FC2ブログ

Arena Condition

AM 10:00 October 20, '10 (Wednesday)


 今朝は曇っていますが、雨は降らないようです。その代わり明日は、50%の雨の予報になっています。

 馬場は、ベスト状態です。

 「メンタルの運動2」

 私は、以前危機感によって物事を推進する作用を情けないことで、向上心などの能動的発動によって行動を起こさなければならないと考えてきた。

 精神のアンバランスから安定へ向かうベクトル(メカニカルムーブメント)のことを分析してみれば、一概に情けないと断定するのは考えが浅いのではないだろうか。このメンタルの運動は、自然の成り行きで必然的に起こる精神作用であるから、人の才能や能力や性格やその時のコンディションに影響されることが少なくて、誰でもが行動できる運動だ。

 しかし、向上心や欲望などの能動的精神作用(テクニカルムーブメント)によって物事を成そうとするには、可成りのエナジーを必要とし、強い精神力や向上心や欲望やコンディションが伴わなくては堅持できないから、誰にでもできるということになりにくい。

 以上の論理から如何に自然に物事を成すためには、向上心や欲望などの能動的精神作用によって物事を成そうとする場合でも、メカニカルムーブメントつまり精神の不安定を作り出して、必然性を利用することを考えれば、才能やの精神力や性格やコンディションに影響される度合いを最小限にできるのではないだろうか。

 能動的精神作用でばかりで目的を成そうとすれば、疲労した反動で結局目的を達成することができなくなってしまう。しかし、精神的不安定である危機感や渇望や空腹感や痛感や羞恥心などを想定することができれば、必然的にメンタルは、これを回避または制覇して安定へ向かおうとするから、回避せずに制覇して不安定から安定へと向かうように行動すれば、目的を達成することができる。

 しかし自ら精神的不安定を作り出すことは、嫌悪するから中々難しい。

 安定と不安定は、力学的にいえば正反対の極点に支点が存在するもので、重心の遠くに支点が位置することによって安定が作られて、その逆に重心に対して支点が近ければ近いほど不安定が作られる。重心の真下に支点が位置すれば、最小限の支持力で支えることができる一方で、容易に不安定になるということだ。

 自分の精神の重心が何処にあるかを突き止めて、支点をその真下に置くか遠くに置くかによって、安定と最小限の力で安定を作り出すかを知る必要があり、これを知ることによって、自分自身の力でメンタルのバランスをコントロールすることができる。

 メンタルのバランスをコントロールするものは、エモーション(感情)である。つまり感情を自分のメンタルに対してどの位置に置くかを意識しなければならなくて、エモーションをコントロールすることによってメンタルをコントロールできるということになるのである。

 メンタルもエモーションも絶えず運動するものだから、それを安定から不安定そして安定へとコントロールするので、状況によっては簡単なことではない。

 目的を達成したり向上心を満足させたりするには、何れにしてもメンタルの作用によって行動しなくてはできないから、このメンタルの運動をエモーションのコントロールによって操作するのである。

 エモーションとはいうまでもなく、何をもって喜び、何をもって悲しむといったことであるから、メンタルの方向性と連動するようにすることで、メンタル(意思)が向上や上達を求めるとすれば、エモーションはそのことが推進されれば喜び、推進されなければ危機感や羞恥心を持つことができれば、目的が達成されないことによってメンタルの不安定が作り出せて、メカニカルムーブメントを活用して、テクニカルムーブメントを補佐して目的へ向かうことができることになるのである。
スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード