FC2ブログ

Arena Condition

AM 9:30 Temperature 6℃ 曇り January 11, '12(Wednesday)

今日は気温が高く、バケツに氷が張らなかったのですが、薄日程度の日差しのせいか体感温度は低く感じます。

 馬場は、大分乾燥していたので、昨日午後水を撒きましたので、ベスト状態です。

 毎日メダカの水槽の水温が低くなっていくので、徐々に餌を食べる量が減ってきて、大人のメダカは気休め程度にしか食べません。
 しかし、どのような訳か分かりませんが、去年生まれた子供のメダカは、中々食欲が落ちません。同じように水温が下がっているはずなのに、流石にこの一週間ぐらいは量が少なくなってきていますが、大人のメダカに比べるとその割ではありません。生命力の問題なのでしょうか。



「迷える子」

 手がかりの見つからない子は、目的地を見失ってしまっているわけではないが、そこへと辿り着くための道標を見つけることができず、迷いに迷って、ある人は迷っているのを自覚しているのかも知れませんが、多くの人は自分が迷ってしまっていることさえ自覚症状がない。

 それでも目の前の課題がある人は増しで、その課題に取り組めば自然と道標が見つかるし、課題が明確になっていない人は問題で、何でも良いから課題を設定すれば済むことなのですが、自覚がないから課題を仮に設定しようというわけにはいきません。

 一つの技術というものは、はっきりと「こうだ」という確信を得るように体得するもので、曖昧なものではない。
 しかし迷える子達は、そんな体験をしたことがないから、はっきりと確信を得るようなものを想定できないし、しようとしないのです。

 人は体験したこともないことでも、確信を持てるような技術を体得した瞬間において、初めての体験であるにも関わらず必ず「それでいい」という天の声が聞こえるのです。

 つまり「天の声」が聞こえないときは、駄目なのです。

 先ず「天の声」が聞こえていない技術については、自分自身で「これでは駄目なんだ」という判断を下す必要があります。

 そして目指す目的地を持っているとしても、目の前の課題に取り組んでいるのは中間地点なのだから、その中間地点のイメージを持つ必要がある。
 そしてそのイメージ通りになるように練習をするのです。

 課題が明確にない人は、自分の心の声を真摯に聞く必要がある。

 自分が何故かすっきりしないとか満足できないとか何処かでフラストレーションを感じてしまうとかいったことがあるはずだから、その声に耳を貸して、何故すっきりしないのかどうなったらすっきりできるのか、何故満足できないのかどうなったら満足できるのか、何故フラストレーションを感じるのか、どうなればフラストレーションがなくなるのかなどと考えてみれば、自然に自分の取り組むべき課題が見つかるはずなのです。

 取り組むべき課題が見つかっているけど、どうして良いか分からずにいる人は、本当は取り組むべき課題が見つかっていないのです。
 目の前にできないと認識していることを克服したいと思っているが、どうすることもできず、それなりに工夫しているつもりだが状況は一切変わらず、精も根も尽き果ててしまう。
 
 課題だと認識していていること自体が間違っていて、自分ができないことや取り組むべき課題はもっと低いレベルのことで、今課題だと認識していることは、自分に荷が重すぎて手が届かないレベルのことだから、自分にとってもっと簡単にできることを課題だと認識して、取り組まなくては打開できないのです。
 つまり迷っていること自体がナンセンスなのです。

 迷える子達の殆どは、目の前にある邪魔な障害物が目に入らず10mも20mも先にある高い障壁にばかり気を取られて、もがいているのと同じなのです。

 体の力を抜くとはどういうことなのか、リラックスして座るとはどういうことなのか、安心して歩くとはどういうことなのか、こんな簡単なことと思うかも知れないが、こんな簡単なことに目を向けて、自分はこんな簡単なことが本当にできているのだろうか。

 リラックスして座り安心した状態で歩くとは、どんなイメージなのだろうか。どんな映像なのだろうか、自分の頭の中に映像をイメージできるのだろうか。そんな簡単なことかも知れないが、これまでそれを大切だと思ってイメージしようとしたことがあるのだろうか。

 何か取り組むときに、最初にするのは構えです。

 ゴルフにしても柔道や空手でも剣道でもどんなスポーツでも、最初構えることから始めるものです。

 従って私は、構えには何か意味があるのではないかと考えます。
 また、上級者が特別にやっていることではなく何気なく行っている仕草に注目します。その何気ない仕草に、特別なエキスが入っているのではないかと思って、見ることが多いのです。

 課題が明確でもどうして良いかわからない状態に陥っているときは、荷が重いということですから、もっと噛み砕いて一番簡単なことを、丁寧に分析したり取り組むことで解決できるのです。

 課題の見つからない人は、自分の声を真摯に聞くことで、必ず課題が見つかるはずです。

 また課題も取り組むべき方法も分かっているのに、一向に成果の上がらない人は、中間地点である今の課題の完成しているサンプル映像を、イメージできていないのではないでしょうか。

 そしてそれもイメージできているとしたら、一々そのイメージと今現在を検証していますか。イメージと今の自分との誤差を検証していなければ、意味がありません。

 何れにしても、迷いは生産性のない時間で、そのまま迷っていればモチベーションを減退させるだけで、解決の道を遠ざけるだけなのです。どんなことでも良いから課題だと認識して、それが難解であればもっとレベルを下げたり、こんな簡単なことなんて侮ったりすることなく丁寧に取り組めば、必ず解決できるものなのです。
スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード