FC2ブログ

Arena Condition

AM 9:00 Temperature 28℃ Humidity 55% 晴れ July 24, '12(Tuesday)

 今朝は、とっても暑いのかなと思って外に出てみるとさほどではありません。雲のあるせいかと思いますが、日中はとても暑くなりそうです。

 馬場は、少し乾燥気味になりつつあり、水を撒こうかどうか迷いそうな状態です。

 

 「思っていることとやっていること」

 思っていることとやっていることが違うことがよくあるもので、そしてそれを気付かない。
 気付いていないのだからどうしようもないが、気付いていないことがあると思って気をつければ、やがてやっていることと思っていることとが一致するようになるのだ。

 ここでいうところの思っているとは、イメージしていることとか意識していることという意味ではない。自分のやっていることを、このようにやっていると思い込んでいることという意味である。

 このギャップの大きい人は、大体決まっている。自分が見えない人で、どんなことをやっていても、認識と実際の行動がかけ離れているのである。

 死ぬまでこのような人は、自分が見えないままなのかも知れないが、どうにか気付く方法はないものだろうか。

 多分これを読んで自分は、この中に出ている人とは違うと思っているに違いない。
 ギャップの少ない人は、これを読んで自分にあるかも知れないから気をつけなくてはと思い、ギャップの大きい人は、絶対に自分のことではないと思っている人だ。

 自分のことを意識の何処かで疑っていないと、このギャップを埋めることはできない。しかし、疑わずともギャップを埋めることができる方法がある。

 それは、行動の結果において妥協せずにその良否をしっかりとジャッジすることだ。

 そして結果が良くないときに、方法や技術の問題だと思いがちだが、最初にチェックすることは、行動と認識のギャップがあるかどうかなのだ。
 それが、ギャップのチェックを省略して、方法や技術の問題に思考が向いてしまう人は、間違いなくギャップの大きい人なので、特にそんな人は、自分は行動と認識がかけ離れてしまう人だという自覚を持つべきなのである。

 また、行動と認識のギャップが大きい人は、大脳であれこれ手足を動かしてしまう人が多いのである。

 自分の行動によって、起きている対象となるものの反応や状況を感じ取れないから、ギャップが生まれるので、自分がやらなければならないことの意識が強くて、行動の影響がどのようになっているかに気が回らないのである。

 自分のやるべきことは、イメージするだけで充分だから、実際に行動するときは、一切自分のやるべきことを忘れて、その行動の影響によって起きる様々な反応から感じる感覚だけに気を配る。そうすれば、行動と認識にギャップはなくなるのである。

 愚か者とは、自分の姿を客観的に見えない人のことで、愚かしいい事をする人のことではない。自分の言動とその認識に大きな開きのある人は、周りのことが見えなくて、見えないものだから自分の本当の姿もまた見えないのである。そしてそのことに本人が気付いていないのである。

 行動と認識が一致しないことは、とても危険なことで、誰でもが一致させたいと思っていると思いきや、一致しているということを疑ったことがない人は、当然一致していると思っているから、一致させたいという願望を持つはずがないのである。

 誰でも行動と認識を一致させたいと思う必要があるのであり、その前に行動と認識は、訓練しなくては一致しないものだという理解をしなくてはならない。

 ものごとを上手にできないとき、単に技術がなくて手足を思うように動かせないからできないと思ってしまうのである。確かに手足を思うように動かせないからできないのだが、思うように動かせる前に行動と認識が一致していないことに気付かなくてはならない。つまり、技術がなくても、手足がどのように動いてしまっているのかを、認識できないという事実を確認しておく必要がある。

 下手は下手なりに手足がどのように動いているかを認識できていれば、改善が容易なのであるが、その下手な動きがどうなっているかを正確に認識できないから、改善できないと考えるべきなのである。

 下手な動きになっているかどうかは、どうでも良いのである。何故なら結果を見れば自ずと上手にできていないことは分かるからである。しかし、その動きがどうなっているかを知る必要があって、そのために、手足を動かしたときに受ける感覚情報によって、状況を知る必要があるのであり、状況を掴むことが自分の姿を見ることであり、行動と認識を一致させることなのである。

 行動するときに、事前に行動と認識は当然一致しないということを自覚し、行動をそのものは理想とする映像をイメージして、そのイメージ通りコピーするようにして、意識は絶えず体の末端で感じる感覚に注目するようにする。然らば、必ず行動と認識が一致するようになり、認識と行動が一致すれば、行動を改善してイメージした映像と同様またはそれ以上の行動をすることが可能になって、結果もまた目的に沿ったものを出すことができるのである。
スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード