FC2ブログ

Arena Condition

AM 10:15 January 19, '10 (Tuesday)

今朝は、とても暖かく良く晴れましたが、やはり今朝も全面凍結しました。

 しかし、昨日からパワーハローを使って砕氷しています。今は万全です。

「悩む」

 悩むことは、人生にとってこの上ない非生産的なことで、これほど無駄なことはない。

 悩むことで、物事が解決することは有り得ない。何故なら悩むことで人は、考えるということを停止してしまっているからだ。
 どうしよう。どっちにしよう。止めようか。やろうか。買おうか買うまいか。進もうか止まろうか後戻りしようか。
 色々と人は、悩む。悩む事柄は、選択肢を決めかねている場合やどうしたらいいか分からなくなってしまっている場合だ。
 
 また、人が悩んでいることで、考えていることと勘違いをしているケースが多い。悩んでいるときは、立ち止まっているのと似ていて、何も考えてはいないのだ。

 例えば、選択肢を決めかねているときは、その選択肢に一長一短があって、どちらも捨てがたいときや、どちらも魅力がなく選択したくないときなどが考えられる。

 問題は、悩んでいる状態の時は、実は悩んでなんかいる暇がなく余裕のない時が多い。そんなとき悩んで、どうしようどうしようと立ち往生していては、益々問題を厄介なものにしてしまう。
 普天間基地移転の問題で、鳩山首相が八方美人を装うがために、リーダーシップを発揮できなくて決断をできないのと一緒だ。

 物事の選択肢に、元々100%を求めること自体がナンセンスで、最善とは次善だということを知らなければならない。

 さて、選択肢を前に立ち往生している場合、先ず悩むのではなくて、選択肢の利点と欠点と自分の指向等をリストアップする必要がある。そして、一番合理的なものを選択するか、一番好きなものを選択するかを決断する。

 何をどう考えて良いか解らなくなって悩んでいる場合は、やはりその解らないことを鮮明にすることだ。漠然と解らない、解らない、できない、できないとお題目を、お経のように唱えていても仕方がない。

 解らないことやできないことを鮮明にすることが、先ずしなければならないことだ。解らないことやできないことを明らかにしてしまえば、悩みはほぼ解決してしまう。
例えば解らないことが明らかになれば、解るようにすればいいことで、できないことが明らかになれば、できるように練習すればいいことだからだ。

解らないことを明らかにするということは、最初に解らないことはこれだと思っても、それで鮮明になったと思っては早計だ。解らないことの大元、つまりルーツまで遡る必要があり、解らない原点まで立ち返って初めて鮮明になったということだ。
できないことも同様で、最初にこれができないと思っても、それでできないことが明らかになったと思うのではなくて、それができないということは、その前に何かができないからで、更にその前にできていなければならないとが、できていなければならないのではというように、やはりできないことの大元へと遡って初めてできないことが明らかになったといえるのだ。

人は、多くの場合分岐点において悩む。
それは分岐点においてなす選択が、その後の成功か失敗かを左右すると思っているからだ。しかし実際はそうではなくて、そのどちらの選択肢の両方に成功と失敗はあって、選択した後にどのようなプロセスを形成したかによって、どのような行使をしたかによって成否を左右するのである。
誰しもが分岐点においてベストな選択をしたいと思うのは当然だが、自分が望む最善の結果を得たいと思うのであれば、選択した後に Do my best というように、プロセスにおいて最高の仕事ができるかどうかで考えなくてはならない。

分岐点において、考えなければならないことは、選択肢を分析すること以上に自分がその選択肢に好意を持っているかどうかなのだ。
好意を持っていれば、選択後のプロセスにおいて、モチベーションを維持できてベストを尽くせるのである。
スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード