FC2ブログ

Arena Condition

AM 9:30 Temperature 14℃ Humidity 24% 快晴 November 21, '12(Wednesday)

 今朝も雲一つない快晴です。湿度も低いです。

 馬場は、昨日からベスト状態です。

 

 「デモンストレーション・Q&A」

 新企画として、デモンストレーション Q&Aを始めたいと思います。

 お客さん一人一人に、テーマを予め決めて頂いて、そのテーマに基づいてギャラリーの前でデモンストレーションしながら、ギャラリーの質疑に応答して頂くというものです。

 普段私が、デモンストレーションクリニックをしますが、それはあるテーマに沿って、説明しながら実際に馬を動かしてやってみせるというものですが、同じような形式で、お客様が日頃自分の馬を良くするために、考えて実践していることを、ギャラリーの前でデモンストレーションしながら、説明をしていき、そのテーマに沿ったギャラリーの質問に応えるというものです。

 乗馬に対するポリシーや、馬を柔らかくするとかリラックスさせるとか従順にするとかいうテーマでも、またスピンやストップやサークルのスピードコントロールやガイドなどのパフォーマンスをテーマでも、これらの中から任意に選択して、持ち時間1時間内外で、このような方法でやっているとか、このような考えの基にやっているとか、こんなことに拘ってやっているとか、ここを注意してやっているとか、以上のようなことを口頭で説明しながら、実際にデモンストレーションして、ギャラリーの皆さんに分かり易く披露するというものです。

 そして、それを見ていたギャラリーからの質疑に応えるというもので、ギャラリーは、矛盾点を指摘したり説明を求めたり、疑問が湧いたりしたことを質問して、デモンストレーターはこれに応答する。

 この企画の目的は、ライダーが独り善がりになっていたり、説明とやっていることがちぐはぐだったり、口頭では正しいこといっているにも関わらず、その通りやれてなかったり、説明自体が意味不明だったり、考え方そのものに難があったりすることに、実際にギャラリーの前でデモンストレーションすることで、正しいことを確認できたり、矛盾に気付いたり、説明通りにできているかどうかを確認することができて、自分のライディングを客観視できるチャンスを作るというのが、この企画の目的です。

 多分多くのライダーは、この企画に消極的だと思いますが、乗馬は、特に我がクラブにおいてのポリシーとして、「乗馬の目的は、馬を良くすることで、全てのライダーは、トレーナーだ。」という考え方は、絶えず自分を客観視して、意図するように実践できているのかどうかを把握することが何よりも重要で、実態を把握していれば、例え考えていることが間違っていても、状況を客観視できていれば必然的に間違った考え方は、間違った結果を生み出すので、その結果を見ることによって、自分の間違った考え方を修正することができる。
 しかし、自分のライディングを客観視して絶えず状況を把握できなければ、考えが正しくても間違っていても独り善がりに陥ってしまって、迷路を突き進むが如く訳の分からないことになってしまっているにも関わらず、そのことに気付かないことになるのである。

 これらのために、今回の企画によって、如何に独り善がりになっているかを確認して頂きたいと考えました。

 「乗馬の目的は、馬を良くすることにあり、全てのライダーは、トレーナーだ。」というポリシーで、乗馬をすれば、誰でも自然に上達して、その上達と同時に馬のクォリティが上がるはずなのに、どうもその成果が上がっているようには到底思えないのです。

 このポリシーで乗馬をしているにも関わらず、その成果が上がっていないとしたら、この考え方自体が間違っているということになる。

 ところが、私の見る限り、このポリシーで乗馬をしている人がいないのです。従って、上達していないし、馬のクォリティも良くなっていないのは、当然の結果なのです。
しかし、問題は、そのことにライダーの一人一人が、自分のライディングを客観視できていないし、そのことに気付いていないし、自分の姿を誰に対しても解放して裸になって、目的に取り組むという姿勢がないということなのです。
 本来は、誰か第三者に対して解放するというよりも、自分自身の心を縛っているものから自分自身を、解放する必要があるということで、そのために第三者の前で裸になる必要があるということなのです。

 このポリシーに疑問を持っているから、やらないというのであれば問題外ですが、やっているつもりなのに成果を上げることができないとしたら、私から見るとやっていないように見えるのに、自分ではやっているつもりになっているということで、独り善がりになって、自分を客観視できていないということが原因なのです。

 そこで、この機会にお客さんにギャラリーの前で、デモンストレーションして頂き、質疑応答をすることによって、その独り善がりに気付いてもらおうという企画なのです。
スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード