FC2ブログ

Arena Condition

AM 10:20 April 11, '11(Monday)

 週末は、お疲れ様でした。土曜日の雨が大したことなく、日曜の午後には砂埃が出る始末でした。

 今日は、今曇っていて時雨がきそうな空模様です。少し降ってくれればいいと、都合の良い思いになっています。



  「印象」

 乗馬クラブという所は、未経験者にとって、また行ったことのないクラブというものが、如何に行きづらいものだし入りにくいものだ。

 常連になってしまった人や色々なクラブへ行っている人やクラブの経営者や従業員にとっては、分かりにくい感想だろう。
 特に子供の頃から親に連れられて乗馬を始めた人にとっては、行きづらいという思いさえ抱いたことないから、そんな風に見える人の気持ちが理解し難い。

 私にも経験があって、九州へ転勤になって勤めていた頃、馬に乗ってみようかと思い立って、九重高原のエルランチョグランデへ出かけていった。
 閑散としていてお客さんどころかスタッフさえあまり見当たらなかった印象が残っている。「乱」という映画のポスターがクラブハウスに飾ってあった。

 出てきたのは、おばあさんであった。
 多分当時の経営者のお母さんではないかと思う。

 色々とお話をさせて頂いたが、「馬に乗りますか」とも聞かれなかったし、こちらも「馬に乗りたい」とも言い出せずに、結局馬に乗らずに帰って来てしまった。

 多分姿格好から見て、馬に乗りそうには見えなかったのだろう。

 誰も知り合いもなく紹介者もなく一人で出かけるのは、一大決心していくようなもので、その時そんな思いをした憶えがある。

 乗馬クラブというものは、特に乗馬クラブを経営する人や従業員は、知り合いや紹介者もいないと大変行きづらいところだと認識する必要がある。

 その中でも我がエルドラド ランチは、屈指の行きづらいクラブと評される存在のようだ。
 それは、意を決してこられたお客さんの話を聞くと、多くのお客さんから聞くから、そうなのだという理解をしている。

 つまり乗馬クラブというものは、行きづらくなるような存在だということは理解しているが、エルドラド ランチが特別その中でも一番行きづらいところだという評判になっているのは、どういう訳なのかを考えてみなくてはならない。

 主たる原因は、経営者である私の発言だと思う。

 発言の一々に何らかの拘りを含んでいて、「ちょいと馬でも乗ってみようか。」なんて軽い気持ちで来るような人を、拒んでいるような雰囲気を醸しているに違いない。また、そんな軽い気持ちでなくとも、上手く乗れるようになりたいと思っても、スパルタ式や競技一点張りのように、甲子園を目指す高校野球のような印象を持たれているに違いない。

 多分同業者からもそう見えている節があって、あるクラブへ行ったらエルドラド ランチのことを、そのようにいっていたという話には事欠かない。

 しかし、そのようなことをいったクラブの人が、我がクラブへ来たことはないから、多分のその人も他の人から聞いた話に違いない。

 そんなことは兎も角、私の発言には、強い拘りを相手に印象づける。濃い色をしているに違いない。

 私の心情は、誰でもが自分なりの拘りを持って馬に乗って欲しいと思っており、そしてそれは馬をより従順にするというベクトルを持っているということだ。

 この心情を変えるつもりはない。しかし、それが来場者拒むような印象を持たれるというのは、致し方ない。
生の私を見ないで勝手に私を評するのは、世間一般に有り触れた話で、だからといって大衆迎合するように自分の拘りを捨てるつもりはない。
 しかし、我がエルドラド ランチの馬場には、怒鳴り声もないし、号令もないである。

 そして、私は、上手に馬に乗れるようになるには、努力もいらなければ一生懸命する必要もないと考えている。 更に、臆病者は、それだけで才能の持ち主で、むしろ恐怖感のない人の方が危険だと考えている。

 勿論一生懸命やってもいいし努力しても良いのだが、私は普段着で当たり前のことを当たり前のように考えて体を動かせば、必ず上手になるし目的が叶うと思うのである。
スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード