FC2ブログ

Arena Condition

AM 9:45 Temeprature 36℃ Humidity 34% 晴れ July 30 ,'12(Monday)

 とても暑い日が続きます。台風が2つ来ているようですが、関東地方には影響はなさそうです。
しかし、九州地方は、またまたまともに来てしまうようです。九州地方の方々には心からお見舞い申し上げます。

 さて、土日の初心者向けのクリニックは、如何でしたでしょう。

 クリニックの後に乗られた方を見ると、一生懸命やろうとしている姿は、見えるものの正しくできている人は少なく、そんな正しくできていないときに、それをどんな解釈するかによって、その後にどんな状況を作るのかを決定付けているものの、この人達は、その解釈がどんなに重要であるとか、解釈しているという認識すら持っていないように見えました。

 その姿を見ているときに、イデオロギー(観念・思想信条)の問題だと感じました。



「イデオロギー(観念・思想信条)

 ある指針を以てものごとに取り組んでいるものの、思うようにいかないとき、この事実をどのように解釈するかによって、その後の行動がまるっきり違い、行動が違えば結果もまた全く違うものになってしまうのである。このことは、一旦何らかの解釈をして、その解釈をもとに行動を興して、また結果が思うようにならない場合でも、その再び出た結果についてどのように解釈をするかによって、次の行動も決まり、行動も決まるから結果もその行動によって誘引されるのである。

 この解釈は、その人のものの観念論や価値観やファーストインスピレーションや思想信条に関わりを持つのではないだろうか。

 何故なら、何らかのサゼッションを受けて、それなりに理解したつもりで行動をしたときに、その結果が思わしくないとき、その解釈は大きく二つに分かれるもので、一つは、その方法を正しくやれてないから、結果が思い通りにならないという解釈か、もう一つは、対象となるものに何らかの欠陥があるから思い通りの結果が得られないと解釈するかである。

 対象となるものに何らかの欠陥や不都合があるからだと解釈すれば、当然次なる行動は、対象物に対して何らかの影響を与えることを、主体的に行動するということになり、正しく方法を実施できていないからだと解釈をすれば、当然自分の行動をチェックして、自分の行動の結果を探るようにして、行動の改善を主体的考えることになる。

 この二つに解釈が分かれるのは、その人が持っているイデオロギーの問題なのではないだろうか。

 その前にサゼッションを受けたときに、そのサゼッションを受けた方法を知らなかったから今の結果があると考えているのか、サゼッションを受けた方法を知らなかったからできなかったのではなくて、その方法を実施できる能力が欠けているからと考えるかによって、全く違うことが頭の中に存在することになるになる。

 方法を知らなかったからできなかったと思ってサゼッションを受ければ、当然サゼッションを受けた後に行動をしても結果が変わらないとすれば、当然対象物に、何らかの欠陥や不都合があると解釈するに決まっているのである。
 しかし、方法を知っていたからと行って、それを正しく実行できるスキルがないから上手くいかないと思ってサゼッションを受ければ、これまた当然自分が正しくやれるようにという心情で実行するし、結果が思うようでなければ、尚更自分の行動をチェックするという方向性のある行動になるのである。

 同じサゼッションを受けた人達の行動が、全く違ってしまうのは、元々の思想信条が違うからであって、サゼッションを正しく理解できていないからではないのである。元々耳で聴いている音が違うということである。

 同じサゼッションを受けても、最初から受け取っていることが違うということで、新しい方法を知るのかどうかではなくて、新しい方法を知ることによってできると考えているのか、方法の問題ではなくて、正しく実施できるかどうかにかかっていると元々思っているかどうかなのである。

 思うような結果が出ない理由は、殆どの場合正しく実行できる能力がないか、主体的に考えなくてはならないポイントが違ってしまっているかなのである。

 正しい方法でもそうでなくても、結果が正しいかどうかではなくて、自分の思っている結果が出ているのかそうでないのかを見るべきなのであり、思い通りの結果が出ていないのであれば、行動と結果の因果関係についての考えが違っているか、考えが正しければ実行が間違っているかのどちらかしか考えられないのである。

 そして考えが正しく結果もまた思い通りであって、その結果が正しくないときに、初めて方法が間違っているという結論を導くことができるのである。

 出ている結果に対する解釈を、正しいか正しくないのかという判断をしようとする前に、思い通りなのかそうでないのかという判断をする必要があるのである。

 思い通りの結果でない場合は、考えている方法を正確に実行できていない場合と、方法と結果の因果関係に関する考察が間違っている場合との二つの要因が考えられる。そして、多くの場合は、正確に実施できていないことが原因なのである。

 従って、サゼッションを受けたときに、思うような結果に結びつかないとき、最初にチェックしなくてはならないことは、正確に実行できているかどうかをチェックしなくてはならないのである。

 正確に実行できているかどうかをチェックする意識が生まれない人は、イデオロギーを変えなくては、自分を省みないことを正すことはできないのである。

 未熟者は、正確に実行する技術がないから、思うような結果を出せないのであって、方法が間違っているからなのではないのである。

 愚か者は、結果を解釈するイデオロギーが違うのであり、結果を恨み方法の更新を絶えず望んで、何一つ「これだ」といえるものを掴むことなく人生を送るのである。
この人種は、サゼッションに何ら意味を持つことはないのである。
スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード