FC2ブログ

Arena Condition

AM 9:15 Temperature 24℃ Humidity 40% 晴れ October 22、'12(Monday)

 今朝は、快晴ではありません。

 快晴とは、視認できる空の範囲で雲が1割以下の場合を、学術的には定義されているようです。

 馬場は、ベスト状態です。

 

 「感覚と大脳の叫び声」

 人間は成長すればするほどか、日本の社会にいればいるほどかは定かではないが、多分後者の方だと思うが、大脳が支配している状態で生活をしているもので、何時の間にか大脳が支配していることさえ気付かずに過ごしている。

 大脳が支配している状態で生活していると、まるで自分と大脳は一体であるかのように大脳は振る舞い、そのように思い込んでいるから、その分だけ五感で感じている情報が、大脳のフィルターに掛かってしまうか、無視してしまって、無かったことになってしまうのである。
 そして、無視している感覚情報があったことさえ認識しなくなって、大脳が選択している感覚情報しか、自分は感じていないと思い込んでしまって生活をしているのである。

 大脳がものごとを判断して取捨選択しているのは、今日の日本社会では常識のようにいわれているが、こんな非常識はないのである。感覚情報が大脳の選択したものだけに限られてしまうのは、大変危険なことで、それでも人間は良くできていて、生命の危険や不安や恐怖に対しては、大脳がどんなに頑張っても、無視できないので、身の安全を守ることができるのである。

 つまり、このことをとっても身の安全を守るのは、大脳ではないという証拠でもある。

 身の危険などのマイナス要因だけでなく、プラス要因も大脳では察知できないのに、マイナス要因にだけ敏感になって、プラス要因については身につまされないから、大脳が支配して鈍感になってしまい大きな損失をしているのに気付かないのである。

 そして、最も大きな損失は、一言で言えば感性が鈍くなってしまうということで、ものを見たり聴いたり触れたりしたときに、それらが持つ質感に鈍感になって、感動が無くなったり閃きが起きなくなったりしてしまうことなのである。

 体を鍛えたりスポーツの上達を期したりするときは、特に大脳支配は上達を遅くしたりするだけでなく、本当の喜びを見出せなくなったりしてしまうのである。

 人間は、何によって充実感や満足感や感動や喜びを感じるのかまで、大脳が支配すれば、大脳に蓄えられた知識の範囲でしか、ものが見えないし感じられなくなって、どんなに努力してもものごとの本質に出会うことから遠ざかってしまうのである。

 自分にとって、今何がかけがえないものなのか、得難い経験は何か、得難い友は、得難い環境は、今手にあるもので貴重なものは何か、そしてこんなことも大脳が支配して決めていれば、失ってからそれがどんなに大事なものだったかに気付いても手遅れだし、二度と生まれ変わることがない自分の人生を輝かしいものにできなくなってしまうのである。

 こんなことがないようにすることは、容易なことなのである。それは、自分の心の声を聞くことだ。

 この瞬間に、自分は本当に満足しているのか、何か見えないようなもどかしい思いはないのか、手放しでできるような状態になっているのか、何も考えずにできるのか、こつに頼っていないか、本当にできるといえるものがあるのか、これらの問い掛けに自分はどのように応えることができるのかを聞けば、心の叫び声を聞いたことになって、何をすることが今必要なのかを教えてくれるのである。

 もやもやしている状態を続けていれば、何時か霧が晴れるのではないのである。

 ターゲットをはっきりさせ、今やっていることがクリアリーになっているのかを自分に問いかけて、なっていなければなるまで、クリアリーになるとはどんなことなのかを見つけ出して、徹底してやり遂げることなのである。

 どんな些細なことでも、クリアリーになるまで徹底することを、一つやり遂げることが必要なのである。
たった一つだけで良いのである。一つ徹底してやり遂げることができれば、感性で生きるとはどういうことなのかを理解できるし、大脳支配から解放される意味も分かる。

 大脳支配から解放されるには、自分の心の声を聞いて、その叫び声に忠実になり徹底して一つをやり遂げることなのだ。

 自分が3ヶ月前の自分と同じだということは、大脳に犯されているという証拠で、感性がドンドン鈍くなっていることを物語り、そこに危機感を感じていないのは、大脳に支配されているからなのである。

 志が低いとか、夢がないとか、向上心がないということはなく、只単に大脳が支配して、大脳が思い浮かべること全てが、自分が思っていることだと錯覚しているからなのであり、そこから解き放たれるには、放たれようとする必要はなく、只人の心の奥や表面に漂うファジーな感覚に耳を貸すことで、曖昧模糊としていることをそのままにせず、はっきりさせようと徹底するだけで、問題は解決し、解決した後に見る風景が違ってくるのである。

 一度でも違う景色を見た経験を体験すれば、全ての目標は違った景色が見えるまでを以て徹底したといえるものであり、景色が変わらなければどんなに上手くできたとしても、徹底できたとはいえないと知るべきなのである。
スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード