FC2ブログ

Arena Condition

AM 10:30 August 29, '11(Monday)

 今朝はさほど暑くはないですが、とても湿度を感じます。

 どうも今週は、台風週間になりそうです。9月の1日ぐらいに関東地方に接近するようです。

 馬場は、ベスト状態ですが、週半ばに最悪状態になって、台風一過となれば週末には持ち直すことができることでしょう。



  「感覚の養成3 (考えてはならないことと、考えなくてはならないこと。)」

 ものごとを体で行うこと、職人の技術やスポーツなどにおいて、感覚を養成するために色々と考えることはとても必要なことですが、その大脳の使い方によっては感じている感覚にフィルターをかけてしまうことになるし、フィジカルを大脳が直接コントロールするようになったり、コントロールするような工夫をしたりすることによって、感覚的に現状を認識できる力を遠くへ追いやって、大脳支配を更に強めてしまう結果に陥ってしまうリスクが伴うことを我々は知る必要があるのです。

 最初は誰でも、そのやり方などを誰かがやっているのを見たり教えて貰ったり真似してみたりして始めるものです。
 真面目な人ほど指導者のいうことを盲信して、一生懸命練習をするものです。
一生懸命すればするほど、感覚が養成されずに不器用にそれをこなすようにしかならず、感覚が養成されないのです。

 本来は良き指導者に恵まれることが一番良いことなのですが、日本においてそんな指導者を見つけることは、奇跡に近いほど難しいことですから、できるだけ指導者からレッスンを受けることをやめて、良いサンプルとなる映像を見てイメージトレーニングすることがベストなのですが、特に乗馬となると最初から誰にもレッスンを受けないで上達を期す環境にないのでそうも行きませんので、レッスンを受けたとしても暫くの間右から左へ左から右へと受け流して、真剣に聞かずに自分の体の動きや反応に任せて、イメージした通りに真似るという方法で練習することがベストです。

 そうして暫し無我夢中でやっている内に「何となくいい感じ」という感じを感じるときがやってきます。また何らかの目的に向かって練習しているとすれば、「できそうだ」「これなら上手くいく」という感触を得るときが必ずやってきます。
 しかし、この感触を掴む瞬間は、本人でも気付かないほど微妙であったりほんの一瞬であったりするものだから、つい置き去りにしてしまいがちなのです。
 結果を求めるあまり訪れた感触を無視して、上手くいかない結果にばかりに気を取られて、しなくてもいい反省ばかりに日々を送るようになって、負の教育を自らに科してしまうようになるのです。

 この感触が訪れたときこそが、今後の人生の分かれ道なのです。
 
 この訪れた感触に重きを置くか、置き去りにして結果の出来不出来にばかり気を取られてしまうかによって、その人のものごとの取り組み方が決まってしまうのです。

 全てのものごとの取り組み方が結果の失敗にばかり気を取られて、消去法的考えに支配されて、駄目出しばかりをして少しずつできていることに気付かずに、練習を繰り返して突然コツを掴んできたという瞬間を迎えるか、自分には向いてないとか才能がないとか思い込んでやめてしまう結果になるのです。

 さて問題は、ほんの一瞬訪れた「これなら上手くいく」という感触に重きを置いて、「これなら上手くいく」と感じた感触の再現を意図することを念頭に置くことです。
 一瞬の感触を再現すると発想することは困難です。
 発想すると同時に、何がなにやら分からないことを再現することはできないという思いが先立つからです。

 何がなにやら分からないことが分かるようになることが、成長であり上達ということなのです。
 ですから、ほんの一瞬訪れた「これで上手く行くような気がする」という感触を、再現すべくあれこれ色々な工 夫をしてみる。そのために色々な思考を繰り返す、また論理的考察をする。
 必ず再現できる方法が見つかります。そして「これで上手くいくような気がする」感触を再現できれば、時を待たずして結果が伴います。

 また、再現の方法が見つからないときの最良の方法は、力一杯速くとか力んでとかいうように精一杯ある限りの力を尽くして、フル活動をすることです。フル活動することによって、一番合理的運動をができることへと繋がり、大脳支配を根絶することになるので、一早く良い感触を得ることできるのです。

 しかしまた考えてはならないことは、「これで上手くいくような気がする」という感触を得る前に、論理的に物事を進めようとしたり腕や足や腰をどのように使うかということを、考えたりすることなのです。気付かない内に考えてしまうのが現代人の欠点です。

 ものを考えるということは、良い感触を得るということに帰結しなくてはなりません。良い感触を得るという事前条件を飛び越して結果のみを追求して試行錯誤することは、プロセスを無視してゴールを目指すようなものなのです。

 ゴールを目指してものごとを成すために、結果を成すために直接的にものごと思考するのではなくて、結果を生み出す前提条件をクリエイトするために工夫や考案をするべきで、前提条件が整うことで必然的に結果が生まれる要因を見出し、その要因とは、ほんの一瞬訪れた良い結果を予期させる感触なのです。そしてこのいい結果を予期させる感触の再現のために、論理的考察や工夫などをすることが、何よりも確かな上達や成長への唯一の方法なのです。
スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード