FC2ブログ

Arena Condition

AM10:30 August 22, '11(Monday)

 小雨煙る朝を迎えて、夏らしくなく気温も24度しかありません。

 馬場は、水溜まりができました。


 
「何かをするためにする」

 日本人独特の考え方があって、これらの考え方は、日本の文化といっても過言ではない。それは、「何かにならないようにする。」「何かをしないようにする。」という消去法的思考法です。

 「失敗しないようにする。」「失わないようにする。」「興奮しないようにする。」「焦らないようにする。」「離さないようにする。」「力まないようにする。」「緊張しないようにする。」「勝利を意識しないようにする。」「太らないようにする。」「恐れないようにする。」「疲れないようにする。」などと上げたら切りがないほどに、何々をしないようにするという考えを、誰もがついつい思ってしまうものです。

 従ってこの考え方は、今の日本人の文化といえるでしょう。

 しかし、何かをするためにすることと、何かをしないためにすることとは、全く違うことだと考えるべきなのです。何故なら、何かをしないためにするということでは、目的に辿り着くために何をすればいいかを明らかにしないし、目的を手に入れるには気が遠くなるほどの道程にならざるを得ません。
 「何かをしないように」と考えることは、消去法的考え方で、目的を手に入れることの障害となるものを取り除いて、結果的に目的に辿り着こうという考え方なのです。しかし、障害要因は、無限ですから切りがなく目的に辿り着くことができる保証にはならないのです。

 「失敗しないようにする。」は、「成功するようにする。」
 「失わないようにする。」は、「手に入れたままを維持する。」
 「興奮しないようにする。」は、「冷静さを保つようにする。」
 「焦らないようにする。」は、「落ち着いてことを待つようにする。」
 「離さないようにする。」は、「付けておく。」
 「力まないようにする。」は、「力を抜く。」
 「緊張しないようにする。」は、「リラックスする。」
 「勝利を意識しないようにする。」は、「今やるべきことに集中をする。」
 「太らないようにする。」は、「体重を維持する。」
 「恐れないようにする。」は、「自信を持つ。」
 「疲れないようにする。」は、「体力を付ける。」

 以上のように「何かをしないようにする。」を、「何かをするためにする。」に置き換えれば、何を、すべきなのかが鮮明になるばかりではなくて、ものごとの本質を見抜くことができるようになるのです。

 つまり「失敗しないようにする。」ことと「成功するようにする。」とは、回り回って同じ所へ到達するかも知れませんが、「成功するために何かをする。」と考えるのは、成功への要因が明確になり何をすべきかどうか鮮明になって、欠けている要因や身につけなくてはならない要因や、目的そのものに対する成功の可能性までも明確にすることができるのです。

 物質的なものでも心理的なことでも、そのものが形成するのは、構成要因が何らかな働きをもって連携しあっていてこそ成立しているのですから、形成している要因を必要充分条件として認識して、その条件を満たすことを考えることが自然で合理的なのです。

 しかし、必要充分条件以外の全ての要素を排除して、目的を手に入れるには、気の遠くなるような作業になることは間違いありません。しかし、我々日本人は、そんな大変な作業になってしまう認識もなく、つい消去法的思考をしてしまうのです。

 「何かをするためにする。」という考え方をしなくてはなりません。

 「何かをしないように」と思ったときに、「何かをするために」という論法に置き換えるように意識する必要があります。

 失敗しないようにではなくて、成功するために何をすることが良いのかを考えるということであり、「緊張しないようにする。」のではなくて、リラックスするように、何をすればできるのかを考えなくてはなりません。

 全てのものごとは、幾つかの要素が互いに何らかの関連性をもって、形成しているのですから、その要素と関連性を解明することが、そのものの実態を理解することであり、ものごとを成し遂げるためには、そのメカニズムを知らなくてもできるかも知れませんが、できるということは必要充分条件が整って、このメカニズムを再現できなければできないのです。

 合理的にものごとを成すことを意図するのであれば、そのメカニズムを知り、必要要件を整えて、メカニズムを再現することです。

 そのために、「何かをするために、何かをする。」という思考回路に基づいて、その何かを突き止めようとしたり、行動しながらもその何かを突き止めたりする意識で、目的に向かう必要があるのです。

 「何かをしないようにする。」という考えを断ち切って、「何かをするために何かをする。」という思考回路を持つことによって、あらゆることが解明され明快に目的に向かうことができるのです。
スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード