FC2ブログ

Arena Condition

AM 10:15 April 11, '10 (Monday)

 今日は、昨日とは一転して冷たい雨が降っています。

 馬場がまだ悪くなるほどにはなっていませんが、これからどうですか。

 明日は、良い天気でしかも気温がとても高くなるそうです。

 今週末は今のところあまり良い天気ではなさそうです。


「士は己を知るもののために死す」

 中国のことわざだ。士とは日本風に解釈すれば、侍ということになるが本来は志を持つ者という意味を持ち、もののふという言い方ができるのかもしれない。
 それは兎も角として志を持つ者は、そのポリシーを理解してくれる者のためなら命を惜しまないという意味がこのことわざにある。

 人間のメンタルを充足するものは、音楽や絵画などの芸術や希望や満足や安らぎなどがある。またフィジカルを充足するものは、食べ物や飲み物つまり衣食住だ。

 人間が生きていくために必要不可欠な要素は、メンタルを充足させる要素かそれともフィジカルを充足するための要素か、そのうちどちらが優先する要素なのだろうかという議論がことある毎にされる。

 現代の日本における一般的思想心情は、フィジカルを優先して考えるという傾向にあるといっていいだろう。

 子供が音楽や絵を描いていると、親が勉強をしろという。
 音楽や絵では生活してはいけないし、大学に行くにしても就職するにしても役に立たないという論理的台詞が、テレビドラマで良く用いられるシーンだ。

 また政治の世界でも、民主党が政権を取った国家行政でも人気者の知事などが誕生した地方行政府でも、無駄を省くということ叫ばれて、事業仕分けなどといったことが盛んに行われている。それをマスコミがもて囃している。  それがあたかも正義の旗印になっている。

 無駄を省いて効率を考えることが悪いわけではない。しかし何を無駄と判断するかということが議論される時、フィジカルを充足する要因を優先し、メンタルを充足する要因を無駄というように判断することに問題がある。

 戦後の復興の時代を振り返って見れば解ることで、人々は貧しくて食うや食わずの生活をしていた。だからこそ豊かな社会を作って食うのに困らないようにしたいと思って、国民一丸となって頑張った結果、今の食べることには困らない、むしろ食べ物を沢山無駄にしているような時代になった。
 食うや食わずの時代に娯楽がなかったといえば、そんなことはなくて色々な工夫を逞しくして、そんな時代でも人々は音楽や演劇などに興じていたし、何よりも豊かな時代への希望を持っていた。

 しかし現代はどうであろうか、食料も住居も戦後間もなくの時代と比べると遙かに不足はない。しかし自殺者は増えているし無気力なニートなどという人種が増えている。

 実は人間は、フィジカルを満足するものがあることによって生きていけるのではなくて、メンタルを満足させる要因がなくては生きていけないのではないだろうか。

 つまり「士は己を知るものために死す」なのである。ここのある「死す」を逆説的に生きるという風に解釈することができる。それは自分のポリシーの理解者のために命を投げ打って貢献するということだから、「投げ打つ」ということが生きるそのもののことだからだ。

 人間は、メンタルを充足する希望や夢や安らぎや満足がありさえすれば、生きてゆけるということなのである。
 芸人が売れない時代にどんな辛酸をなめても諦めず、最低の生活に甘んじて辛抱できたのは何故だろうか。
 物事を極めようと不眠不休の精進ができるのが何故だろうか。

 一方、食べ物に不自由なくても自殺したり、挫折して自殺したり、夢を諦めて無気力になったり、人に裏切られて病気になったりするのは何故だろうか。

 またスキューバダイビングでも、最も危険なことは精神がパニックになってしまうことだと聞いたことがある。勿論酸素が欠乏すると人は生きていけないが、メンタルに異常を来してしまうと酸素が十分あっても人は死ぬ。

 人間でなくてもいえることなのかも知れないが、何故人間にメンタルが備わっているのだろうかを考えてみると、それはフィジカルとコントロールするためだ考えることができる。
 そういう論理が正当だとすると、メンタルが満足できるかどうかがライフラインで最も優先されなければならないということになる。

 生きていくために最優先されなければならないことは、メンタルを充足させる要因が生活環境にあるかどうかということだ。

 メンタルを充足させる要因とは、フラストレーションもその一つの要因だと考えることができる。何故なら、フラストレーションはそれを解消しようというメンタルの作動を刺激する要因だからだ。

 我々日本人が戦後の復興期に味わった飢餓状態を、あまりに課題に不幸だと認識しすぎていることによって、次の世代にその飢餓を味あわせたくないという想いが、次の世代のフィジカルばかりを満足させようとしてしまったことが、今の時代を作ってしまって、それが現代の若者の不幸を作ってしまっているのだ。
 
 人間は、メンタルの充足を何よりも優先して、自分の生き方を考えなくてはならない。
我々は形成する社会においても、公は個人のメンタルが如何に充足するのかをという課題を絶えず持たなければならないし、個人は隣人のメンタルを最優先して配慮することを意識しなければならない。

 働くのは、メンタルを充足することに主たる目的があって、結果としてフィジカルを充足することを考えなくてはならない。フィジカルの充足のためにメンタルの充足を犠牲にすることは不幸の始まりで、メンタルの充足なくしてフィジカルの満足はあり得ないと考えなくてはならない。
スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード