FC2ブログ

Arena Condition

AM 11:00 May 10, '11(Tuesday)

今朝は日差しがあるものの雲が厚く、風も少々ありまして、午後3時ぐらいから雨になりそうです。

 馬場は、良く乾いていて、少しぐらいの雨では、ぬかりそうもないですが、各地では、降り出すと可成りの量降っているようです。

 今日は夏日の気温になりそうです。


 

 「中々浸透しないポリシィー」

 馬に乗ることは、馬をコントロールすること。馬をコントロールするには、馬とコミュニケーションしなくてはならない。

 このことを言い始めたのは、我がランチのポリシィーとして掲げたことなので、エルドラド ランチが今年21年目を迎えたわけだから、長いこと訴え続けてきたもだと思う。

 しかしながら、このことが中々日本人のライダー達に浸透しない。

 仕方のない事情が日本にはあったから、中々浸透しないのも無理はないのかも知れない。

 日本では、多くの方が長いことレンタル馬に乗ってきたから、ライダー自身の練習として馬に乗ってしまうのも無理はないし、インストラクターのレッスンもその殆どがライダーの姿勢や騎乗の仕方に関することに限定されてしまっているので致し方ない。

 日本の乗馬事情の最も奇異な特徴は、ライダーの訓練と馬のトレーニングをセパレートしているところだ。絶対に区分できないことを分けて行おうとしているところにある。

 物体を物理的パワーによって動かすには、支点と作用点が別々の物体上に位置しなくてはならない。もし、支点と作用点が同一物体上に位置すれば、その物体上で支点と作用点とにかかるパワーが相殺されて、物理的パワーが物体の運動に繋がることは決してない。

 ライダーは馬に乗っているとき、脚や手を使って馬をコントロールしようとするが、物理的パワーをもって馬をコントロールすることはできない。何故ならば、脚で馬のボディへプレッシャーを掛けても、同時に同じ力量のプレッシャーを支点であるシートに掛けてしまっているから、そのプレッシャーの物理的力で馬を運動させることが不可能で、ライダーと馬のコミュニケーションによって、馬をコントロールする以外に方法がないのである。

 ライダーは何らかの主張をフィジカル的に、馬に対してプレッシャーとして発進し、馬はそのプレッシャーを何らかの意味を持つものとして解釈し反応をする。その馬の反応をライダーがフィジカルで、感覚的に受け何らかの意味するものとして解釈して、その解釈に基づいて更にプレッシャーを馬に対して与える。

 このようにプレッシャーの応酬を人と馬との間で行うのが、コミュニケーションで、これらのプレッシャーの応酬をするには、ライダーは自分が与えたプレッシャーに対する馬の反応を感覚的に受け止め、その受け止めた馬の反応による感覚的情報を馬の意思と受け止めて、解釈し判断をして次のプレッシャーを馬に与える。

 ライダーにとって最大の関心事は、自分が馬に与えたプレッシャーに関する馬の反応で、自分が馬に与えたプレッシャーに対して、馬がどのような反応をしたのかを見ずして、次なるプレッシャーを与えるべきなのかどうかや、どんなプレッシャーを与えるべきなのかを決めることができないのである。

 そして実際には、これらの一連の動作を一瞬で、馬もライダーも行っているわけだから、ライダーが馬の反応に対して最大の関心を払わなければ、馬とのコミュニケーションは成立することはないのである。

 多くのライダーの関心事は、自分の姿勢であったり拳の位置であったり脚の使い方であったりしてしまうのである。しかし実際には、姿勢や拳や脚の状態を知るには、馬の反応を見るのが一番的確なのである。
何故ならば、自分の脚が適正に機能した使い方をしていれば、適正な馬の反応を呼ぶはずだし、拳も姿勢もまた同様なので、馬が正しい反応を示さないときは、それに応じて脚や拳や姿勢を変化させて、正しい馬の反応を呼び起こすように修正しなくはならないのである。

 馬に正しい反応をさせるために、ライダーが正しく扶助をしなくてはならないのであり、馬が正しい反応をしない限りにおいてライダーの扶助が正しいということはなく、馬が正しい反応をしたということは、ライダーの扶助は正しいという論法のである。

 ライダーは、常に自分の扶助が正しいかそうでないかを、馬の反応見て判断しなくてはならないのであり、自分の目で見たり自分の感覚でのみ判断したりすることは、独りよがりになるから間違いなのである。

 自分は正しく扶助しているのに、馬が正しく反応しないという人を、見ることがあるが、本末転倒な話なのである。
スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード