FC2ブログ

Arena Condition

AM 10:00 August 12, '10 (Thursday)

 今朝は、台風の影響か少し強い風が吹いています。

 予報では夕方少し雨マークがついていますが、どの程度の雨になるでしょうか。

 今日は水を撒きません。

 「思いつきを立証する」

 色々な体感や知的情報としての刺激があって、それはどのようなメカニズムやどのようなリレーションシップがあって起きているのか、また複数の情報の関係性においてどのような変形や変質が起きるのかなどについて、立証できる論理や想定できるプロセスを見出すことが考えるということだ。

 因果関係やプロセスを見出したところで、何の役に立つのだろうか。そんなものを見出さなくても、何ら不自由はない。

 何で、こうなるのだろうか。
 何で、こうならないだろうか。
 これを、こうしたらどうなるのだろうか。
 これとこれを合わせたら、こうなりはしないだろうか。

 世の中に何でこうなるか分からないこと方が、分かっていることより遙かに多いわけで、分かることができるようになるために必要不可欠なわけではない。何かと何かを組み合わせて思い通りの変化を意図しなくても、なるようになるものだ。
 確固たる理由があって考えないわけもないし、確固たる理由があって何かを変えたいと思わないわけでもない。 只、必要を強く感じないだけで、自分では精一杯考えて生きてきたとも思っている。

 意図して導き出した結果と偶然に起きた結果とは、客観的には同じであっても自分にとってもたらされる意味合いは全く違う。そして2次3次と変化が積み上がっていく段階を経る毎に、それはそれは全く異なる世界が訪れる。

 原因を追及したり変化を想定したりすればこそ、失敗したり結論を見出せずにいらいらしたりやきもきしたりとその代償も大きいものがある。
 代償とは、落胆の連続を体験することだ。しかしそれも束の間で、一旦結果や原因の追及が叶うと、着眼点も工夫もそんなに的外れにならなくなって、成功の方程式が宿るようになる。
 我々が過去を振り返って原因を模索したり意図して将来をつくったりできることは、この地球上に存在するものや現象として起きていることの1%にも満たない。しかしそれを成そうとすることが考えるということで、それは意図して何かを手に入れようとするからこそ存在する。それが技術であっても知識であっても、何らかの目的があってそれを達成しようとするからこそ、原因の究明が必要だと思ったり、変化を想定して今何をすべきかを判断したりする。

 思考する場合、幾つかの選択肢があってどれを選ぶか迷って思考停止が起きがちだ。しかし選択は、どれを選択するか問題ではなくて、はっきり自分なりにそれなりの理由を明確に認識して、選択することが重要なのである。この認識と選択が何事よりも優先して重要だ。

 選択することに迷いが出てしまって、曖昧なまま選択してしまうことが何よりも拙いことで、選択の根拠が正しい論理に基づいているかどうかが問題ではなく、勿論正しい論理に基づいていることが望ましことだが、そうでなくても自分なりに考えた根拠に基づいた認識の元に選択することによって、結果が思うようでなかった場合や意図するものであった場合でも、その認識を手がかりに更にものごとを探求することができ、やがて意図する結果を導き出すことができるし、その為のメカニズムもまた確信することができるのである。

 感づいたことや思いついたことは、それまでの体験から想起するものだ。
 目的や希望もまた然りである。

 意図して結果を企画する。そして結果が導き出されて、その根拠もプロセスもまた意図したものとして導き出す。
 何とも素晴らしいことで、誰にでも実現可能なことなのだ。

 ものごとの可能性は、可能性の段階では幾つもの要因を具備しなければ到底できないように見えるものだ。しかしその実態は確実な一つの要因が具備されることによって、同時に幾つものことが達成できるものなのだ。

 幾つもの要因を中途半端な完成度で身につけたところで、結果もまた完成度が低いもので、更に高度な結果を求めようとすれば益々難易度が高くなって、結果の完成度は益々低くなる。

 一つの要因を確実なものとして理解したり身につけたりすることを重ねて、結果を積み上げることができれば、結果の完成度は高くなりレベルが上がるに順ってものごとは単純化して、益々容易になるものなのである。

 思いつきの立証は、生活必需品ではないけれど、部屋の模様替えに如何でしょうか。
スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード