FC2ブログ

Arena Condition

AM 10:35 June 27, '11(Monday)


 今日は曇りです。明日は多少晴れるようです。

 昨日少し霧雨のような雨が降りましたが、大したことはなく、馬場はベスト状態です。


 大会が土曜日に無事終わりまして、昨日の日曜日は後片付けと、皆様には大変お疲れのことと思います。

 お陰様で良い大会になりました。 ありがとうございました。

 今大会は、PRBCのサーキット第2弾となる大会で、毎年福島の南相馬市馬事公苑で開催していましたが、今年は先の震災により当ランチで執り行うこととなりまして、季節は梅雨真っ直中の開催でしかも天気予報は週を通して雨でしたので、アウトドアでの開催だから馬場が悪くても仕方ないと思っていたところ、奇跡的に天気に恵まれてベストコンディションの元で開催することができました。


 特にレイニングという種目にとっては、馬場が何よりも重要な要素ですから、今大会のコンディションは何よりの状態でできましたのが、大会自体を盛り上げる要素となったことは否めません。

 暫しの休息をとって、次の大会へと望みましょう。




  「ふざけた修業」

 必要な技術を身につけて目指すものができるようになりたいと思って、練習をしたり、その練習のために必要な筋力や感覚を身につけるために、特訓をしたりする。

 私は、この時にふざけた思いが心に湧きあがるのである。

 必要な筋力や能力を身につけようと練習しながら、こんな筋力や能力がなくても、その能力や筋力がある人と同じようにできないものかな、という思いである。

 自分ながら、何ともふざけた話である。

 例えば、脇を締めて腕を振る必要があるとすれば、その練習をしながら一方で、脇を締めなくてもできないものかと考えてしまうのである。

 よくよく振り返って見ると、何事においてもそのように考える癖があるようである。

 一生懸命に何事かをやっているとき、同時に心に一生懸命やらなくても一生懸命やったのと同じ成果を上げる事ができないものかという思いが湧きあがるのである。

 何事かをやれるようになるには、必要な条件を揃えることは絶対的に必要なのだが、必要以上の要件を整える必要はないわけだから、未だ能力が身につけていない段階の人が想定した条件が、必ずしも必要充分条件であるという確証はない。
 そこで、想定した必要充分条件を身につけようと練習をしながら、同時にこの必要条件を無視してもできないものかと発想することで、本当の必要充分条件を掘り起こすことができるのである。

 俗に遊び心ということが世間で言われることがあるが、この遊び心とは、遊びを無くすということなのではないだろうか。
 つまり、必要な技量だと考えてそれを身につけようと練習をしながら、同時にその必要な技量だと想定したものを、無視しても同じ成果を出そうという発想は、大変ふざけた話で不真面目極まりない。しかし、このことによって実際は、本当に無駄なく必要な技量とは何かということを炙り出すのであるから、実際に必要条件を何ら不純物の混入しない純度の高いものにしようということになり、むしろ遊び心とは、その逆に遊びといわれる緩みがなくなるのではないだろうか。

 忘れ物をしないようにするには、忘れないように記憶しておくというのが必要条件だと考えるが、忘れ物をしないように工夫するようにすることで、忘れ物をしないように記憶しなくても同じ成果を出すことはできるのであるが、その工夫したことは記憶していなければならないのである。

 しかし、この二つの記憶の違いは、万年筆・ハンカチ・財布の三つを忘れないで持っていく場合、この三つを記憶する場合と、ある特定した場所に忘れてはならないものをお予め置いておき、出かける時にその場所に置いてあるものを持ってでかけることによって、万年筆・ハンカチ。財布の三つを記憶しなくても、忘れ物をしない場合とでは、何が違うのだろうか。

 記憶する数が違うし、記憶するキーワードがあるのとないのとの違いが大きいのである。

 つまり、記憶にインデックスを付けて記憶する場合と、付けないとの違いがあって、インデックスがついている場合は、記憶を呼び起こすときに手がかりをもつことができて、前者の並列的に記憶する場合は、呼び起こすときに手がかりがないので、忘れてしまい易いということなのである。

 何かの必要性が発生する場合、同時にその必要性を否定する発想をすることによって、共通項を集約したり、潜んでいる法則を見つけたりすることになるのである。

 ふざけた発想は、成果さえ真面目に取り組んだのと遜色ないものを求めるということさえぶれなければ、むしろ必要な発想なのではないだろうか。

 最初に着目した要件を重要だと考えて、行動をしながら同時にそんなもの無視できないものかと発想しておくことによって、結果として幾つかの要件を構成している要素の共通項(キーワード)を検出したり、コアとなる要素を見出したりすることに繋がり、身につけた技術や思考力や感覚や知識や判断力や運動能力などの全て繋がりを持ち、機能性が一段と高まるのである。

 どんな要素が系統立った繋がりになるのか、どんな技術がコアになるような重要性があるのか、どんな知識がなくてはならないようなことなのか、どんな要素がどんなことへと変化するようになるのか、始めた段階では誰にも分からないのである。しかし、何時かは分からなくてはならないのである。

 そのために、必要だと考えた瞬間それを無視する発想することによって、確信へと近付くことができるのではないだろうか。
スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード