FC2ブログ

Arena Condition

AM 9:30 June 2, '10 (Wednesday)


 今日は快晴です。

 昨日と比べて今日は気温が高くなるようです。

 馬場は絶好調です。

 「宇宙人の世界」

 何事も意識的にできることと、意識しても如何ともできない、技術的なことや反射神経で対応することや研ぎ澄まされた感覚的なことがある。

 宇宙人でも地球人でも、意識的にはできない分野の世界に達しようという願望や目的や欲望を持つものだ。

 この目的を持ったときに宇宙人は、意識的にできることに対して意識をしようとしない。
そして無謀にも、感覚的に洗練されなければそれができたかどうかさえ分からないことをやろうとする。

 自分の技量でできる範囲においてできることを踏まえて、意識してできることを厳密に守って自分を訓練することによって、徐々に自分に感覚や技術が備わってきて、自分がトライすることの成否を的確に判断できて、何が拙かったのか何ができているのかを掴むことができて、改良や推進をすることができる。

 そして始める段階であっても進展の途中であっても、如何なる状況においてもそれなりに、自分の指針を持ってことに望むことができる。

 宇宙人は、自分の行動において自分がいない。

 今それをするのは、自分が何を望んでいるのか。何のためにと考えているのか。自分にはそれがあると思い込んでいる。しかし、その時に自分がいない時空間が存在するのが当たり前で、その人間の訓練度によってその時間が多いのか少ないのかが決まる。

 しかし宇宙人の心は、決してその自分のいない時空間に対して心が向いていない。

 局面において自分が良としないと気付いているにも関わらず、その局面に立ち止まって、良としない状況の改善をするために考えたり試作を講じたりして、完全改良を企てようとしない。

 完全改良を企てれば、必ずや意識的にできることから始めざるを得ない。意識的にできることを改善してこそ、意識では及ばないことを改善できる。

 長期展望を誰でも持っているものだ。
しかしランドスケープというグランドデザインを実際に造形するには、施工図という詳細な設計図を書かなくては、実際に作業を進めることはできない。
 長期展望をグランドデザインから施工設計図に書き換えてこそ、長期展望から長期目的と代わる。

 そしてその長期目的を実現させるために、短期目標を持たなければならない。その短期目標もまた、自分の技量に基づいて詳細な設計図を書かなくては、一つのブロックを作り上げることはできない。そのブロックを一つから二つ、二つから三つへと積んでいくために、一つ一つのブロックを作り上げる確かな技術を身につける必要がある。

 確かな技術や見識を得るためには、自分ができることとできないこととをはっきりとステージにあげて、そのできることの精度を上げるように訓練することで、できない領域に展開を進めることができると考えなくてはならない。

 そしてできることの精度を高めるには、意識的にコントロールできることを徹底する以外にないということを知らなければならない。

 宇宙人は、自分を冷静に見つめることをしない。しかし自分を冷静に観察していると思い込んでいる。
 ここが大変大きな壁だ。
 自分は、良く自分の姿をいつでも見ていると思い込んでいる人は、自分のことを客観的に観察していないと思った方がいいと思うべきだ。

 宇宙人のままでは、洗練された技術とその技術をどの局面でどのタイミングで駆使するかを判断する見識を、身につけることはできない。



スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード