FC2ブログ

Arena Condition

AM 9:30 January 26, '10 (Tuesday)

 今朝は快晴ですが、強風の空っ風が吹いています。 何日か前にふと、冬には強風の乾燥した風が毎日吹いて困る日が続いたものだが、今年は吹かないなと思ったら、今日吹いたという感じです。

 このまま良い天気が続くと、馬場が乾燥してほこりっぽくなってしまいますが、木曜日には少し雨がやってくるようで、待ち望んでいる雨になりそうです。

「個と公」

 自然界の生命体は、各々の生命維持機能の作用でそれぞれの生命を維持している。そのなかで、個の生命体よりも種の生命体を優先する機能がDNAに組み込まれていて、繁殖行動において自己犠牲を見ることができる。
そしてまた、とっさのハプニングにおいて反射的に母親が子供の命を守るために、身を挺することにおいても自己犠牲を見ることができる。

 個が公のために貢献するということは、生命体のDNAに組み込まれた機能であるといえる。
 
 スポーツの世界でもフォーザティームという言葉があって、一人ひとりの選手がティームプレーに徹してこそ、ティームの勝利に繋がるということだ。
しかし選手一人ひとりは、如何に良いプレーをして自分が活躍するために訓練しているから、自分の活躍がティームの勝利よりも優先してしまうことが往々にしてあるものだ。これを律しているのがティームのポリシーであったり監督のリーダーシップであったりする。

 個が公や全体やティームより優先することが有り得ないというのが、至極当然なことなのである。
 それは、生命体の根源的機能を司るDNAにしっかりと組み込まれたシステムであり、スポーツにおけるティームプレーや家族や国家組織などの人為的行動においても見ることができるシステムだということができる。
 そしてそれらのシステムは、特に貧しかったり危機的状況であったりといった、生命を維持するために必要十分条件が欠けた状況にあるときは、個よりも全体や公やティームが優先する現象が顕著に見ることができる。
 しかしそれに反して、社会が充足した時間が長期に亘ると徐々に危機意識を失って、個が全体や公やティームを優先するような現象が現れ始まる。

 今の日本社会が正しくそうで、個が公を優先してしまう現象を頻繁に見ることができる。地域社会でも個人のエゴが地域公共を顧みなかったり、何処かの馬鹿たれ知事が地方主権とか宣ったり、沖縄県が国家防衛の犠牲になっているとかいったり(本当は貢献したといって県民の誇りと考えるべきこと。)、鳩山首相が局部地域の判断で(市長選挙の結果)日本全体の国家防衛戦略の方針を決断しようとしたり、これらの現象は全て個が公を優先してしまっている現象だということができる。

 リーダーは、絶えず個よりも公を優先する決断を迫られる立場であり、その認識なくしてリーダーの立場にあるべきではない。
 国民は個の集合体だから、絶えず公を優先する選択を決断するリーダーのことを好まないものだ。大衆迎合するリーダーは、個を優先して全体の大損失を誘発してしまうものなのだ。

 今の日本国民もマスコミも大馬鹿ものだから、個を公よりも優先することが耳障り良く聞こえて人気を呼ぶ。しかしこの結果、全体も公もティームも全て何もかも失うことになって、気がついたときは既に遅いという結末になる。

 太平を以て危機を憂慮し、危機に接して太平を思うは、これ大将の成すべき道。

 危機に接した時に太平を夢想するとは、個々に気を配り個々の士気を上げ、隊の勝利を獲得する。

 太平にあるときは、個々が安眠をむさぼり個の主張を繰り返して、公を軽く見ることを憂うる。
 ということである。

 公共の福祉とは、個人の価値観において個が公のために貢献することを、誇りとするという精神をいうのである。

 細胞は、身体全体の機能や生命の維持継続をするために新陳代謝する。新陳代謝は、細胞単体は死滅したり誕生したりを繰り返しているということだ。言い方を変えれば細胞単体は、身体全体のために犠牲になっているということだ。しかし犠牲というか貢献というかは、ものの解釈の仕方であり現象そのものを表現しているわけではないのだ。

 何どう社会が変革したとしても、個が公を優先した仕舞うことは、破滅への道を辿ることになることは間違いのないことだ。

 ものを考えたり検討したりするということは、ある組織の内部ですることではない。組織内部でいくら考えても検討したところで、答えが出るはずがないのだ。考えている検討しているというのは名ばかりで、迷って唯うろうろしているに過ぎないのだ。
何故なら関係者が一緒になって考えたり検討したりしなければ、コンセンサスが得られるはずがないからだ。つまり個の中でものを考えたり検討したりしたところで、公の答えが得られるということが有り得ないし、個が個自身の利を優先する自己主張をするということで公を形成することは不可能で、飽くまでも個は公全体のためにどうあるべきかという課題を以て、公を形成して初めて公が成り立つのである。
スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード