FC2ブログ

Arena Condition

AM 9:00 Temperature 20℃ October 24, '11(Monday)

 今朝は、曇りですっきりしません。

 今週は、雨はないようですがすっきりした天気にはなりにくいようです。

 馬場の回復に時間が掛かりそうです。 馬場は、最悪状態です。


 

 「才能」

 人の才能を伸ばしたり上達させたりすることは、難しい仕事です。

 普段の何気ないコミュニケーションが、人の成長を大きく左右するのではないかと思うのです。

 親は、子度を育てるのに誰でもが才能を伸ばしたいと思うし、幸せになって欲しいと願うものです。
 才能を伸ばしたいと思うから、塾に通わせたり学校に行かせたりと教育に熱心になる。しかし、普段子供との接し方が教育の一環だという意識が薄くなってしまうか、教育的意識が強すぎてしまうか、極端に偏ってしまう傾向にあるようです。

 私はとても大事なことは、子供が持っている良いところを普段指摘して、本人自身に自分の良いところを、認識するようにしていくことが重要だと思うのです。

 子供に限らず良いところを指摘して、本人が自分の良いところを知ることはとても重要で、良いところを知ることは傲慢になると心配して、欠点や足りないところを指摘して、反省すべき要因ばかりを認識しながら成長してしまうのです。

 日本人というか日本社会の特徴とでもいうべきなのかも知れませんが、絶えず駄目出しをしてしまう癖があるようで、自分自身に対してもできない部分ばかりを誇張してしまうのです。
 勿論誇張している自覚はないのかも知れませんが、自然に欠点ばかりを指摘してしまっているし、欠点を指摘していることでバランスがとれて安心してしまっている傾向にあって、良いところや優れているところやできるところを指摘することに慣れてないので、照れてしまったりバランスがとれなかったりして、不安定な精神状態に陥ってしまうのです。

 私は日頃、できないことを考えるな、できることだけを考えろ。できたことについては、何故できたのかを探究しなさい。できないことに対して、何ら対処しようとしなくていいといっています。

 反省するな。できないことを克服しようとするな。
 できない奴が、できないことを考えたところで、解決する方法や原因を探ることはできないことなのだから、無駄なことは初めからする必要がない。そしてできないことを、反省したり克服しようとしたり原因を捜そうとすればするほど、できないことやできないという事実を、強く脳裏に焼き付けてしまうので、できないイメージトレーニングをしてしまうことになるので、できないスパイラルに自然に嵌ってしまうのです。

 とても真面目な人間性が生むスパイラルだといってもいいくらいなのです。

 何気なくしている普段の中で、できないスパイラルをしてしまっているのが、平均的日本人の生活スタイルなのです。

 特に子供を対象に考えてみると、とても危険なことをしていることに気付くのです。
 自分の子供の成長を願うあまり、できないことや欠点を指摘して、克服させようとしてしまい、「自分は、できない。」「私は、こんな欠点がある。」というように、子供は自分自身の姿をインプリントしてしまって、自分という人間の姿を認識してしまうようになるのです。

 つまり、自分の才能や良いところを知らずに成長してしまうことになり、特に塾に通ったり学校に行ったりしても、どんどんできない指摘を受けて、子供は何処に行ってもドンドン自信を失うように育てられているのです。

 況して、子供の苦手なところを克服するために、その苦手なところを教育してくれる塾に通わせようとするから、益々自信喪失を植え付けられてしまうのです。
 このことは、自分に対しても同様なのです。

 スポーツをしても学問をしても、苦手なところやできないところを克服しようとするから努力すればするほど、自分は鈍い、自分は何ごとも簡単にできるようにならない、そんな人間だという認識を持ってしまうのです。

 とても自分は天才だとか、才能に溢れているとか、何でも直ぐにできてしまうような人間だとは思えないのです。

 国民皆ができないスパイラルの中で生きているのが、日本社会の特徴なのです。

 もっとできるところや良いところや自分の才能を見つける努力が、自分も指導者も親も先生にとって必要なのです。

 才能は可能性を増幅させるし、意欲を高めるし、誇らしく成長することができるようになる芽なのです。

 成長のための芽は、充分な栄養や水を与えなければ、そのまま萎んでしまったり腐ったりしてしまうのです。

 世の中には、試練や忍耐や失敗や挫折が必要だという思想とでもいうべき考えが、根強く我々の生活に浸透していて、反省も忍耐も挫折も全く必要性がないと言い切ると、難得して貰えません。

 しかし、試練や忍耐や挫折は全く必要ではなくて、成功の為に必要な才能を育むために良いところやできるところを指摘して、更にその部分を伸ばそうとすれば、自然に試練も忍耐も能動的にすることになるし、成功の為に起きる失敗は、更なる成功へと意識を向かわせるようにできるのです。

 小さいときから自分の才能や良いところを認識して成長すれば、傲慢になることなく人を侮蔑することもなく、誇り高く絶えず成功を意図して、自分の可能性を信じて活力ある人間を形成することができるのです。


スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード