FC2ブログ

Arena Condition

AM 10:00 January 5, '11(Wednesday)

快晴無風です。

 馬場もベストコンディションです。


 流石に今日で仕事始になったことでしょう。

 2011年のお正月気分もお仕舞いのようです。

 
 「全ては、心のなせる業」

 日本が第二次世界大戦に参戦して、結局日本は敗北するわけだが、このときの軍部を始め国民の大多数は、「我が日本は、神国で、神国が敗戦することはない」「精神一到何事かならざらむ」「欲しがりません、勝つまでは」「何事も良くできないということは、精神が弛んでいるからだ」というような言葉に代表されるような、精神主義的思想の元に何事も推し量って、論理的に戦局や戦略を議論しようとする風潮を悉く否定して、気が付いたときはどうしようもなくなって悲惨な敗戦という結末を迎える。

 この事態をつぶさに見た司馬遼太郎は、このような精神全能主義的考え方が本当の日本人の姿なのかという疑問を持ち、歴史小説を書く作家になったそうで、「坂の上の雲」という作品が今NHKで放送されていますが、日清日露戦争・日本海海戦の時の日本を描いている。

 このときの日本人は、あらゆる角度から戦争を、戦略や終結をシミュレーションして戦端を開くような論理的思考のできる国民であったことを描き出している。しかし、このときの戦勝が、その後の軍部や国の中に、精神主義を増長するような風潮を作ってしまうことに繋がったともいっている。

 技術や感覚が洗練されて、その技術を駆使して何事かを成す。そしてその技術や感覚が飛躍的に高まったときに、画期的に成果を現すことができる。しかし、何処でその成果を満足して暫しの休息を取ったり心の安らぎを得たりして、その後に、次の挑戦に向かうかはその人の心のなせる業である。

 人は、将来や未来に向かって精進して、道を開きつつ人生を歩むが、今を実感して充実感を得たり喜んだり悲しんだりしてこその将来や未来であることもまた確かである。
常に人は今を生きているのであって、過去や未来に心を馳せることはできても、過去や未来を実感することはできない。飽くまでも頭に描いた想像でしかないのである。

 今の状況や今の自分の心境を具(つぶさ)に捉えてこそ、想像する過去や未来により現実性が増すというものだ。

 人が何かをするときに、目標や目的があって行うものだ。しかしその目標や目的を絶えず詳細にまた深く理解するようにすることで、絶えずとは、行動を起こすときだけでなく、行動をしている最中でも終わってしまった後でもという意味で、そうすることによって今の自分から心をそらすことなく、状況を判断したり今現在の成果を具(つぶさ)に見たりして、「過ぎたるは及ばざるがごとし」「少し足りないことを以て良しとする」「腹八分」という言葉があるように、今の状況を把握してこそ、道途中にして満足したり充実してこその人生なのである。

 「全ては心のなせる業」とは、目標や目的に向かってものごとを行っても、目標や目的を何となくというように大雑把に捉えていると、結果が悪くとも自分の足元を見ず、良くても更に欲をかいて休息を得ようともせず、道を共に歩むものがいればそのものと途中の成果を共有して、暫しの満足や充実を共有しようともしないので、結局は元の木阿弥で振り出しに戻って折角得た成果も台無しにしてしまう。
本人も確かに一時的に確かにあったと思える成果でも、失ってしまえば自分には無理だとかいうように勝手に判断してしまうのが落ちで、本当はその成果から大きなものを学ぶことができるのに、みすみすその機会を失ってしまう。そして、その失った機会がとても大きなものだということさえ気付かないのである。

 立ち止まって、今を見る必要があるのだが、心が何処を向いているのかを自分の心が捉えていないために、事態を打開することができないのだ。
スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード