FC2ブログ

Arena Condition

AM 9:40 December 22, '10(Wednesday)

 昨夜は、台風のような風雨でした。激しい荒々しい風と雨で、今朝はまるで、台風一過のように綺麗に晴れて、雲一つありません。

 今日から週末にかけて良く晴れて良い天気が続くようですが、暖かいのは今日までで、明日からは最高気温が
10°位までしか上がらないようです。

 今日は17°位まで上がり、可成り暖かくなるようです。

 馬場は、また振り出しに戻ってしまいました。折角昨日重馬場まで回復したのに、今日は全くぐちゃぐちゃになってしまいました。

 今日は暖かいので、何処まで回復するでしょうか。週末までには回復すると良いのですが。


「考えるにおける戒律」

 皆さんは、ものを考えるときここから先は考えてはいけないとか、このことは考えるべきではないとかのように、考えることを戒める境界線や領域をもっていますか。つまり、考える戒律がありますかということである。

 色々な人にこの質問をしてみるが、戒律があると応える人に会うことができない。

 私には、はっきりと境界線や領域が決まっていて、その領域では、行動するのみであれこれと企てたり意識したりしてはいけないという戒めをもっているのである。またその反対に、この領域以外はよく考えなければならないと思っていて、考えるにおいてここまでで良いという限界線はないとも思っている。

 考えてはならない境界線は、簡単に言ってしまえば考えても分からないことである。考えても分からないこととは、その人が知識や能力がないために分からないという意味ではない。能力や知識があったとしても分からないことは、考えてはならいということだ。

 例えばバランスを取って自転車に乗る場合、なだらかな斜面で自転車のペダルを外して、斜面を利用してペダルを踏むことなしに自転車に乗って、バランスが取れるようになるまで練習する。そしてバランスが取れるようになってからペダルを取り付けて、ペダルを踏んで自転車に乗る練習に入るのだそうだ。すると、大抵の人、直ぐに自転車に乗れるようになるのだそうだ。

 自転車に乗るということは、バランスを取ってペダルを踏むということを、人は行っている。このとき、バランスを取るのは自律神経で行い、ペダルを踏むのは意識的に行っているのである。もしペダルを踏みながらバランスを取るとなれば、人は意識してバランスもペダルを踏むこともやろうとするので、自律神経機能を意識が阻害してしまうので、なかなか自転車に乗れるようにならないのである。そしてこの間に、転んだり躓いたりして恐怖心が宿ってしまえば、益々自律神経機能であるバランスが取れなくなって、自転車に乗れる日が遠退いてしまうのである。
 しかし、最初にペダルを外すことによって、意識してペダルを踏まなければならない必要性を排除して、無意識にバランスを取って自転車に乗ることに専念でき、自律神経機能を意識が阻害する要因を低減することができるので、早くバランスが取れるようになって、気楽に自転車に乗れるようになって、バランス感覚が養成されてからペダルを取り付けて、ペダルを踏むという行為を強制しても、意識が自律神経機能を阻害しなくなっているので、バランスを取りながらペダルを踏むことができるというメカニズムである。

 このことを考案した人は、考えてしなければならないことと、考えてはならないことの境界線がはっきり見えていたのではないかと思うのである。

 つまりバランス感覚というものは自律神経機能だから、そこに意識が作用すれば、機能の低下が起きるというメカニズムを見つけ出して、バランスを取ることに意識が介入することを極力軽減する方法を考え、ペダルを取り外すことを考案したのである。しかし、バランスを取るために、どのような体重配分でサドルに座ったり頭の位置を意識したり、肩や足をどのようにするとかのようなことは、一切考えてはならいという戒律をもったといえるのである。

 課題が想起したときに、これを解決したいと思えば誰でも攻略する方法を考える。その時意識的に行うことと自律神経によって行うこととが、どのように分布して存在するのかを分析しなければならない。
 
 人は特に大人の人は、戒律をもたなければ何処までも考えて何事もやろうとするものだ。そして考えてはいけない分野までも意識が介入してやろうとして、失敗の連続や恐怖感や無力感など、様々な成功ができなくなる要素を生産してしまうのである。

 自律神経機能で行うべきことに意識が介入してしまうことは、あらゆる不幸を生産するのである。しかしこの境界線を見つけるためには、考えなければならないのである。

 自律神経の行うべき行動だけが考えてはいけないことではない。他にもあって、例えば感情もその一つである。

 人は、その局面において色々な感情が心を占める。その感情をコントロールすることは至難の業であり、大業を成すには感情のコントロールが何よりも不可欠のである。

 感情のコントロールにおいても、できない人ほど直接的に意図的に感情をコントロールしようとして失敗をするのである。これもまた自律神経機能と同様で、コントロールしようとすれば間接的にしなければならないことであり、感情に意識が直接介入しようとすれば、必ず失敗するだけではなく、感情が湧きあがることによって機能している作用を阻害してしまう。

 感情のコントロールにおける、考える戒律については文章が長くなってしまうので、次回に譲ることにする。


スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード