FC2ブログ

Arena Condition

AM 9:55 Temperature 13℃ Humidity 22%  快晴 December 5, '12(Wednesday)

 快晴です。久々にからっと晴れた日になった気がします。湿度も極端に低いです。

 馬場は、可成り水浸しで、不良コンディションです。今日どれほど回復するか、明日までは駄目だと思います。

 

 「おかしな話だが本当の話」

 ものごとを知ることができたり、上達したりすることによって、理解できなかったことや上手くやれなかったりしたことができるようになるというのが常識で、誰もが異論のないところだろう。

 私は、この常識や定説となっている論理は、決定的な間違いをしているのではないかと思う。

 全くおかしな話だが、理解できるようになってものごとを知ることができて、上手になる前にできて、できたから上達する。
 つまり順序が違うのである。ものごと知る前に理解して、理解できたから知識として体得するということであり、運動や技術であっても、上達することによってそれまでできなかったことができるようになるのではなくて、上達する前にちょっとしたことや単純なことや人間として既に備わっている運動を、正確にとか正しくとかしっかりとかやれることによって、つまり元々できることを、疎かにしていたことを、正確とすることによってできないと思っていたことができ、そのできた後に上達するのである。

 ものごとに対する理解や知識については、ある程度理解できるかも知れないと思う。
 ものごとを知る前に理解は始まって、理解できることによって知識として知るという順序で理解と知識の関係性があることを、理解できると思うのである。

 理解できない話を聞いたり本を読んだりしても、頭に入らないという経験は誰にでもあると思うが、このこと事態が、理解の後にしか知識を得ることができないことを証明しているのである。

 ところが、知識がなければ知らない存在を選択できないとか、知識がなければ、その存在を発想できないとか、未知の世界を見ることができないと思い込んでいるのである。

 実際に人類は、それまでなかったものを幾つも数え切れない程のものを生み出して、今日の社会を創り出しているのである。しかし、それらの発明や進歩は、特殊な人間や訓練や教育を受けたものだけができたことで、普通の人にはできないことだと思い込んでいる。

 また、発明したり発見したりしたことは、それまでなかったものを生み出していると思い込んでいるが、それまでに存在したものの組み合わせや組み立てる順序を変えたに過ぎないのであり、そして、なかったものを生み出せるということもない、発見は、それまで存在していたものを見ることができたに過ぎないことなのである。

 人間の能力は、生まれたときから既に備わっていて、何らかの能力が身に付くというより、備わっている能力の中から必要な能力を進展させると同時に、必要ではない能力を捨てているのだそうだ。そして、元々備わっていない能力が身に付くことはないのである。
 つまり、元々持っていた能力の中から、必要な能力が特化すると同時に、その対極にある必要でない能力を減退させながら、成長しているのである。

 従って、ものごとを理解した後に知識を得るのであって、理解した後に本質を知ることができるのである。

 運動や技術においても、元々持っている能力を特化することによって更にその技能が高まり、特化させない能力が減退するのである。

 その特化させるというのが、訓練であり修業なのであり、そして一番有効な学習は、日常生活の営みで、何を意識的に意図して行動するかで、その行動に要する能力がドンドン特化して、能力が高まるのである。

 つまり、能力を高めたり知識を広めたりしようとするなら、今できることや知っていることを、更にもっとと思って訓練することが、極めて合理的で効果のあることなのだ。

 知識を広めようとするなら、今知っていることをもっと深く突き詰めて、徹底的にその真理を追いかければ、その付帯的事項もその真理を追いかけていく過程において知ることになるし、本質に近付くことができるのである。

 これと同様に運動も技能も、今できることがとても重要で、できないことができるようになることはないのであるから、できないと思えたり困難だと思えたりすることであっても、そのことを自分の今できる段階まで分解して、そのできることを徹底して精度を高めるように、つまり備わっている能力を特化させるようにすれば、やがて上手くできるようになれるのである。

 しかし、今自分ができることが眼中になく、目的や義務を果たそうとするばかりでは、長い時間忍耐するか、自分の能力の無さを熟々思い込む日常を過ごすだけになってしまうのである。

 ものごとは、知る前に理解ができてこそ、その後に知ることができるのであり、そして理解するということは、言葉にしてものごとを説明できることではなくて、感覚的に本質に触れることなのである。

 技術や運動においてもまた、備わっている技能によってできる能力を高めることに上達があり、今備わっている能力をできる限り駆使して、その能力を発揮することを繰り返すことによって、飛躍的に能力を高めることができるのである。
 飽くまでもできないことができることはないし、上達してできるようになるのではなくて、できることがより簡単にできるから、上達することができるのである。

 今やれていることを疎かにしている人に上達はないし、この瞬間において何をやろうとして、そのやろうとしていることが果たしてどれ位できるかに興味を持てない人が、飛躍することはあり得ないし、その逆に日常的で単純なことや在り来たりのことを訓練して、誰にも真似できないような精度に高めようとする人は、忍耐も努力も何ら必要とせずに天才になれるし、飛躍的に進歩できるのである。
スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード