FC2ブログ

Arena Condition

AM 9:50 May 24, '11 (Tuesday)


 今朝早くから本格的な雨が降っています。お昼頃までには止んで晴れるようです。

 馬場は、水が浮きました。



  「強い心2」

 目的に向かって、自分に自信を持って突き進む。

 目的であるターゲットを、如何なる状況にも惑わされることなく見失わずに、計画や戦略を違えずに推進すれば、必ず成し遂げることができる。

 しかし、自分の計画や戦略に自信を持って推し進めるということと、見えざる敵や障害を畏れて細心の注意を払うということとは、一見相反することなのである。

 自分の企画した計画に自信を持って、行動することはとても重要なことで、同じ計画でも自信を持ってする場合と心配しながらやる場合とでは、結果は雲泥の差ほど出てしまうものだ。

 ところが自信満々でやると落とし穴が潜んでいて、強引な力仕事に偏って細心の注意を払うことに欠けてしまうもので失敗をし、心配をしながらやると、細心の注意を払うばかりに、ここ一番の押しが足りないから分岐点を越えることができなくて結局失敗をする。

 自信と細心の注意を払うこととが、両立しない人がどうも多いのである。しかし、どうしても目的を達成するためには、自信と畏れる心とが併存しなければならないのである。

 つまり、強い心と畏れる心が同居して、初めて目的を達成することができるのである。

 強い心を持てるようになることを、先ず考えなくてはならない。

 強い心を持てるようになるためには、大脳に頼らずに感覚を鋭敏にするように訓練をすることである。
 感覚が鋭敏になれば、運動の細微に至るまで感覚的に把握することができるようになるから、意図的に注意を払おうとしなくても自動的に自律神経が機能するから、細心の注意を払うことができるようになるので、成功を収めることができて、自信を獲得できるのである。

 しかし、感覚を鍛えることなしに、理論や方法論だけで目的を推し進めても、状態を感覚的に捉えることができないので、成功を収めることはもちろんできず、詳細を的確に掴むことができないから、計画が正しかったとしても正しく実行することができないので失敗してしまい、未来永劫心の底から湧いてくる自信を持つことができないのである。

 強い心は、精神力が強かったり向こう気が強い性格であるから持てるのではなくて、体の末端神経で感じている感覚情報に気を配って、感覚を手がかりにものごとを考えたり計画を練ったりするようにすれば、やがて研ぎ澄まされた感覚を持つことができ、この洗練された感覚が、強い心と畏れる心を併存できる人格を形成することができるのである
スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード