FC2ブログ

Arena Condition

AM 10:15 March 2, '11(Wednesday)

 穏やかに柔らかい日差しの朝です。微風程度の風が吹いています。テレビの予報では、冬型の気圧配置になって、今週は寒くなるとのことでしたが、春真っ直中といった感じの陽気です。

 馬場は、多分に水を含んでぬかった状態です。回復するには、少なくても2~3日かかるでしょう。


 「判断は、誰がする」

「これで良い」
「これで満足だ」
「パーフェクトだ」
「分かった」
「なるほど」
「すっきりした」
「ぴったりだ」
「美しい」
「見難い」
「これじゃない」
「すっきりしない」
「違う」
「分からない」
「くるっている」
「真っ直ぐだ」
「真っ直ぐじゃない」
「駄目だ」
「完璧じゃない」
と判断するのは、誰がするのだろうか。

 人々は、瞬間、瞬間で、この判断をしている。

 しかし、「これで良い」とか「これで満足だ」というのが分からないという。
 そして「これで良い」とか「これで満足だ」というのがどういうことなのかを、教えて欲しいという。

 「これで良い」ということは、このようなことだと教えるとすると、どうなるのだろうか。
 教えることができたとしても、その人は的確に判断できるようになるのだろうか。

 そもそも教えることができるものではないし、教えたところで「これで良い」という判断ができるようになることはない。

 「これで良い」という判断をしてはならないのである。

 判断を神に委ねるか、自然に「これで良い」という思いが降りてくるまで、勝手に判断してはならないのである。

 つまり、「これで良い」という判断を、大脳で意識的に下してはならないということで、大脳で判断すれば本当に「これで良い」という思いが降りこなくなって、永久に「これで良い」という瞬間に巡り会うことができなくなるのである。

 誰も「これで良い」というものを、誰かに教えを請う必要がないのである。
つまり判断を大脳でしてはならないということで、大脳が知らないことを、誰もが「私は知らないことだ」と思ってしまうので、その不安から誰かに教えて貰いたくなったり、知らなければ判断ができなかったりすると思い込んでしまう。

 しかし、大脳が知らないことは知らないということではなくて、単に大脳が知識として記憶していないことに過ぎず、大脳に記憶していないことでも、人は判断ができるとうことなのだ。

 例えば、車を運転しているときにタイヤの位置を、見たことのある人はいない。見たことがないということは、大脳に記憶していないということであるにも関わらず、運転するときにタイヤの位置をほぼ正確に認知して、車線を守ったり車庫入れをしたりしているのであり、運転手はタイヤの位置を大脳で記憶していないにも関わらず、正確にその位置を判断して運転しているのである。

 つまり、人間は大脳が知らないことでも、沢山のことを判断して生きているのである。

 「これで良い」というものを予め知る必要がないのであり、意識的に「これで良い」という瞬間を、判断しようとしないで、その判断は神に委ねなくてはならない。

 神に委ねるということが性に合わない人は、自然に「これで良い」と思えるまでやり続ければいいわけで、心配なく自然に思えるのを期待していればいいのである。

 つまり感覚的「これで良い」と感じることができる以外に、判断してはならないということなのだ。

 「これで良い」という判断をするということを、念頭に置く必要がなく、第三者に判断を任せてしまうようなつもりになることが、良いのである。

 判断の必要性を思う必要もなく、してはならないという結論になる。
 
 判断をしようと思った瞬間に、意識的に大脳が作用して判断を必ず間違えてしまうから、決して意図的の判断しようとしたり、しなければならないと思ったりしてはならない。判断そのものから意識を外して、自然に「これで良い」と思える瞬間を、目指して行動すればいいのである。

 大脳でする判断は、全て間違いだと思って差し支えない。
 大脳で、判断をしているのは馬鹿がすることだ。
スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード