FC2ブログ

Arena Condition

AM 9:45 September 13, '10 (Monday)


 今朝は曇っていますが、これから晴れて暑くなるそうです。


 「テクニックとパワー」

 パワーで行うべきことをテクニックでカバーしようとすることは、心理的逃避に他ならない。

 パワーに変わるテクニックを駆使しようとするのは、初心者のライダーの多くに見られるが、希に上級者クラスのライダーに見られることがある。
 上級者になってもパワーに変わるテクニックに頼ろうとする人には、消極的な性格の人が多い。

 パワーで行うべきところは、パワーをもって当たらなければ決して解決はしない。誰もが薄々感じていることだが、ついテクニックで対処できるかも知れないと思ってしまう。何故ならその人は、パワー以外のことで解決したいと願う気持ちをもっているからだ。そして、パワーを駆使するには勇気が必要だしリスクが伴うものだ。それでも勇気を出して何回か挑戦はしているが、成功しなかったり危険で不安だと感じたりしているものだから、それに変わるテクニックはないものかと徐々に逃避してしまうのだ。

 しかしパワーに変わるテクニックは、絶対にない。

 馬を推進するためには、馬に対して影響力のあるライダーにならなくてはならない。影響力のあるライダーになるには、必要なときに必要なパワーを使えなくてはならない。
 必要なときとは、馬の推進力が減退したときだから、その減退した推進力を高めるということは、馬のメンタルに極めて強い影響を与えることになる。

 メンタルへの影響力は、そのものがもっているベクトルに対して与えられる外的要因が逆向きと同方向の場合、同方向の方がより大きい。乗馬の場合は、進行しているのをより推進することが同方向で、その進行を抑制することが逆方向の外的要因だということになる。

 私は、馬に乗るのにパワーが必要だとは思っていない。しかし、馬に対する影響力はとても必要で、必要なときに必要なパワーを使えるライダーは、馬に対する影響力が強いから最小限のパワーで、大きなパワーを発揮することができる。結果的にそのパワーを使う必要頻度が少なくなるのである。
 例えば、必要なときに脚を強く使えない人は、馬が優位性をもってしまって、実際に強く脚を使っても推進されないのである。
 ライダーが必要だと判断したとき、脚を必要に応じた強さで入れることができるようになると、それほどパワーを必要としないもので、ライダーがパワーを使わなくても馬に強い影響力をもつことができ、パワーを発揮できるようになるためには、必要だと判断したときにその必要に応じた強さの脚を入れるようにすることができるようになることだ。
 従って、パワーが必要なときにテクニックに頼ってしまえば、馬の優位性が大きくなってしまうので、ライダーの影響力は小さくなって、結果的に思ったように馬を推進できなくなってしまうのだ。

 
 一方で、多くのライダーは、経験を重ねる内にそれなりにパワーを身につけて上達する。上達することによって、当然のようにそのパワーを駆使して、それなりに馬をコントロールするようになる。

 この場合、パワーが身につかないときにされた馬の抵抗による様々なイレギュラーに対処するために四苦八苦した思いが脳裏に焼き付いていて、その初級者時代の失敗体験が悪影響を来たし、身についたパワーを絶えず駆使して馬のイレギュラーを事前予防したいと思ってしまう。パワーの身についたライダーに対しては、それだけで馬は抵抗心を失っているにも関わらず、絶えずライダーが予防線を張ってしまうものだから、馬のストレスやフラストレイションを作り出してしまうのである。 
 パワーを身につければ身につけるほど、そのパワーを如何に使わずして、馬をコントロールするかを考えなくてはならない心の寛容さをもたなくてはならない。
 必要なときはそれがなくて、身についたときはそれを必要としないという矛盾した話だが、身についたパワーはその存在だけで何らかのプレッシャーを馬に与えているから、パワーを身につけたときこそ駆使することに慎重にならならなければならなくて、絶えず身につけたパワーを使ってばかりいれば、そのパワープレッシャーが慢性化するか、馬の理解ではなくて抑制ばかりを強要されるわけだから、強い影響力によって馬はさんざん精神的に振り回されるということになって、中上級者ほど馬のメンタルを荒らしてしまうのはこのことが原因だ。

「実るほど頭の垂れる稲穂かな。」という格言があるが正にこの通りで、身についたパワーを抑止力として秘めた力として有効に活用することがとても重要なのである。

 初心が馬に乗ると馬が怠けるようになったりするが決してメンタルが荒れたりパフォーマンスが壊れたりすることはない。中上級者が身につけたパワーによって同時にもたらされた影響力を自覚できていないことが原因となって、絶えずその威圧感や実際のパワーを使って影響力で、無意識にプレッシャーをかけ続けるものだから、馬の精神が荒れたりパフォーマンスが崩れたりするのである。
 中上級者のライダーになった時は、パワーを必要なときに必要な加減をして使うぞという気持ちを、心に秘めた強い心で寛容な気持ちもって馬に対し、労りの気持ちを自然にもつことができるようにならなくては、馬のメンタルやパフォーマンスが壊れてしまうのだ
スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード