FC2ブログ

Arena Condition

AM 10:40 January 6, '10(Wednesday)

 今朝は、4 5日ブリに馬場が凍結しました。とても風が冷たい朝です。

 明日からは、冬休みも終わりいよいよ子供達も正月気分におさらばです。

 1月2月は、ファンデーショントレーニングをしっかりと作り上げて、来るショーシーズンに備えなければならない季節です。
 幸いに、関東地区のこの季節は、好天気が続くのでもってこいです。

 ファンデーショントレーニングは、いうまでもなく基礎調教ということですが、色々な基本的ステップや反応をトレーニングするわけですが、私がとても大事にしていることは、馬に駄目出しをする場合のことです。

 例えば、インサイドステップさせるにつけてもアウトサイドステップさせるにつけても、必ず上手くいく場合とそうでない場合がある。その上手くいかないときにも二つの反応があって、ただミスをしているのと馬が慌てたり混乱したりしてしまうのとミスが重なる場合とがある。

 つまり単にミスを犯しているのと、ライダーに対するコンセントレーションを失ってミスしているときがあるということだ。

 単にミスしている場合は、繰り返し繰り返し正しいことを要求することによって、徐々に馬は学習する。しかし、コンセントレーションを失ってミスしているときは、ただ要求を繰り返しても、益々馬がナーバスになってしまうだけだ。
 
 この混乱した時を想定して、ある決まった運動を作っておくことで、馬がコンセントレーションを失ってしまっても、この運動を要求することで、コンセントレーションを取り戻すことができて、再びトレーニングへと戻ることができるのだ。

 特に新馬の場合は、馬がライダーに対してコンセントレーションしていることがとても大切で、そのことによって馬が混乱したりナーバスになったり、ライダーがバランスを崩したりしたときでも、直ぐにコンセントレーションを取り戻すことができて、馬もライダーも安全にトレーニングを続けることができる。

 その駄目出しの運動とは、小さく巻き乗りができるようにしておくことだ。

 インサイドレインを引いて、徐々に輪乗りの半径を小さくできること。

 インサイドレインを引いて、仕舞いにウォークまで持っていくことができ、馬の鼻先が馬自身の横腹へくっついて仕舞うまで、巻き乗りができるようにしておくことだ。

 この運動ができるようにしておくことで、馬が速く走ってしまったりバッキングしようとしてしまったりしても、インサイドレインを引いて巻き乗りできれば、馬は速く走ることもできなくなるしバッキングもできない。この運動で一番良いことは、馬がライダーに対して、絶えず気を遣うようになるという点だ。

 他の運動でも、このように馬のメンタルを教育できればいいことで、この運動に限ることはない。他の運動で効果のあると考えられるのは、バックアップ(後退)だが、新馬の場合や興奮してしまっている馬にこれをすると、立ち上がったり真後ろに引っ繰り返ってしまう危険性があるので、私は、新馬の場合や古馬でも乗り始めた時間帯で、バックアップをする事はなるべく避けている。

 ファンデーショントレーニングは、基礎運動とメンタルの基礎と基盤を構築するトレーニングだと考える必要があるということだ。


 
スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード