FC2ブログ

Arena Condition

AM 10:00 October 22, '10(Friday)

今朝は、秋晴れとまではいい難いくらい雲がありながらも晴れています。そして、風が少しあります。


 馬場は、昨夜遅くまで霧雨が降っていた関係で、水が浮く寸前の不良馬場です。

 今日一日で、風があるので大分回復しそうです。



「公式2」

 技術を習得するために、体を訓練する。

 それなりに道を辿りながら訓練する内に、何らかの情報を獲得して知識が増えていったり、訓練の方法や優先事項などのセオリーを身につけたりして、進歩を見るものである。

 経験を積んでいく内にセオリーが身について、物事を進めていく手順が決まっていき、何らかの法則に従って訓練を進めるようになるもので、時々新しい考案があったり改革があったりしてその手順や方法が変化する。

 そんな道程を進んでいく内に、方法や知識を獲得するのと並行的に一定の法則が見つかっていくものだ。
 この法則が公式である。

 結果を求めて色々な知識や方法を習得するのと同時並行的に、何らかの法則がそこに潜んでいるのではないかという探求心を持って、トレイニングすればどんなことにおいても必ず潜んでいる法則が見つかるもので、その法則が見つかれば効率よく成果を上げる事ができるし、次なる展開を予測することが容易くなるのである。

 しかし眼前の課題を追いかけるあまり、そこに潜んでいる法則を意識的に探究しようとは思わない。または、一つ一つの方法の公式を数多く覚えることが、公式を知ることだと考えてしまうものだ。

 頂上を極める場合、幾つかのスキルを身につけなければならない。そしてそれらのスキルには優先順があって、その優先順を違えずに習得して山頂を目指す。
 段階的に一つ一つクリアしなければならない技術があって、手をどう動かして足をどう動かして、それらの体のパーツを動かすのにボディコントロールをする。こんな風に、必要な技術を取得していくものだ。
 多くの人が心の置き所として注目するのは、体をどのように動かすかという課題だ。本当は微に入り細に入り感覚的に自分の体をコントロールできる感覚を養ってこそ、必要である技術的な動かし方が可能になっているのであって、その感覚なしに機械的に体を動かしても、結果はまるで違ってしまうものなのだ。
特に相手が動物だったりすれば、結果はまるで正反対になってしまうし、使うものが道具であっても、使う人の気が道具に乗り移っていくような感覚を覚えるようにはならないのである。

 ここで述べたい公式とは、表面上の方法論ではない、方程式の奥に潜む森羅万象に共通する数式のことで、指先やつま先や呼吸の感覚で感じる情報に基づいて計算される数式のことである。または数多くの法則に共通する数式や原則のことを指すのである。

 一つの結果を生むために、一つの方法があって、その方法とは、ある法則に従って事を進めることによって、必ず同じ結果を得ることができるということである。そして異なった結果を生むためには、また違った法則に基づいて事を進めることで、その結果を生むということである。ということは、求める結果が違えば、それ毎に方法や法則を学ばなければならないということになる。
 しかし、幾つかの結果の積み重ねによって大きな結果を生もうとする、つまり、一定のベクトルの元に、幾つかの結果を積み重ねて大業を成すには、覚えきれないほどの数の方法を学ばなければならないことになってしまう。
それができる人はそれでも良いのかも知れないが、幾つかの法則や方法を知ることと同時に、それらの法則に共通する数式を見いだそうと探求心を持つことによって、必ず全てのことに共通する法則を発見できる。

 緊張と緩和・プレッシャーアンドリリース、この往と復の両極点の間をどのような循環サイクルを繰り返すかによって、必ず肯定するか否定するか、受諾するか拒否するかが決定づけられる。
  ax + by = c
 c = Response(反応・結果)
 x = プレッシャー(圧力・緊張)     y = リリース(解放・緩和)

  a = プレッシャーの値      b = リリースの値

 公式とは、往復運動の出発点がプレッシャーで、折り返し点がリリースで、この間に反応や結果が望まれるものであれば、bの値が0となって、望ましいものでなければ、bの値が a < b となって、望ましくない反応を否定し、望ましい反応へと変化が現れたら、a > b となって、この反応を肯定したことになるのである。

 プレッシャーとリリースとの関係は、 a > b の場合は、aがプレッシャー、bがリリースとなり、a < b の場合は、 aがリリース、bがプレッシャーとなる。
 つまりプレッシャーとリリースは、絶対値において判断されるものではなくて、相対関係において判断されるものなのである。

 この公式において大変重要なことは、反応が望ましいのかそうでないのかを判断するためのセンサーが備わっていることが、正しい判断をすることを可能にする。
スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード