FC2ブログ

Arena Condition

AM 9:00 August 5, '10 (Thursday)

 暑い暑い暑い夏の朝です。何もかも気怠くやる気を奪ってしまうような暑さです。

 馬場は、昨日少し時雨があって、少し湿り気がありますが、直ぐに乾いてしまうでしょう。


 「創造(Creation)の孤独」

 新たのものを考える出すことを創造という。これに対して、現在あるものを変革して別のものや改良したものを、作り出すこととは全く違うことだ。

 創造でもそうでなくても、現在ある環境に全く影響されていないということはあり得ないが、創造とは、決して現存するものから発想がスタートしているのではなくて、理想や要望が先にあって、そこへ達するために色々な状況や環境にあれこれと影響をされて考え出すことだ。一方創造に似ていてそうでないものは、発想のスタートがアンチテーゼで、現状に対する不満や反抗心から発想して、現状の変革を意図する。
 
 創造でない方の人達やこれを支援する人達は、自分たちが考えてることは、創造だと勘違いをしてしまう。
この勘違いは、大変リスキーな勘違いだといわざるを得ない。

 何故なら、ものが成り立っているのは、色々複雑に構成要因がそれぞれに機能し合っているもので、例えば今国民の人気で盛り上がっている事業仕分けが良い例で、これは決してクリエイティブがものとはいえない。それは資金や運営に無駄があるかどうという視点でものを見ているからで、基本的にこの国の進むべき方向性があって、国家戦略に基づいて事業そのものがどうあるべきかという視点がなければならない。そしてその視点に基づき合理的に運営が成されているのかどうかをチェックするのであれば、それは創造という事に結びつくことになる。
 しかし、飽くまでも国家戦略に基づく視点がなくて、事業運営の根幹的趣旨や運営の意図の説明を聞かずに、只資金運用の無駄があるのかどうかにだけ視点を置いて検証している。この結果何が起きるかというと、確かに資金の流出は止めることはできるかも知れないが、各分野における創造的建設的能動力を欠くことになってしまって、無気力な行政組織に変化してしまうので、国力が一気に減退してしまうのである。

 民主党政権になって、大衆迎合合戦が謳歌して、政治主導を唱うあまり官僚達から能動的活力を奪い取ってしまって、この国はあらゆるところで危機管理機能が失われてしまっているのである。

 今までの自民党政権が良かったわけではないが、権力の一極集中的がなかったせいで、それぞれの分野が能動的に国家戦略的に必要性を勝手に考えて、活動してきたので、色々な機能が働きを持っていた。その分可成り不合理な資金運用が成されてきたのも事実だ。
 もしこれを改革しようとするのであれば、国家戦略的思考が根幹となった視点において、全体を俯瞰してあらゆる事業をその国家戦略に照らして、要不要の判断をしなくてはならないのである。

 生来の国家のあるべき姿を示すことは、普段から物事の理想や根幹について思考をこらす訓練が必要で、今の日本にように、テレビを中心に国民思想の形成が成されている中で、絶えずアンチテーゼで体制批判ばかりで、理想や将来像を規範としてものを見たり考えたりするという文化を抹消してしまっては、日本という国の将来が危ういものになってしまうのである。

 個人の人格形成においても同じで、自分のあるべき理想や将来像から、現在を見たり行動規範を決めたりするように、普段から心がけて自らを訓練する必要がある。
発想の原点を、理想や将来像にするということは、孤独な戦いだ。

 誰かの批判や大多数の人達と合っているかどうかという発想ではなくて、自分の理想や将来像に照らしてものを見るということである。

「大人は、和して同ぜず。小人は、同して和せず。」という言葉があるが、優れた人は、自分の理想や将来像が定まっているから、他人と接するときに小異を捨てて協調することができるが、決して自分を捨てることはしないから同化してしまうことはない。しかし一般的な人達は、自分の理想や将来像からものを見たり判断したりする習慣がないから、直ぐに他人の考え方に影響されて同化してしまいがちだが、少しの違いや好き嫌いで他人と協調することができないものだという言葉だ。
 物事を貫くには、周りの人達の意見を聞くことは必要なことだが、その何れの意見に対しても、つまり好意を寄せる相手の意見であっても嫌いな人の意見であっても尊敬している人の意見であっても、絶えず自分の考え方や理想などと照らして評価を下し取捨選択を判断する。また自分の意見や考え方で行動する場合に、周りの人がどう思うかやどんな影響を与えるかなどという視点ではなくて、自分にとっての理想や将来像にとってどうあるべきかという信念に基づいてしなければならない。そんな孤独感に自分の信念で耐えることができなくては、物事を貫くことはできない。
スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード