FC2ブログ

Arena Condition

AM 10:00 May 3, '11(Tuesday)

 今日は、憲法記念日です。

 今朝は、少し曇りがちな空です。昨日ほどは、暑くなりそうにありません。

 馬場は、相変わらず乾燥状態です。


 「仕事と本業 Work と Business」

 先日、フィギュアスケートの競技がロシアであった。

 本来日本での開催予定であったが、地震のために急遽会場をロシアに変更して開催したようだ。

 何故、日本での開催を取りやめてしまったのかということも問題だと思うが、この話題は今回の話題ではなくて、キム・ヨナと浅田真央の演技について話をしたいと思う。

 二人の演技を見て、指導者のレベルの違いを痛切に感じずにはいられなかった。
 世界のトップを競うものだけに、日本の劣勢と重ね合わせて見えてしまうのである。

 浅田真央の演技を見ていると、一生懸命スケート滑っていて、この大会までスケートの練習を、寝る間を惜しんでしてきたのだろうと思ったのである。方やキム・ヨナは、スケートの練習ではなくて、これまで磨いて生きた感性によって内面から迸る思いを、表現しようと葛藤してきた姿を見せられたように思う。

 結果、格段の差を見せつけられた思いをしたのである。

 日本は、明治維新や第二次世界大戦での大きな変革を、それまで培ってきた文化や価値観を大きな葛藤もなく、あっさり捨ててしまって欧米化という近代化を果たし、近隣のアジア諸国に先駈けて華々しい発展を遂げて、優勢な存在を自他共に認めてきたと思ってきた。

 では何故、近隣のアジア諸国は、日本より近代化が遅々として進まなかったのだろうか。それは、それなりの歴史と共に培ってきた文化と価値観があって、それをあっさりと捨てるわけにはいかず、至る所で葛藤して内紛や弱肉強食的争いが起こって、欧米文化と融合して新しい価値観を生むには、それなりの消化する時間が必要ではなかったのではないだろうか。
 しかし、日本はがらがらぽんとそれまで拘りに拘ってきた文化や価値観をあっさり捨てて、新しい文化や価値観を何の葛藤もなく取り入れて、近代化したのである。

 つまり、明治維新以降日本の近代の歴史は、近代化という仕事をしてきたのであって、価値観や文化という本分を堅実に培ってきたのであろうか。

 第二次世界大戦に敗戦して、それまでの文化も価値観もあっさりとここでも捨て去って、度量衡も小学校で学習する音楽も食生活も、新しいものが如何にも優れているといって、長い歴史で培った貴重な技術も食文化も音楽も、津波が押し流したように人為的に捨て去ったのである。

 その結果、我々は経済的に豊になり技術的に先進国入りして、如何にも誇らしげであった。

今回地震と津波の災難に直面した人達が、パニックを起こすことなく冷静に対処している姿を、世界の人達が見て驚きと感動をしたのである。
 そして世界が驚きと感動したという報道に接して、何となく誇らしげに思ったのである。

 しかし、この人達の行動の規範となった価値観や文化は、明治維新後の大革命や戦後の近代化によって創造されたものなのだろうか。いや絶対に違うのである。
 少なくても江戸時代以前の日本人が、共通して持っていた価値観の成せる業だったのである。

 つまり、世界が驚きと感動した日本人は、明治維新や戦後の近代化が創ったものではなくて、貧困であったかも知れなくて文明開化も成されていなかったかも知れない時代に宿っていた魂で、既にこの島国に永住していたのである。

 そして、韓国や中国が技術革新して、経済的にも技術的にも外交力も日本より優勢になりつつあるこの期に及んでも、その技術や経済の競争をして、その優位性を堅持しようとお粗末な戦略の二番煎じをしているのである。

 明治維新を敢行した下級武士階級が先進諸国を見て、その豊かさや発達した文明の力に圧倒されて、物質的存在しか見えなかった人達の手によって、偶像崇拝的近代化政策が実行されて、機関車、軍艦や大砲などの兵器の近代化を初め、それまでの貴重な哲学や庶民の質実剛健、高度で清廉高潔な精神を押しつぶそうとしたのであった。

 そして戦後の日本は、戦前の戦後のそれらより少しましだったリーダー達を一気に失って、二流三流の政治家や官僚によって、無残にも明治維新に耐えて残っていた価値観や文化を、更にまた偶像崇拝欧米崇拝主義的近代化政策によって、踏みにじって消し去ったのである。

 その後、驚異的経済の発展を実現して、飽食の時代を築き上げて大成功だったはずが、無気力で無道徳で職業さえ持たない国民を、大量生産しているのである。
スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード