FC2ブログ

Arena Condition

AM 9:50 April 27, '11(Wednesday)

 今朝は少々風が吹いています。気温も昨日より高くなりそうで、夜半から明日の午前中に掛けて雨が降るらしいです。

 気温は25℃を超えるようです。

 昨日宮崎県では、30℃を超えたそうで、つい昨日まで寒い日があって、早く暖かくならないかなぁ何て思っていましたが、もう夏日が来るようで、本当に季節の移り変わりは早いものです。

 現在馬場は、ベスト状態です。



 「我を失わず、且つ体の動きに任せる」

 どんな瞬間でも我を失わずにいることで、必要に応じて思考が始まるものだが、ここには大変な落とし穴が潜んでいる。それは、我を失わずに自意識があれば、体をその自意識がコントロールしようとして、事態を好転しようと意図してしまう恐れがあり、意識的に体をコントロールしようとすれば、自律神経機能を阻害し決して事態は好転しないのである。

 では、何故如何なる時も我を失わずにいることが重要なのだろうか。

 それは、その瞬間に我を失わずにいれば、その時に五感で感じる感覚を自覚することができるためで、決して体の運動を意図的にコントロールするためではない。

 我を失わずに時を刻むことによって、その瞬間に感じた感触とその結果を関連づけて考察することができ、何らかの工夫を施すことによって五感で受ける感触を変化させて、受ける感覚を変えることで結果を好転させようとすることができるのである。

 大脳の果たす役割は、五感で受ける感触を変化させるためにする工夫を考案することで、体を直接コントロールして結果を好転することではない。
 飽くまでも、五感で受ける感触を変化させるための工夫を、考案することに徹しなければならない。
例えば、その瞬間に何処を見るようにするとか、最初の構えをどのようするとか、どんなイメージを持つことが望ましいのかというように、飽くまでも間接的に体の動きに影響するような工夫を、考えることが必要なのだ。

 何れにしても、如何なる工夫を凝らす場合において、その出発点となるのはその瞬間に感じた感触に外ならず、その感触を認識し記憶に止めるためには、瞬間において自意識を失わずにいることが何より重要なことなのである。
 我を失えば、工夫のしようがない。手がかりとなる感触を記憶に置くことができないから、その瞬間に何が起きているかが分からず、ただあるのはマクロとしての結果であり失敗した結果でしかないのである。

 工夫を凝らすために大脳を使って考えなければならないのに、思考が始まらないのは、その瞬間に何が起きているから分からないから、同じ動作を繰り返すしかできなくて、工夫したいと思っても何をどこから初めて良いか途方に暮れる始末なのである。

 我を失わずにいるということは、直ぐにその瞬間の感触や状態を感じ取れるということではない。我を失っていなくても、感覚の技量が乏しければ、その時に何がどうなっているのかを知ることはできない。ただ、我を失ってさえいなければ、その時に何がどうなっているかが分からないことを、知ることもできているわけで、何がどうなっているのか自分が分からないことを知れば、そのために何らかの工夫をして、その瞬間を感じられるようにすることができるのである。

 現代の日本人は、大脳を使うべきことと使ってはならないことの境界を知らない。これを知らないことによって、使うべきことに使えていないという現象を引き起こし、使うべきことに使えないから、使ってはならないことに使ってしまうのである。

 例えば、我を失わないように工夫するために大脳を使わなくてはならないのに、結果が好転しないので結果を改善しようとして、直接的に体をコントロールしようとする。つまり大脳が犯してはならない分野に口出しをするように使ってしまうから、自律神経機能を阻害してスムースに体を動かすことができず、そしてその瞬間に得ている感触に気が回らずに、感覚は更に鈍くなってしまうから益々その事態を掌握できず、更に大脳がやってはならない分野に口出しをするようになってしまうのである。

 これらの問題を一挙に解決するためには、先ず気を落ち着けて、運動に限ることなく全ての自分がする行動において、我を失うことなく状況を掌握することに専念する必要がある。

 状況を掌握するとは、どうなっているかを知るということであるが、どうなっているか分からないということもこれに含まれるから、特に心配はいらないのである。

 先ずその瞬間に、どんな状態になっているかということに集中して、何処までが見えて、その先が見えないという事態を掌握する。
 そして、何が原因で状況が把握できないのかの原因を見つけるのである。

 そしてその原因は、不安や恐怖で我を失っているか、傲慢で自分はできている、分かっていると錯覚している場合との二つが考えられて、両者とも間隔における技量が乏しいために起きている現象なので、その瞬間において、我を失っているかどうか、気を落ち着けて観察することから始める必要がある。
スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード