FC2ブログ

Arena Condition

AM 9:15 Temperature 10℃ 曇り March 7, '12(Wednesday)

 これから徐々に晴れるのか、今はぶ厚い雲に覆われています。

 馬場は、不良です。週末も天気が悪いようで、昨年暮れから1月2月全般は、こんなに雨が降らなくて大丈夫かというぐらい天気の良い日が続いていて記録物だったのが、取り返しをされるように、このところは、不順な天気が毎週末です。

 こんなこともあるのでしょうね。

 気楽にやるしかないでしょう。


「あなたはどっち」

 初めて人と出会って、その人(A)のいうことに感銘を受け、論理的に納得して敬意を持った。
 その後数ヶ月Aと再び会うことがない間、Aのことをよく知っているという人(B)から、Aの悪い評判や経歴や技術力の低さなどを聞かされた。
 因みに、評判や経歴などを教えてくれたBは、最初に敬意を持ったAと職業上競争関係にある人だった。

 こんなときあなたは、後から聞かされたことを信用して、それまで敬意を持ったことを排除して、Aと接することを避けたり、いうことに耳をかさないようにしたりするでしょうか。

それとも悪い評判や経歴など聞かされたことを、本人Aに確かめたり、敬意を持ったAと利害関係のない人(第三者)に聞いたり、忠告してくれたBのいうことの真偽を、何らかの方法を駆使して確かめてから、その敬意を持ったAに対する評価を決める。

 また、Aは自らの技術や論理展開を以て展開しているのに対して、BはAの批判ばかりしているのでBの人格を疑い、Bを信用しない。

 更にまた、また、AとBのいう論理と技術のレベルを比べて、評判や経歴に囚われずに、それぞれの評価を下してどちらかを選択する。

 さて、あなたはどっちでしょう。

 更に、自分がその評価される対象(A)であった場合、あなたはどう思いますか。

 先ず、自分が損をしないために、客観的情報を獲得しようとするのか、それとも忠告してくれるBのいうことを信じてしまうのかという選択である。

 Aは、少なくても(B)のことに関して言及せずに、自らの技術的論理を披露して、その内容で自分は敬意を持ったのであり、(B)は、こちらから聞きもしないのに(A)のことの悪いことばかりに言及するだけでも、(B)が胡散臭いと感じてしまう。

 Bのいう通りAが悪い人間であったとしても、いっていることや技術的なことが高いレベルで自分にとって役立つのであれば、Aのことを全否定してしまうのはあまりに幼稚な判断ではないだろうか。

 自分以外の人を批判することによって自分の正当性を主張することは、断じて認めることはできない。飽くまでもB自身が自分の正当性を主張したければ、自分の技術や実績によってすべきであって、他人の実際が劣悪であることとBが優位性を持つこととは何ら因果関係がない。

 近々の芸能界の話題でマインドコントロール事件があったが、Bのいうことを真に受けて、Aのいうことは勿論Bのいうことを否定する人のことに耳を貸さなくなってしまう土壌が、日本には蔓延しているのではないだろうか。

 いい歳の大人が親に救出して貰って、その奴に対して、簡単に芸能界に復帰して欲しいなんていう芸人仲間の発言が何と軽薄なこと、聞いてい腹立たしくて仕方がない。



 自分がAの立場になって考えてみれば簡単に分かる話なのに、自分がAの立場でないと、Bのいうことに惑わされるのも仕方がないのではなんて思ってしまうのである。

 例えば、自分がAの立場で、謂われのない中傷を受けたとすれば、中々我慢できる話にはならないはずなのである。

 大それた中傷でなくて、人の物でも平気で使ったり盗んだり、よく人の悪口をいう人だとか、自分が会ったこともない人にいわれていたとしたら傷つきませんか。
 その中傷が元で、誰も口をきいてくれないなどということがあったら、あなたは絶えられますか。

 自分がAの立場になることを想定する必要があるのかどうか解らないが、少なくても自分にとって利のあるのが、どっちのいうことにいうことに重きを置くべきなのかというより、絶えず客観的にレベルが高いのか論理性に優れているのかを吟味するという姿勢が大事なのではないだろうか。

 Aのいうことも盲信してはならないし、Bのいうことを一概に否定できないかも知れないのである。

 従って、誰かの評判が重要なのではなく、いっている内容が重要なのであり、自分が心から納得いくことが何処に存在するのかを求めてさえいれば、他人のいうことに惑わされずに、本質を見抜けるのではないだろうか。

 人は、他人の評判の悪いことや経歴を聞くことが大好きなのである。だからつい人いうことに惑わされてしまう傾向にあるのではないだろうか。
 しかし、社会に風潮がBを許さないという倫理観があれば、我々にとって住みやすい世の中になるのではないだろうか。

 中国の経済発展が目覚ましく、韓国の技術の躍進が日本を凌駕するようになっている今日、彼らの口汚く日本を批判する姿に接する度に、何と浅ましく下品なことだと感じてしまうのである。
 公平に論理的に感情を交えず話をし、互いの利を認め合って妥協点を見つけることの皆無なことが如何にも外交であるかのようにいう高慢ちきな評論家に腹が立つ。

 相手にも非があるし理もあるもので、それぞれが相手を認めて是非を論じられる世であって欲しいし、そうであることの人の良心を信じたい。

 唯ひたすら、自分を高めるために、飽くなき探究と研鑽を続けるのみである。
スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード