FC2ブログ

Arena Condition

AM 9:35 Temperature 4℃ 曇り Fbruary 13,'12(Monday)

 今朝は、曇っていて気温も4℃と低いのですが、バケツの水が凍結していませんでした。

 夜の冷え込みが曇っていたために、放射冷却が少なくて、差ほどでなかったのでしょう。

 馬場は昨日の午後過ぎぐらいからベスト状態になって、今は良好状態ですが、今日の夕方に雨らしいので、また悪コンディションになってします。


「法則」

 マクロとしての法則があって、世の中のものの全てに当てはまる何らかの決まった働き、全てのことにおいて機能している。

 それは、何らかのことが原因として結果が生まれているということだ。つまり、全てのことは原因と結果という関係があり、原因と結果とはトライアングルの関係性であり、つまり原因を生み出す為に何らかの働きが加わって、その働きが原因を作り、その原因が生み出されることによって、結果が創り出されているということなのである。

 例えば、結果を生み出すために体を動かして、対象となるものを作用させ、結果としてものを作るという三角関係なのだ。コップを手に持ってそれを傾けることによって、コップに入っている水を、別の器にあける。
 つまり、手でコップを傾けるという運動を起こして(作用)、そのために入っていた水がコップに止まることができなくなって(原因)、別の器に水がこぼれ落ちたということである(結果)。

 どんなに複雑な作用や結果であっても、この法則で説明できるのであり、もし説明できないことがあるとすれば、それが只解明されていないだけのことなのである。

 さて、ものごとができるようになるためには、自分の体を作用させて原因となる運動を作り、目的である結果を成すということであるが、フィジカルを作用させようとする場合に、上手くできるかどうかはさておき、手や足や腰を動かす、そして結果に繋がる原因となるような働きを作り、目的を目指す。

 このとき、自分の体を動かすという意識で作動させていても、思った通りに運動できているかどうか解らないというのが普通で、訓練を続けていく内に感覚が鍛錬されて、思った通りにフィジカルをコントロールできるようになって初めて、結果を生み出す作用を作ることができるわけだから、結果が思った通りでなくても、思った通りの結果よりも、思った通りの作用を作り出せているかどうかが問題なのである。

 思った通りの作用が作り出せたとしても、思った通りの結果を生み出せるとは限らないのである。何故なら、方法が間違っていれば思い通りに体をコントロールできても、方法が違っているのだから望んだ結果を生み出すことはできない。
 しかし、思い通りにフィジカルをコントロールできれば、方法が違っていることにも気付けるし、どんな方法を選択すればいいのかもその感覚が示唆を与えてくれるので、思い通りフィジカルをコントロールできるかどうかが問題なのであり、思い通りの結果を出したいと思ったとしても、その結果は後回しにしないといけないことなのである。

 概ね、フィジカルを思い通りにコントロールできない内は、初動作に意識があって、一番重要な結果を生み出すための作用を創り出す原因を生み出している筈の運動中意識が空白になって、結果が出現したときに意識を取り戻す。

 この空白の時間を取り戻すことを、第一に優先しなくはならない。

 何故、空白になってしまうか。

 それは、結果を出そうとか思い通りに体を動かそうという意識が強すぎて、その間の意識が空白になってしまうのである。

 正しい体の動きを、しようということよりも重要なことがあると思っていないことが問題なのであり、正しい動きをすることよりも、運動の最中にどんな感触を得ているのかを心に刻むことが重要なのだ。

 誰もが体の五感で感じていることがあって、正しい運動をしようとか目的を果たそうという意識が、運動中に得ている感触を無視してしまっているのである。

 正しくやろうとか目的を果たそうなどということは、必然的に意識することだから、態々強く心に念じる必要はないのです。つまりこのことを昔から哲学的にいわれている言葉で表現すれば、「無の境地」ということになるのである。

 つまり正しくやろうとか目的を果たそうとか思わずに、初動作から結果が出るまでの間に、どんな感触を感じているかに意識を集中することが重要で、要は如何に空白の時間を埋めるかに全てはかかっているのです。

 上手くやったり正しくやったりしようすることよりも、初動作から最終動作までの物語を如何に見逃さないかなのである。

 多くの人がフィールというものの捉え方が間違っていて、上達しないと獲得できないものだという認識を持っていて、この認識が多くの人にフィールからと遠ざけしまっているので、先ずこの認識を捨てなくてはならない。
そして、フィールは誰でもが持っているものなのに、それを遠ざけているものは、正しくやろうとしたり目的を果たしたりしたいという意識なので、先ず正しくとか結果とかは考えないで、自分が今この瞬間に何を感じているかから目を離さないで、絶えず自意識を切らさないでいることが重要なのです。

いつ何時でも、今自分は何を思っていて、何を感じていて、どんな願望を抱いているのか、どんな一瞬でも、自分が何を思って何を感じてどんなことを願ったかを思い出せるように、テレビのニュースに接しても、友達の話を聞いても、手紙を読んでいても、スーパーマーケットやデパートにいるときも、雑踏の交差点で信号待ちしているときも、不味い飲み物を飲み干したときも、隣人の不幸や幸運の話に接したときも、漏れなく自分が抱いた感触やエモーションについて、自意識があるように生活することが必要なのである。

絶えず自意識を持って生活することは、並大抵のことではない。

素晴らしい言葉を吐いたり、実績を残したり、想像したり、発明や発見をすることが、偉業なのではないのだ。つまり偉業だと評価されるには、絶えず自意識を以て生活するという地獄絵のような世界をクリアしなくては、手に入れることはできないのだ。

どんな瞬間においても自意識を切らさない生活は、その自意識に苛まれて苦しい時間を超越しなくはならない。
何故なら、他人の幸運の話を聞いたときに、自分の心に湧きあがるジェラシーや妬みと向き合わなくてはならないし、競争相手の失敗を願ってしまう自分の見難い性格知ることになるし、夢想の中で展開する欲望や怠惰さや癖や、押さえようのない不安や恐怖なども避けることができないからである。

しかし、自意識を以て生活すれば、自分を含む何ごとに対しても実態を知ることになり、ある段階をクリアすれば、地獄絵ではなくてとても快適でパワフルな世界に変わるのです。
それは、微細なことも逃すことなく手に取るように実感し、その実感に基づいた判断と選択ができる生活に一転することができるからなのです。
スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード