FC2ブログ

Arena Condition

AM 9:50 Temperature 10℃ Humidity 15% 快晴 December 11, '12(Teusday)

 今日は快晴です。毎日バケツの水が凍り始めまして、メダカの食欲が細くなって、今年はこんな寒さの季節を迎えたのが1ヶ月位早いように思います。

 ここ数年は暖冬だったので、1月中旬ぐらいまでは、バケツに氷が張るのが毎日ではなかったように思います。

 皆さんの地域は、如何でしょうか。

 

 「続ケーススタディ」

 昨日、ケーススタディについて記事を書きました。

 ケースブックメソードという裁判の判例に基づいて、法律を実際上の事例に沿って理解する方法として、生まれたのがケーススタディだということであるが、この方法は、従来人間が成長する過程において、学習していく方法を学問に取り入れたということだ。
 つまり、人間が言葉を覚えたり立ち居振る舞いを覚えたり、友人や隣人との交際や社会生活におけるマナーや人間性の確立など、その大半はケーススタディなのである。

 便宜上、何段階かのステージに区分してケーススタディを考察すれば、ファーストステージは、ケース(事例)を記憶するということだ。

 一つのケースと理解するとは、症状として現れた病気とその原因となった事由との関係性を結論づけるということで、このことがケースタディのファーストステージである。

 しかしながら日常生活では、原因と症状という関係性が最初から形成されているわけではなくて、継続的に症状(第一次現象)が現れて、その後に結果的症状(第二次現象)となるという具合に、棒を曲げていくとある時点で棒が折れるというような、熱が出て風邪の症状が現れて、2~3日して熱が下がって風邪が治るというように、目に見えるようにまたは手に取れるように現象が現れて、その現象にある関係性を以て次なる現象が現れるというように認識された場合に、それを関連づけて理解するというのがケーススタディのファーストステージなのである。

 一般人の多くは、このファーストステージのケーススタディを以て、止まっているということがいえる。

 少し賢くなると、幾つかの事例を理解する内に、一次現象の違う幾つかが同じ二次現象となったり、その逆に同じ一次現象が異なった幾つかの二次現象になったりしたケースを記憶するようになって、一次現象が異なっても同じ二次現象が現れたり、また一次現象が同じでも異なった幾つかの二次現象が現れたりするということを知り、熱が出たからといって必ずしも風邪だとは断定できないことや、熱が出たり喉が痛くなったりお腹がいたくなったりしたとしても、風邪であるとは言い切れないことを知るのである。

 この段階が、ケーススタディのセカンドステージである。

 子供があることをすると父親に叱られる、またあることをすると褒められるという体験が何回も続くと、一定の法則を理解して、やってはいけないこととやらなければならないことを理解する。
 ところが同じことをやっても叱られないときがあったり褒められないときがあったりして、また時によっては、褒められ方や叱られ方が酷く大袈裟だったりそれほどでもなかったりして、どうも学習した法則といえども父親の機嫌によって左右されるということを学習するのである。
 そして、ケーススタディのサードステージとして、同じことをするにしても、叱られないようにするには、父親の機嫌が良い時を狙ってすればいいということを学び、父親の行動をコントロールするのに有効な手段を見出すのである。

 ケーススタディのファーストステージは、一次現象と二次現象を関連づけて学習するということで、セカンドステージは、複数の事例の共通項や共通しない事項を関連づけて理解するということで、サードステージは、一次現象と二次現象との関連性には、父親の精神状態という別の要素が大きく関わっていることを理解して、一次現象も二次現象も異なることであっても、三次元の要素の作用によって、二次の現象を引き起こしていることを理解するということなのである。

 例えば、異なる2つの殺人事件において、犯人も被害者も事件現場も全く関係のない事件であっても、意図的殺意があったことを以て同じ量刑が下されるというような結論を得るのは、ケーススタディの最終段階のステージだということができる。

 我々は、日常生活においてケーススタディを意図としないで生きているので、多少賢い人でもセカンドステージで止まっているので、極力サードステージまで進めるようにすれば、世の中の景色がまるで違ってくるのである。

 このためには、セカンドステージの理解を進めることが重要で、セカンドステージによって導き出される法則を絶えず模索して、幾つかの事例の共通する法則を導くように、ものごとを分析するように興味深く観察していれば、複数の法則に共通するマクロの法則が見つかるのである。

 複数の法則に共通するマクロの法則を見出すことと、同時に共通しない法則というものも導き出せば、ものごとをより厳密に特定することになり、複雑多岐に亘る現象が、実は可成り少ない真理で括ることができるということに辿り着くことができ、森羅万象全てのことは、一つの真理を以て説明できるということになるのである。
スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード