FC2ブログ

Arena Condition

AM 9:15 June29,'11(Wednesday)


 今朝も猛暑といった感じの始まりです。

 馬場は、とても乾燥しています。


 

  「記憶の仕方」

 中学生の頃に英語の単語を記憶するのに、小さな短冊になっている紙がリングに綴られているメモ帳のようなものに英単語を書いて、裏側にその意味を書き記し、ページを捲りながら暗記する姿は良く見た光景であった。

 私は、同級生の殆どがこれをやっていたにも関わらず、この記憶の方法が気に入らずやったことがない。

 私は、子供の頃から記憶することをせずにしたのと同じ結果を出す方法はないかと考えてきた。
 その理由は、記憶が苦手だったからかも知れないし、何らかの法則なしにものを記憶することに、受け入れがたい抵抗感を持っていたようにも思う。絶えず何らかの法則を探して、記憶をせずともしたのと同じような結果を出すことを模索していたのである。

 このことと関係していたのだろう。国語や英語があまり好きではなくて、数学が特に好きだった。何らかの法則があって単純な記憶ではなくて、法則を辿れば数式を記憶していなくても、答えを導き出すことができるのである。このことは、私の頭脳ではとても性に合っていたのか、絶えず何らかの法則を探して、数学に関わらず全般において、記憶を省くベクトルをもって生きてきたように思う。

 何らかの法則の下に記憶する場合と、法則に関係なく記憶するのでは、全く違うのである。
つまりその記憶を活用する場合が全く違ってくるのと、記憶容量の問題で、単純記憶の場合は、どんなに記憶力が良い人でも記憶する端から忘れてしまうのである。
 単純記憶は、労力の割に効果が薄い。
記憶する複数のファクター同士の関連性を加味しないので、類推したり変化を予測したり結果を想定したりするということに繋がりにくいので、知能が発達しないのである。

 一方、キーワードという法則に基づいて記憶する作業は、コアとなる要素を記憶すれば、そのコアとなる要素から類推した予測したり仮定したりすることで、次の段階のことを記憶しなくても計算によって割り出せるのである。ということは、ものごとの本質や真理を絶えず探究して極める作業を行うので、記憶を省くということは、ものごと見抜く能力を高めるのである。
 つまり知能が発達するということになるのである。複数のファクターを関連づけて、変化・進展・応用などの関連思考が自由自在にできるのである。

 誤解のないようにいって置くが、単に記憶しないということとは違うのである。記憶しなくても記憶したのと飽くまでも同じ結果を出すということを失わないということで、単純な記憶は、すべからく最小限に止めようという意識が必要で、最小限に止めようとすれば、これだけ記憶すれば済むというファクターを見つけようとするし、つまりこの最小限のファクターがコアなのである。

 生命の細胞の中に、万能細胞というのがあって、この万能細胞は、何らかの刺激を与えることによって、目にも耳にもその他の臓器にもまた筋肉にも変化することができる細胞で、そのような要素を探し出して見つければ、その万能細胞に相当するファクターを記憶することで、その他のことを覚えておく必要がなくなるのである。

 記憶しなくてもしたのと同じ結果を出したり、
 努力しなくてもしたのと同じ結果を出したり、
 力を入れなくても入れたのと同じように運動したり、
 一所懸命しなくてもしたのと同じように、
 集中してしなくてもしたのと同様に気を配れるように、
 経験しなくてもしたのと同じ実感を持てるように、
 神経を張りつめなくても目を見張らなくてもものが見えるように、
 怠けても一生懸命やったのと同じ成果が出せるように、
 ふざけてやっても真面目にやったのと同じ結果を出したり、
 責任感を持たなくてもその責務を全うできたり、
 


 時代は省エネだからというわけではないが、私はどうも将来の怠け者で、なるべくしなくてもしたのと同じ結果が出ないものかと考えてきた。

 「怠け者の過労死」である。
スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード