FC2ブログ

Arena Condition

AM 9:20 Temperature 34℃ Humidity 40% 晴れ August 20, '12(Monday)

 今日も暑い朝です。若干湿度が高いものの時雨もなさそうです。


 今週は、競技大会週です。


The 5th PBC 2nd Scene 2012

PRBCのサーキット第3弾です。


 8/23(木)  Open/Non Pro/Int Non Pro Reining 1st Go Round

8/24(金)   Ancillary Open

Green Reining

8/25 (土)   Non Pro /Int Non Pro  Reining 2nd Go Round

Open 2nd Go Round

Team Roping Dummy Head

Green

Non Pro

是非ご観覧頂けますようご案内申し上げます。

 そして、大会の結果は、その日の競技終了後に毎日 随時 PRBC ウェブサイトで公表しておりますので、是非こちらの方もご覧ください。

http://prbc.jp/


 「信用する自分と、信じてはならない自分」

 自分はできる。自分には不可能はない。何でもできる。望めば叶う。などといったことは、何ら根拠なく無条件に信じたり、自分の可能性を信用したりすることによって、不可能を可能にするので、このように思い込むことが何よりも重要なことである。

 しかし、その反面、自分の感覚や習慣や癖や性格といったものを、疑ってかかる必要があり、根拠を求めたり立証しようとしたりして、自分を信用できるように育てる必要がある。

 特に未熟な自分の「やりやすい」とか「いい感じ」とか「正しい」とか「間違っている」などといった自分なりの解釈や判断を、疑ってかかる必要がある。
 何故なら、未熟な自分の感覚や思い込みで下した判断や解釈だから、そのまま鵜呑みにして、これを基盤としてどんな発想をしても試みをしても、幸運に恵まれなれば成功することはないからなのだ。

 つまり自分の感覚や思い込みを信用できるように育ててこそ、信用に足る自分になることができるのである。

 しかし、ここが難しいところで、自分を疑う前に一旦自分の感覚や思い込みを認識する必要があって、自分はこのように感じた、このように思っているということを信用できないからといって、無視してしまうことは断じてならないのである。
 感じたことや思い込んだことをしっかりと自認して、そのことを疑ってあらゆる角度からその根拠を求めて、立証することが必要なのである。
 そして、立証できないことは捨てて、立証できたことだけを信用する。しかし、一旦信用したからといって、永遠に信用してしまうということではなく、何か気にかかったり新しい気づきが起きたりしときに、また疑って根拠を求め直して、耐えず自分の思い込みや感覚をリニューアルするという作業を怠らないことが、信用できる自分を作るということなのである。

 特に、やりやすいとか上手くできるということが信用ならないことなのである。疑ってかかるということは、無視することとは違うのであるから誤解しないようにしなければならない。

 初心者が、感じたことや疑問に思ったことを指導者に投げかけると、まだそんなことはどうでも良いとか、初心者だからそう思うとか言われて取り合って貰えないことが良くある。それは、子供がお父さんやお母さんに疑問をぶつけると、まだ子供は分からなくて良いとかまだ早いとかいわれるのと同様で、その時に起きた疑問や感覚や感情を、何らかの整理を試みようと思って指導者に聞いているのに、子供扱いされるので、まだ自分は初心者だから分からなく良いと思い込んで、自分でもこれを無視してしまうのが習慣になってしまう。

 しかし、重要なことは、自分の中に起きた思い込みや感覚を無視してはならないということで、どんなに他人に無視されようが時には嘲笑されようが、自分の中に起きた感覚や思い込みを無視することなく自認して、この疑問を解明しようとしたり立証したりしようと試みて、誤解であればこれを正し、正しければこれを信用して、何時如何なる時でも取捨選択を何らかの客観的根拠によってしなければならないのである。

 人間は、一生未熟で未完成な生き物だから、育成教育をし続けなければならない。そしてそのために、自らの心に起きた感情や感じた感覚や思い込みを無視することなく自認して、しかし自認したからと言って無根拠に安易に信用することなく疑いを以て望み、確信できるまで論拠や立証を求めて止まないことが何よりも重要なことなのである。

 そしてまた、絶えず自分の感覚や感情や思い込みをリニューアルすることを怠らない自分を、全知全能の人間になれる可能性を信じて疑うことなく、ものごとに望む必要があり、これを信用することができるからこそ、可能性を実際のものにすることができるのであって、技術もないし能力もないからといって、可能性までも疑うようでは、できるものもできなくなってしまうのである。

 能力も技術もない自分の可能性を根拠なく信じて、自分の中に起きた感覚や感情や思い込みを無視せずに自認し、これを鵜呑みにして信用することなく確固たる根拠を求めて、信用に値する精度へと高めることを怠らないことが、根拠のない可能性に根拠が生まれるのである。


スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード