FC2ブログ

Arena Condition

AM 10:00 February 17, '10 (Wednesday)

 今日はとても寒い朝です。


 馬場はぐちゃぐちゃですが、今日は雨は降らないようで、一日中曇りのようです。。

 そして明日は晴れるようです。

 「意識的行動と必然的行動の葛藤」

 目的を達成する過程における意識的作業と必然的作業について、「迷路の出口を見つけるシステム」というテーマで書いた。
 しかし大変重要なことが、抜けていることに気がついた。

 それは、意識的行動を必然的や自動的行動へと転化させようという意志があるかどうか、また転化させるために葛藤があるかどうかということだ。それが問題なのだ。
 何故ならこの葛藤がないのに、迷路の出口を見つけ出すために20%の作為的行動と80%必然的行動とによって、容易に出口を見つけ出すことができるということを、幾ら声を大にして言ったとしても、それがどんなに素晴らしいことなのかなんて分かるはずがない。

 人が目的を達成しようとしてなすべき行動は、最初のうちは経験や知識がないので、何が正しいかったり合理的だったりするのかは分からない。
 また、スポーツや体を動かす仕事などでは、無意識に体が動くようにならなければ、対応できない世界だから、最初のうちは意識的に体を動かしながら繰り返すうちに、無意識に体が自動的に反応するようになって一人前になる。

 このような過程において、意識的に体を動かし繰り返している段階で、無意識に体が動くようになるために、意識的行動と無意識的行動の狭間で、精神的葛藤があるかどうかが重要で、只そのうちにできるようになるだろうとだけ思っていると、それでもできるようにはなるかもしれないが時間がかかるし、その経験を他のことに応用できるようになら ないし、人に簡潔に伝授することができない。

 本当に重要なことは、いつまでも作為的行動に頼らずにできるようにならなかったり、創造的に新しい方法を考え出したり、自分にあった合理的方法を見いだすことができないのだ。

 色々なスィッチの押し方やカードの切り方があって、その都度多くのスィッチやカードを身につけることが、経験だったり上達だったりすると思っていて、訓練の過程で色々な方法を習っていながら、こんな方法をいちいち意識しないでも必然的に、手順や正しい方法をやってしまう法則があって、意識しなくても済むはずだという葛藤が必要だ。

 先日の記事を書いているとき、誰もが自分を訓練しているときに、意識的に体を動かしているさなかで、意識しないでも必然的に体が動くようになる法則があるはずだと、それを探したり葛藤したりもどかしい思いをしたりしているものだと、思い込んでいた。

 私は、体を動かすことも勉学でも、どこを意識しなければならないか、本質とは何かとか肝心なことはどこなのかとか意識しながら訓練しながら、もう一人の自分が、こんなこと意識しなくても、加減しなくても、工夫しなくても、できるようになるはずだし、できるようになる方法があるはずだと訴えてくる。
だから工夫したり意識したりする度に、こんなことをしなくてもできるはずだという葛藤が同時に起きる。

 この葛藤を誰もが持っていて、だからこそ作為的な作業が20%で、それは目的や結果を想定したり仮説を立てたりすること、このことだけは意識的にしなければ、必然的にできることではない。しかし、その目的や仮説を立てた結果をなすためにする作業は、色々な選択肢がある中で必然的に正しいとされることへと誘導されるシステムがある。そのことは、誰にとっても目的にトライする勇気や創造力を発揮する可能性を高め、結果的に目的を達成する可能性を飛躍的に大きく増大する。
 この過程においてやるべきことやその方向性が、ゴールへと必然的に続くということがどれほど良いことなのか、どれほど賢いことなのかと、誰もが欲しがっていると勘違いしていた。
 
 普段からこんな葛藤が心を悩ませながら、目的を達成しようとしていなければ、80%の必然性というものの評価は自ずと異なってしまう。

 私は、何事も作為的にとか意識的にとかということなく目的を達成したいと考え、そのために最小限で最大限の効果的行為とは何かと模索している。そして、その目的を達成するための方策は、自動的にそして必然的に合理的で最善の方法へと誘導されるシステムがあればと模索している。

 また、最小限の意識で、最大限の効果をと考えている。
 例えば、脇を締めることにだけを意識すれば、腕が真っ直ぐ伸びるし、真っ直ぐ伸びれば体重を掛けることができるし、体重を掛けることができれば、小手先で捏ねてしまうことがなくなり、標的を指先で感じることができて、目や意識で狙ったりする必要がなくなる。
 以上のように、色々なことを感覚的に感じ取れるようにと意識の置き所を、意識的に工夫する。その意識する一方で、こんな意識をすることなくできるようにならなければと、最小限の意識は?と探し出して、他のことは意識せずとも必然的に機能しないものかと絶えず探す。

 意識的行為から無意識行為へとの転化を模索する。
 フィジカル的運動もメンタル的運動も。
スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード