FC2ブログ

Arena Condition

AM 9:45 Temperature 5℃ 霧雨 March 1, '12(Thursday)


今日から3月です。寒かった今年の冬ももうすぐ終わりで、徐々に春らしくなることでしょう。

 我が家の梅の木には、花が咲きませんが、もう少し楽しみに待つことにしましょう。

 昨日は、予報通り10時頃から大粒の雪になりましたが、その後雨になってしまいましたので、積もることはありませんでした。

 馬場は、勿論不良状態です。今日は最高気温がこれから上がって15°位まで上がるそうですが。明日また天気が崩れるようなので、馬場の快復は望めません。



「エモーション Emotion 感情 情緒」

 人はものごとを、肯定したり否定したりするときに、論理的に分析して決める場合と、その時の感情に任せて決める場合とがあって、一般常識として感情でものごとを判断してはいけないといわれているものの、時として感情で判断しているにも関わらず感情で決めているということ自体を否定して、自分は飽くまでも論理的に判断しているという気持ちになってしまうものだ。

 しかし、多くの場合感情抜きにものごと判断していることは少ないもので、よくよく判断そのものの根底を探ってみると、最初から好意的に見ている自分がいたり、否定的に接している自分がいたりするものなのだ。
 また、それが自分の価値観だと訳の分からない言い訳を付けるに至れば、手の施しようがない。

 問題は、感情でものごと見ている自覚がないということで、感情でものごとを見るということ自体が危険なのではない。
 ところが日本の文化としてそれを許さない傾向にあるから、感情や好き嫌いでものを見てしまうことは、社会人としてあるまじきことだとか幼稚なことだとか決めつけてしまうから、感情が入ってものごとを判断している自分を一生懸命打ち消してしまうので、何時の間にか感情で判断している自覚を失ってしまうのである。

 従って、感情で否定しても肯定してもその判断がどこから来ているのかを問題にしても始まらないから、何故肯定しているのか否定しているのかという問い掛けをするべきなのである。

 つまり肯定や否定をしたとしても、その判断に基づいて思考を進める前に、その判断の根拠を一旦探索する必要があるのだ。

 例えば、肯定する判断を下した場合、その肯定に至る根拠は?という問い掛けをするということだ。
何故肯定したのか、その根拠はものの道理に合っていたからなのか、それとも結果から推測すれば当然だという判断ができるからなのか、それとも元々そのものに対して好意を持っていたからなのか、また世間の評判が良いからなのか、ブランドとして高い評価が既にあるからなのか、隣人や友人が肯定しているからなのかである。

 肯定している根拠が正しいのかどうかではなくて、判断の根拠を探ってその所在を知っておく必要があるということなのだ。
 自分の判断の根拠を知っていれば、後々自体が進んでいったときに考え直すこともできるし、客観的判断をしたいと思ったとすれば、軌道修正することも容易になるのである。

 人間というものは、客観的判断を下すことが上手にできる生き物ではない。それまでの生い立ちや体験や家族や隣人や友人や指導者や先輩後輩なのどの影響を受けて、自分という人間を形成しているから、客観的に絶えずものに接することは不可能に近いのであり、つまり自分は、客観的に判断しているという認識を持っているとしたら、そのこと自体が既に間違っていると思わなくてはならない。

 初めから人は感情が働いて、ものごとを見ているものだという認識を持つべきなのであり、そしてその判断の根拠が何処なのかを知っていれば、多少なりとも客観性に近付くことが可能になるのである。
 判断の根拠を知っているとしても、それが客観的判断が自動的にできるということではなく、向上心がなくては判断のルーツを知ることによって、軌道修正の可能性があっても、判断そのものを変えたり修正したりするという行動には繋がらないのである。

 今よりも更に高度になりたいとか、損をしたくないとか得をしたいとか、正しくありたいとか、間違いたくないとか、上達したいとか、レベルアップしたいとかいうように、様々な向上心があれば判断の根拠を探すし、その根拠を知れば、自分がどれだけ主観的にものを見ているかを認識できるから、絶えずものごとを、客観性を以て見ようという姿勢が生まれて判断を、見誤ることを防ぐことができるのである。
 従って、ものごとを感情で見ようとしているということは、向上心が足りないのか、その時失ってしまっているのかなのであり、頭が悪いから感情でものを見たり聞いたりしているのではなくて、向上心が足りないからものごとを主観的に偏った判断をしていても、気付くことができないのである。

 つまり愚かしいとは、思考力の問題なのであるが、その思考力は向上心なくして高まることはなくて、判断の根拠は、その殆どが感情によって下されているのだから、向上心によって客観性に近づけようとする行動を欠かすことができないのである。
スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード