッシャーに耐えられるのかとか、どれ位の時間集中力を持ち続けられるのかとか、何を良いと受け止め、何を悪いと受け止めるのかというようなことなどを体系的に考えなければ、どんなに優れたプログラムであっても、馬はそれを受け入れられないのである。

 ライダーとして、何を馬が受け入れて、何を拒否するように、学習して欲しいかを認識してトレーニングを行っているのかどうかが大変重要なのである。
一つのプレッシャーを与えるときに、どんな反応を求めているのかを具体的にイメージしているのかどうかである。

 そこで馬を止めるということは、どんな意味を持って、そこで馬を回すことでどんな影響を馬に与え、そこでスタートすることは、何を意味し、1週でサークルを止めるのは? サークルを何周続けるかは? 何故バップアップするのか、そのバックアップで、馬にどんな反応を求めて、どんなステップを求めて、その求めをどのように馬が理解するのか。

 ライダーとして、馬と何を共有して、どんな要求をどんな気持ちで馬が受け入れるのかを認識できているのだろうか。

 何かを実行すると同時に、何故という疑問符が常に心にあって、その疑問符の解答を求め続けなければならないのであり、このことを一時も忘れることは許されることではない。
スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード