FC2ブログ

Arena Condition

AM 10:45 November 18, '09 (Wednesday)

 昨日は、大分降りました。 今は曇っていて、これから晴れるようなこといってましたが、どうも今日は曇ったままのようです。

 馬場は最悪です。

 「ターニング」

 ここまでができたら、次ぎにターニングへと移る。


 後々サドリングした後にライダーが馬をガイドすることに繋がる第一歩として、このターニングのトレーニングがあると考えている。

 馬は、このターニングによって、自分が予想していることや考えていることよりも、ライダーの指示命令を優先しなければならないことを植え付けられる。

 リーディングで受け入れられたものを、より深く反応することを求められるのが、ターニングだ。

 プレッシャーを受け入れてそのプレッシャーと同じ方向へと反応し、またそのプレッシャーがなくしても、絶えずハンドラーから来るだろうプレッシャーを予測して、反応しようとすることをリーディングで学んだが、このターニングでその予想を裏切られてもプレッシャーに応えることを学ぶのだ。

 ターニングは、先ず馬の左右どちらか側のショルダーからヘッドの間に立って、リードロープを立っている側と反対側のボディからヒップを回して持つ。そしてプレッシャーをかけるように引く、このとき馬は、ハンドラーが立っている側の目でハンドラーを見ており、プレッシャーはその反対側からプレッシャーを受ける。

 最初は、そのままプレッシャーをかけずに馬が混乱しそうに見えた瞬間に、馬のヒップサイドを回り込んで、反対側つまりプレッシャーと同じ方の目で自分を見せるようにヘルプし、プレッシャーをかけた方へ馬をターンさせる。
 これを何回か続けると、ハンドラーが立っている側の目でハンドラーを見ていようが、その反対側からプレッシャーを受けると、そのプレッシャーを受けた方へ馬はターンをして、ハンドラーに正対する。
 
 これがターニングだ。このターニングを、左右両方充分にライトプレッシャー(極小のプレッシャー)でも反応するようにする。

 このターニングを、サドリングの際にも充分に行ってから、マウントすることにしている。
スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード